ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
センシティブな作品
ラフタ・フランクランドとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

人物像

人物像

CV:日笠陽子


木星圏を拠点とする総合企業「テイワズ」の下部組織である「タービンズ」に所属する女性パイロット。漢字表記は「浪蓋 布蘭宮嵐人」。

イサリビを「(茹でたエビみたいで)美味しそう」と語ったり、マン・ロディを「丸くてカワイイ」と表現するなど独特の感性を持つ。


タービンズのリーダーである名瀬・タービン恋人の一人でもあり、彼の事を「だーりん」と呼んで慕っている。

幼い頃からタチの良くない男性オーナーが主催する違法輸送会社で働いていたが、名瀬とアミダ・アルカにより救われ、彼の営む組織「タービンズ」で働くようになったという経緯があり、引き取られた後に、読み書きや教養を教えてもらい現在の明るさを手に入れたようである。


快活な性格の女性で露出度の高い衣服に身を包み、出撃前にネイルの手入れをするなど普段は見掛け相応の素振りを見せるが、高機動戦闘を主眼に開発されたモビルスーツ百里」を主な乗機とし、これを自在に乗りこなすなど、パイロットとしての技量は高い。

鉄華団と事を構えた際はリアクターの不調等が重なったとは言え、三日月・オーガスの駆るガンダムバルバトスを得意の高機動戦闘で翻弄して見せたが、その際の駆け引きで互角の戦いに引き込んだ三日月に対して興味を抱くようになり、歳星への移動中はずっと昭弘・アルトランドを加えた三人でシミュレーション訓練に明け暮れた。

また、名瀬とオルガ・イツカの義兄弟の盃事の折には「媒酌人」を務めている。


その後、鉄華団の地球降下の際に百錬を改修した「漏影」に搭乗。

アジー・グルミンエーコ・タービンらと共にタービンズとして表立って支援する事が出来ない名瀬の代わり鉄華団を支援。鉄華団の最終目的地であるエドモントンに同行する。

そして、エドモントンでの戦闘ではコーリス・ステンジャの率いるモビルスーツ部隊に対してこれを抑える目的の元に迎え撃つ。

オルガがエドモントン市街へ突撃するタイミングを見計らって仲間達ノルバ・シノらと共に敵部隊を強襲し、打撃を与えるも、そこに現れたグレイズ・アインの前に撃破されるも、負傷こそすれど無事に生還を果たし、戦闘後にエドモントンを訪れた名瀬と熱い抱擁を交わした。


その後は戦闘指南役としてアジーらと共に鉄華団に派遣され、獅電に乗ることになる鉄華団のパイロット達を指導しつつ、一行が巻き込まれた「厄介事」にも手を貸すようになり、その中で昭弘に対して好意を抱くようになるも、名瀬との関係もあって苦悩を重ねることとなる。

その後、教導役の任を終えタービンズに帰還するが、直後に鉄華団を逆恨みするイオク・クジャンとタービンズをよく思っていなかったジャスレイ・ドノミコルスの共謀によって、タービンズは違法組織認定され、それを巡る戦闘によって名瀬やアミダ達と死別。

彼らの葬儀の後に昭弘に対する気持ちを整理し、あえて彼と別の道を進む事を決めるが、その直後に鉄華団を挑発するために放たれたジャスレイの息の掛かった刺客凶弾によって命を散らしてしまう。


彼女の死後、ジャスレイはタービンズの弔い合戦で鉄華団に討たれ、タービンズの面々を直接手にかけたイオクも最終回で昭弘に撃破された

そして、致命傷を負いながらも名瀬らタービンズの仇をとった昭弘は「いい土産話ができた」と満足してラフタの後を追うかのごとく息を引き取った


関連イラスト

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

関連項目

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

テイワズ タービンズ

百里 漏影 獅電 辟邪


名瀬・タービン アミダ・アルカ アジー・グルミン


鉄華団 三日月・オーガス 昭弘・アルトランド

人物像

人物像

CV:日笠陽子


木星圏を拠点とする総合企業「テイワズ」の下部組織である「タービンズ」に所属する女性パイロット。漢字表記は「浪蓋 布蘭宮嵐人」。

イサリビを「(茹でたエビみたいで)美味しそう」と語ったり、マン・ロディを「丸くてカワイイ」と表現するなど独特の感性を持つ。


タービンズのリーダーである名瀬・タービン恋人の一人でもあり、彼の事を「だーりん」と呼んで慕っている。

幼い頃からタチの良くない男性オーナーが主催する違法輸送会社で働いていたが、名瀬とアミダ・アルカにより救われ、彼の営む組織「タービンズ」で働くようになったという経緯があり、引き取られた後に、読み書きや教養を教えてもらい現在の明るさを手に入れたようである。


快活な性格の女性で露出度の高い衣服に身を包み、出撃前にネイルの手入れをするなど普段は見掛け相応の素振りを見せるが、高機動戦闘を主眼に開発されたモビルスーツ百里」を主な乗機とし、これを自在に乗りこなすなど、パイロットとしての技量は高い。

鉄華団と事を構えた際はリアクターの不調等が重なったとは言え、三日月・オーガスの駆るガンダムバルバトスを得意の高機動戦闘で翻弄して見せたが、その際の駆け引きで互角の戦いに引き込んだ三日月に対して興味を抱くようになり、歳星への移動中はずっと昭弘・アルトランドを加えた三人でシミュレーション訓練に明け暮れた。

また、名瀬とオルガ・イツカの義兄弟の盃事の折には「媒酌人」を務めている。


その後、鉄華団の地球降下の際に百錬を改修した「漏影」に搭乗。

アジー・グルミンエーコ・タービンらと共にタービンズとして表立って支援する事が出来ない名瀬の代わり鉄華団を支援。鉄華団の最終目的地であるエドモントンに同行する。

そして、エドモントンでの戦闘ではコーリス・ステンジャの率いるモビルスーツ部隊に対してこれを抑える目的の元に迎え撃つ。

オルガがエドモントン市街へ突撃するタイミングを見計らって仲間達ノルバ・シノらと共に敵部隊を強襲し、打撃を与えるも、そこに現れたグレイズ・アインの前に撃破されるも、負傷こそすれど無事に生還を果たし、戦闘後にエドモントンを訪れた名瀬と熱い抱擁を交わした。


その後は戦闘指南役としてアジーらと共に鉄華団に派遣され、獅電に乗ることになる鉄華団のパイロット達を指導しつつ、一行が巻き込まれた「厄介事」にも手を貸すようになり、その中で昭弘に対して好意を抱くようになるも、名瀬との関係もあって苦悩を重ねることとなる。

その後、教導役の任を終えタービンズに帰還するが、直後に鉄華団を逆恨みするイオク・クジャンとタービンズをよく思っていなかったジャスレイ・ドノミコルスの共謀によって、タービンズは違法組織認定され、それを巡る戦闘によって名瀬やアミダ達と死別。

彼らの葬儀の後に昭弘に対する気持ちを整理し、あえて彼と別の道を進む事を決めるが、その直後に鉄華団を挑発するために放たれたジャスレイの息の掛かった刺客凶弾によって命を散らしてしまう。


彼女の死後、ジャスレイはタービンズの弔い合戦で鉄華団に討たれ、タービンズの面々を直接手にかけたイオクも最終回で昭弘に撃破された

そして、致命傷を負いながらも名瀬らタービンズの仇をとった昭弘は「いい土産話ができた」と満足してラフタの後を追うかのごとく息を引き取った


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • Turbine's Mother

    Turbine's Mother Phase-4 『距離』

    タービンズ内における立ち話回です。アミダ姐さんが初めて登場します。後半まで喋りませんけどね。 名瀬との関係は大体本編通りです。ラフタとの関係は当然ですが異なってきます。そこら辺を次回に書く予定です。 戦闘が少ないのは仕様です。作者に戦闘シーンを書く技量がないという話です。次々回にモビルアーマー戦を書ければ思います。
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?【風呂上がり編】

    ただひたすら愛されてる昭弘を書きたかっただけの話(笑)
  • あの日の続きをいたしましょう

    ひっそりと、ラフタ推しだったんですよ……。無理です……悲しい。 というわけで、今更ですがラフタ生存の世界線を捏造しました。ご注意ください。昭弘にはフラグクラッシャーの本領発揮してもらうしかない。誤字脱字口調迷子はいつものことなので見逃してくださいすみません……。相も変わらず宇宙規模で心の広い方向けです。なんでも許せる方……お付き合いいただければ幸いです。
  • その心を

    ノルバ・シノの弔問。 大変遅まきながら41話を観まして、叫ぶほどに泣きました。 ただこの気持ちをどうにかしたい一心で書きましたので、小説とも言えませんが。 彼女の魂だけでなく、その心もどうかどうか、安らかに眠ってほしいです。
  • 一緒に飲みに行った話

    41話の後、ラフタちゃんも生きていて鉄華団も存続していたらな条件で、その後もちょくちょく二人で飲みに行ってたら、な話。 ツイッターで呟いたネタから。
  • 鉄血 昭ラフ

    いつまでそう思ってんの?

    鉄血のオルフェンズ、昭弘×ラフタの敬語の話 一期終了~二期前くらいの時間軸。ネタバレは多分ない 拙作『見てたんなら見てるって言え』(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6767456)の続き的な 確か昭弘って、ラフタちゃんに敬語を使っていたと思ったけれど、二期ではタメ口になってて、何があったのかを妄想したらこうなった 甘さはないが、ナチュラルにいちゃついてる感はあるかもしれない 40話のショックを紛らわせるには、昭ラフ妄想に耽るしかなかった
  • 鉄血 昭ラフ

    らしくもないことすんな

    鉄血のオルフェンズ、昭弘×ラフタのラブコメ話 拙作『見てたんなら見てるって言え』(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6767456)の続き。ラフタちゃんは、愛は知ってても恋は知らないってことを誰かが言っていて『なるほど』と思って書いてみた ラフタちゃんはリアクションが大きいから、凄く書きやすいvvv 昭弘は感情をあまり表に出さない分書きにくい…← 昭弘が振り回されているように見えて、実はラフタちゃんが振り回されている わりと糖分は…多分、ある
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?【バレンタイン編】

    バレンタインが終わりそうな頃になってから『は!昭ラフでバレンライン書かな!!』ってなりまして… なので遅刻です(笑)
  • 2人の関係

    9話前、歳星に着いてから盃を交わすまでの間くらいの時間軸で、ラフタちゃんと三日月さんがただ喋ってるだけのお話。 わからないところは雰囲気と捏造なので、細かいことは気にしないでいただけると助かります。 8話まではミカオルどうなるのかほんっと不安だったのに、なんにも心配することないということに気付かされる9話でした。公式ほんとすごい。 あ、色々考えて心配しなくてもこいつら大丈夫だって思いをラフタちゃんに代弁してもらいました。 1話であんなにかっこよかったオルガが、9話時点であんなに可愛くなろうとは誰が予想しただろうか… 次はもっと色っぽい話が書きたいです。
  • おなじいろ

    ボーナスの使い道。昭ラフ未満の何か。 ※ブックマーク、コメント、ありがとうございます。
  • Turbine's Mother

    Turbine's Mother Phase-6 『浮気』

    直截なサブタイトルです。原作でもラフタは割とな感じでしたからね。その辺りを引き伸ばしているのが、今作のラフタという感じでもあります。 残念ながら今回は、戦闘シーンというか訓練シーンが僅かだけになってしまいました。一応状況は進んでいますので、次回には対モビルアーマー戦までいきたいと思います。 色々とすっきりした状態で挑むことが出来るヒロインですので、デカ物相手にも善戦出来ると思います。まぁ止めを刺すのは本編の主人公になる予定ですけd(ry
  • 鉄血のオルフェンズ(二期)

    家族になろうよ

    ぴくもふからの再録。 鉄血のオルフェンズ、昭ラフとアストン、デルマのお話です。 なぜ二人がアルトランド姓を名乗っているのか気になっていて、勝手に妄想補完してしまいました。 火星にラフタがいた時、昭ラフまだまだいけるんじゃない!?と狂喜乱舞して作成したお話です。
  • 剥がしたマニキュア

    16話あと。ギャラルホルンとの戦闘まで、数日時間がある設定です。 タービンズの方々が好きで、どうしてもラフタとアジーを出したいと足掻いた結果、こうなりました。ラフタとアジーは昭弘にだけではなく、誰に対しても多分面倒見がいいと思います。なので、今回はフミタンを失ったクーデリアを慰める役を引き受けてもらいました。ミカクー派としては三日月に慰めてもらいたいのですが、それは追々にしておいて、今回はマニキュアにイラッとする三日月さんにしてみました。 あと、昭ラフ・昭アジも好きなので、絡んでいただきました。最後の方で、三日月がマニキュアを剥がすもうひとつの理由は俺がクーデリアを守るなんですが、三日月本人は気が付いていません。とにかく言いたいことは一つだけ。ミカクー好きだ~♪
    12,833文字pixiv小説作品
  • あの日言えなかったこと

    オルフェンズでは初投稿です…! 昭ラフ、全てが終わったあとのお話。 昭ラフ幸せになって欲しかった… 随分捏造が多いので、何でもいいよという方向けです。 いつものごとく語彙力も表現力も心情描写もへったくれもありませんのでご注意ください。
  • 鉄血短文

    ラフタ追悼短文

    ツイッターに置いていた、41話後に書かずにはおれなかった短文です。 数年後妄想。口調の変化等、ご了承ください。 昭ラフではないつもりですが、読んでくださる方次第だと思います。 アトラ、クーデリアの本編程度の恋愛描写が欠片だけあります。 ついでに雪メリ結婚済み。 この短文には色々な方から過分なご感想をいただけたような気がします。 こんなところでなんですが、全ての方に感謝を。ありがとうございます。 そしてラフタに安らぎを、昭弘に幸多かれと願います。
  • ねこシミュレーター

    気になるあの子の可愛いところ♪ 昭弘は可愛い担当でしょ? てかまじこのタイトル異彩を放ってていいよね! えっと、ここってなに書くとこだっけ……  【追記】おぉ、高評価ありがとうございます!!! やっぱみんな昭弘たん大好きですよね!
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?

    初のオルフェンズ話 ラフタから見た昭弘 昭弘とラフタのコンビが好き過ぎて書いてしまいました(笑) この二人ならカプでもイケます 追記(2016 02 08) タグありがとうございます\(^o^)/ 公式でフラグ立ったっぽいけど姉弟もやっぱいいですよね♪
  • 【鉄血】二次

    【鉄血:昭弘とラフタ】神様の許容範囲ぎりぎりまで

    24話で絶望してた自分はいったいなんだったんですか神様。 ラフタちゃん軽傷だったから恥ずかしすぎる。十年後妄想消すしかないじゃないですか! でも生きててよかった! うすい姉弟系昭ラフ。オルガとメリビットの信頼について。 LOVEなふたりがいいのかあっさりがいいのか。
  • 失って気づくもの

    今日のオルフェンズを見て出てきたもの。 殴り書きに近いので、誤字脱字が あるかもです。 オルフェンズはスパロボに参戦してくれ頼むから!!
  • 【41話ネタバレ注意☆】連理の枝に花が咲き、果実が実る

    ☆注意事項☆ 41話ネタバレです! まだご覧になっていない方はご注意を! ドリーム小説です。 このお話には登場人物全員のキャラ崩壊と見込まれる設定が含まれています。 それでもいいよ!という方のみ楽しんでくださいまし(*´▽`*) なんでしょうかね。 もうね、私最終回まで生き残れない気がしてきた…。 こんな年寄りの豆腐メンタルを破壊してどうするの~( ;∀;) 若くないから立ち直れないんだぞ…! これ以上の事ってない気がするんだけど、甘いのかな。 表紙お借りしました/小説表紙/ivy | ソラ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60939153

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ラフタ・フランクランド
80
ラフタ・フランクランド
80
センシティブな作品
ラフタ・フランクランドとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

人物像

人物像

CV:日笠陽子


木星圏を拠点とする総合企業「テイワズ」の下部組織である「タービンズ」に所属する女性パイロット。漢字表記は「浪蓋 布蘭宮嵐人」。

イサリビを「(茹でたエビみたいで)美味しそう」と語ったり、マン・ロディを「丸くてカワイイ」と表現するなど独特の感性を持つ。


タービンズのリーダーである名瀬・タービン恋人の一人でもあり、彼の事を「だーりん」と呼んで慕っている。

幼い頃からタチの良くない男性オーナーが主催する違法輸送会社で働いていたが、名瀬とアミダ・アルカにより救われ、彼の営む組織「タービンズ」で働くようになったという経緯があり、引き取られた後に、読み書きや教養を教えてもらい現在の明るさを手に入れたようである。


快活な性格の女性で露出度の高い衣服に身を包み、出撃前にネイルの手入れをするなど普段は見掛け相応の素振りを見せるが、高機動戦闘を主眼に開発されたモビルスーツ百里」を主な乗機とし、これを自在に乗りこなすなど、パイロットとしての技量は高い。

鉄華団と事を構えた際はリアクターの不調等が重なったとは言え、三日月・オーガスの駆るガンダムバルバトスを得意の高機動戦闘で翻弄して見せたが、その際の駆け引きで互角の戦いに引き込んだ三日月に対して興味を抱くようになり、歳星への移動中はずっと昭弘・アルトランドを加えた三人でシミュレーション訓練に明け暮れた。

また、名瀬とオルガ・イツカの義兄弟の盃事の折には「媒酌人」を務めている。


その後、鉄華団の地球降下の際に百錬を改修した「漏影」に搭乗。

アジー・グルミンエーコ・タービンらと共にタービンズとして表立って支援する事が出来ない名瀬の代わり鉄華団を支援。鉄華団の最終目的地であるエドモントンに同行する。

そして、エドモントンでの戦闘ではコーリス・ステンジャの率いるモビルスーツ部隊に対してこれを抑える目的の元に迎え撃つ。

オルガがエドモントン市街へ突撃するタイミングを見計らって仲間達ノルバ・シノらと共に敵部隊を強襲し、打撃を与えるも、そこに現れたグレイズ・アインの前に撃破されるも、負傷こそすれど無事に生還を果たし、戦闘後にエドモントンを訪れた名瀬と熱い抱擁を交わした。


その後は戦闘指南役としてアジーらと共に鉄華団に派遣され、獅電に乗ることになる鉄華団のパイロット達を指導しつつ、一行が巻き込まれた「厄介事」にも手を貸すようになり、その中で昭弘に対して好意を抱くようになるも、名瀬との関係もあって苦悩を重ねることとなる。

その後、教導役の任を終えタービンズに帰還するが、直後に鉄華団を逆恨みするイオク・クジャンとタービンズをよく思っていなかったジャスレイ・ドノミコルスの共謀によって、タービンズは違法組織認定され、それを巡る戦闘によって名瀬やアミダ達と死別。

彼らの葬儀の後に昭弘に対する気持ちを整理し、あえて彼と別の道を進む事を決めるが、その直後に鉄華団を挑発するために放たれたジャスレイの息の掛かった刺客凶弾によって命を散らしてしまう。


彼女の死後、ジャスレイはタービンズの弔い合戦で鉄華団に討たれ、タービンズの面々を直接手にかけたイオクも最終回で昭弘に撃破された

そして、致命傷を負いながらも名瀬らタービンズの仇をとった昭弘は「いい土産話ができた」と満足してラフタの後を追うかのごとく息を引き取った


関連イラスト

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

関連項目

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

テイワズ タービンズ

百里 漏影 獅電 辟邪


名瀬・タービン アミダ・アルカ アジー・グルミン


鉄華団 三日月・オーガス 昭弘・アルトランド

人物像

人物像

CV:日笠陽子


木星圏を拠点とする総合企業「テイワズ」の下部組織である「タービンズ」に所属する女性パイロット。漢字表記は「浪蓋 布蘭宮嵐人」。

イサリビを「(茹でたエビみたいで)美味しそう」と語ったり、マン・ロディを「丸くてカワイイ」と表現するなど独特の感性を持つ。


タービンズのリーダーである名瀬・タービン恋人の一人でもあり、彼の事を「だーりん」と呼んで慕っている。

幼い頃からタチの良くない男性オーナーが主催する違法輸送会社で働いていたが、名瀬とアミダ・アルカにより救われ、彼の営む組織「タービンズ」で働くようになったという経緯があり、引き取られた後に、読み書きや教養を教えてもらい現在の明るさを手に入れたようである。


快活な性格の女性で露出度の高い衣服に身を包み、出撃前にネイルの手入れをするなど普段は見掛け相応の素振りを見せるが、高機動戦闘を主眼に開発されたモビルスーツ百里」を主な乗機とし、これを自在に乗りこなすなど、パイロットとしての技量は高い。

鉄華団と事を構えた際はリアクターの不調等が重なったとは言え、三日月・オーガスの駆るガンダムバルバトスを得意の高機動戦闘で翻弄して見せたが、その際の駆け引きで互角の戦いに引き込んだ三日月に対して興味を抱くようになり、歳星への移動中はずっと昭弘・アルトランドを加えた三人でシミュレーション訓練に明け暮れた。

また、名瀬とオルガ・イツカの義兄弟の盃事の折には「媒酌人」を務めている。


その後、鉄華団の地球降下の際に百錬を改修した「漏影」に搭乗。

アジー・グルミンエーコ・タービンらと共にタービンズとして表立って支援する事が出来ない名瀬の代わり鉄華団を支援。鉄華団の最終目的地であるエドモントンに同行する。

そして、エドモントンでの戦闘ではコーリス・ステンジャの率いるモビルスーツ部隊に対してこれを抑える目的の元に迎え撃つ。

オルガがエドモントン市街へ突撃するタイミングを見計らって仲間達ノルバ・シノらと共に敵部隊を強襲し、打撃を与えるも、そこに現れたグレイズ・アインの前に撃破されるも、負傷こそすれど無事に生還を果たし、戦闘後にエドモントンを訪れた名瀬と熱い抱擁を交わした。


その後は戦闘指南役としてアジーらと共に鉄華団に派遣され、獅電に乗ることになる鉄華団のパイロット達を指導しつつ、一行が巻き込まれた「厄介事」にも手を貸すようになり、その中で昭弘に対して好意を抱くようになるも、名瀬との関係もあって苦悩を重ねることとなる。

その後、教導役の任を終えタービンズに帰還するが、直後に鉄華団を逆恨みするイオク・クジャンとタービンズをよく思っていなかったジャスレイ・ドノミコルスの共謀によって、タービンズは違法組織認定され、それを巡る戦闘によって名瀬やアミダ達と死別。

彼らの葬儀の後に昭弘に対する気持ちを整理し、あえて彼と別の道を進む事を決めるが、その直後に鉄華団を挑発するために放たれたジャスレイの息の掛かった刺客凶弾によって命を散らしてしまう。


彼女の死後、ジャスレイはタービンズの弔い合戦で鉄華団に討たれ、タービンズの面々を直接手にかけたイオクも最終回で昭弘に撃破された

そして、致命傷を負いながらも名瀬らタービンズの仇をとった昭弘は「いい土産話ができた」と満足してラフタの後を追うかのごとく息を引き取った


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • Turbine's Mother

    Turbine's Mother Phase-4 『距離』

    タービンズ内における立ち話回です。アミダ姐さんが初めて登場します。後半まで喋りませんけどね。 名瀬との関係は大体本編通りです。ラフタとの関係は当然ですが異なってきます。そこら辺を次回に書く予定です。 戦闘が少ないのは仕様です。作者に戦闘シーンを書く技量がないという話です。次々回にモビルアーマー戦を書ければ思います。
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?【風呂上がり編】

    ただひたすら愛されてる昭弘を書きたかっただけの話(笑)
  • あの日の続きをいたしましょう

    ひっそりと、ラフタ推しだったんですよ……。無理です……悲しい。 というわけで、今更ですがラフタ生存の世界線を捏造しました。ご注意ください。昭弘にはフラグクラッシャーの本領発揮してもらうしかない。誤字脱字口調迷子はいつものことなので見逃してくださいすみません……。相も変わらず宇宙規模で心の広い方向けです。なんでも許せる方……お付き合いいただければ幸いです。
  • その心を

    ノルバ・シノの弔問。 大変遅まきながら41話を観まして、叫ぶほどに泣きました。 ただこの気持ちをどうにかしたい一心で書きましたので、小説とも言えませんが。 彼女の魂だけでなく、その心もどうかどうか、安らかに眠ってほしいです。
  • 一緒に飲みに行った話

    41話の後、ラフタちゃんも生きていて鉄華団も存続していたらな条件で、その後もちょくちょく二人で飲みに行ってたら、な話。 ツイッターで呟いたネタから。
  • 鉄血 昭ラフ

    いつまでそう思ってんの?

    鉄血のオルフェンズ、昭弘×ラフタの敬語の話 一期終了~二期前くらいの時間軸。ネタバレは多分ない 拙作『見てたんなら見てるって言え』(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6767456)の続き的な 確か昭弘って、ラフタちゃんに敬語を使っていたと思ったけれど、二期ではタメ口になってて、何があったのかを妄想したらこうなった 甘さはないが、ナチュラルにいちゃついてる感はあるかもしれない 40話のショックを紛らわせるには、昭ラフ妄想に耽るしかなかった
  • 鉄血 昭ラフ

    らしくもないことすんな

    鉄血のオルフェンズ、昭弘×ラフタのラブコメ話 拙作『見てたんなら見てるって言え』(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6767456)の続き。ラフタちゃんは、愛は知ってても恋は知らないってことを誰かが言っていて『なるほど』と思って書いてみた ラフタちゃんはリアクションが大きいから、凄く書きやすいvvv 昭弘は感情をあまり表に出さない分書きにくい…← 昭弘が振り回されているように見えて、実はラフタちゃんが振り回されている わりと糖分は…多分、ある
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?【バレンタイン編】

    バレンタインが終わりそうな頃になってから『は!昭ラフでバレンライン書かな!!』ってなりまして… なので遅刻です(笑)
  • 2人の関係

    9話前、歳星に着いてから盃を交わすまでの間くらいの時間軸で、ラフタちゃんと三日月さんがただ喋ってるだけのお話。 わからないところは雰囲気と捏造なので、細かいことは気にしないでいただけると助かります。 8話まではミカオルどうなるのかほんっと不安だったのに、なんにも心配することないということに気付かされる9話でした。公式ほんとすごい。 あ、色々考えて心配しなくてもこいつら大丈夫だって思いをラフタちゃんに代弁してもらいました。 1話であんなにかっこよかったオルガが、9話時点であんなに可愛くなろうとは誰が予想しただろうか… 次はもっと色っぽい話が書きたいです。
  • おなじいろ

    ボーナスの使い道。昭ラフ未満の何か。 ※ブックマーク、コメント、ありがとうございます。
  • Turbine's Mother

    Turbine's Mother Phase-6 『浮気』

    直截なサブタイトルです。原作でもラフタは割とな感じでしたからね。その辺りを引き伸ばしているのが、今作のラフタという感じでもあります。 残念ながら今回は、戦闘シーンというか訓練シーンが僅かだけになってしまいました。一応状況は進んでいますので、次回には対モビルアーマー戦までいきたいと思います。 色々とすっきりした状態で挑むことが出来るヒロインですので、デカ物相手にも善戦出来ると思います。まぁ止めを刺すのは本編の主人公になる予定ですけd(ry
  • 鉄血のオルフェンズ(二期)

    家族になろうよ

    ぴくもふからの再録。 鉄血のオルフェンズ、昭ラフとアストン、デルマのお話です。 なぜ二人がアルトランド姓を名乗っているのか気になっていて、勝手に妄想補完してしまいました。 火星にラフタがいた時、昭ラフまだまだいけるんじゃない!?と狂喜乱舞して作成したお話です。
  • 剥がしたマニキュア

    16話あと。ギャラルホルンとの戦闘まで、数日時間がある設定です。 タービンズの方々が好きで、どうしてもラフタとアジーを出したいと足掻いた結果、こうなりました。ラフタとアジーは昭弘にだけではなく、誰に対しても多分面倒見がいいと思います。なので、今回はフミタンを失ったクーデリアを慰める役を引き受けてもらいました。ミカクー派としては三日月に慰めてもらいたいのですが、それは追々にしておいて、今回はマニキュアにイラッとする三日月さんにしてみました。 あと、昭ラフ・昭アジも好きなので、絡んでいただきました。最後の方で、三日月がマニキュアを剥がすもうひとつの理由は俺がクーデリアを守るなんですが、三日月本人は気が付いていません。とにかく言いたいことは一つだけ。ミカクー好きだ~♪
    12,833文字pixiv小説作品
  • あの日言えなかったこと

    オルフェンズでは初投稿です…! 昭ラフ、全てが終わったあとのお話。 昭ラフ幸せになって欲しかった… 随分捏造が多いので、何でもいいよという方向けです。 いつものごとく語彙力も表現力も心情描写もへったくれもありませんのでご注意ください。
  • 鉄血短文

    ラフタ追悼短文

    ツイッターに置いていた、41話後に書かずにはおれなかった短文です。 数年後妄想。口調の変化等、ご了承ください。 昭ラフではないつもりですが、読んでくださる方次第だと思います。 アトラ、クーデリアの本編程度の恋愛描写が欠片だけあります。 ついでに雪メリ結婚済み。 この短文には色々な方から過分なご感想をいただけたような気がします。 こんなところでなんですが、全ての方に感謝を。ありがとうございます。 そしてラフタに安らぎを、昭弘に幸多かれと願います。
  • ねこシミュレーター

    気になるあの子の可愛いところ♪ 昭弘は可愛い担当でしょ? てかまじこのタイトル異彩を放ってていいよね! えっと、ここってなに書くとこだっけ……  【追記】おぉ、高評価ありがとうございます!!! やっぱみんな昭弘たん大好きですよね!
  • 昭ラフ姉弟シリーズ

    姉弟愛?

    初のオルフェンズ話 ラフタから見た昭弘 昭弘とラフタのコンビが好き過ぎて書いてしまいました(笑) この二人ならカプでもイケます 追記(2016 02 08) タグありがとうございます\(^o^)/ 公式でフラグ立ったっぽいけど姉弟もやっぱいいですよね♪
  • 【鉄血】二次

    【鉄血:昭弘とラフタ】神様の許容範囲ぎりぎりまで

    24話で絶望してた自分はいったいなんだったんですか神様。 ラフタちゃん軽傷だったから恥ずかしすぎる。十年後妄想消すしかないじゃないですか! でも生きててよかった! うすい姉弟系昭ラフ。オルガとメリビットの信頼について。 LOVEなふたりがいいのかあっさりがいいのか。
  • 失って気づくもの

    今日のオルフェンズを見て出てきたもの。 殴り書きに近いので、誤字脱字が あるかもです。 オルフェンズはスパロボに参戦してくれ頼むから!!
  • 【41話ネタバレ注意☆】連理の枝に花が咲き、果実が実る

    ☆注意事項☆ 41話ネタバレです! まだご覧になっていない方はご注意を! ドリーム小説です。 このお話には登場人物全員のキャラ崩壊と見込まれる設定が含まれています。 それでもいいよ!という方のみ楽しんでくださいまし(*´▽`*) なんでしょうかね。 もうね、私最終回まで生き残れない気がしてきた…。 こんな年寄りの豆腐メンタルを破壊してどうするの~( ;∀;) 若くないから立ち直れないんだぞ…! これ以上の事ってない気がするんだけど、甘いのかな。 表紙お借りしました/小説表紙/ivy | ソラ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60939153

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    ホストと社畜

    河尻みつる

    読む
  2. 2

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む

pixivision

カテゴリー