ピクシブ百科事典

レオナルド・バナロッティ・エデューソン

れおなるどばなろってぃえでゅーそん

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

マンハッタンに住むメカ工学者。若干28歳で博士号を取得している天才である。興味のある事にはとことん食い付いていく学者肌の人物。T260Gの内部構造を「手が5・6本無いとできないような仕事がしてある」と評す(実際その通り(T260Gを修理したのはタコおじさん)なのが凄い)。常人離れした頭脳の持ち主だが、気さくな人柄であり、過去に彼の世話になったpzkwVからは先生と呼び慕われる。普段の昼時はハンバーガーショップに通ったりしている。
トリニティの関係者である為、反体制派のテロの標的になっており、いざと言う時に備えて自分の人格マトリックスを移植したメカを用意しており、自分自身が死亡した時の代わりとして使用する。影武者の逆をやろうとは考えたものである。しかし、実際にそれが必要になった時にも平然としているなど、ややマッド気味な部分も持ち合わせている。
このような立場の人物であるため、全主人公でその姿を見られるにもかかわらず、T260G編以外で素性を明かすことは基本的に無い。ただし、それ以外で素性を明かした相手がただ1人いる。

その1人とは···なんと、リュートだった。

作中での性能

見た目こそ違うが特殊工作車と同じタイプ6であり、「修理装置」で味方のメカを回復できる貴重な存在。
また、固定装備でビームソードによる近接戦闘を得意としており、「多段切り」を入手できれば攻め手としても有用になる。
ただしビームソードの攻撃力は30と終盤戦の強敵メカをなぎ倒すにはいささか火力不足なので、ゆくゆくは「流星刀」や「草薙の剣」などを持たせて攻撃力を強化したい。

関連タグ

サガフロンティア T260G pzkwV

関連記事

親記事

サガフロンティア さがふろんてぃあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナルド・バナロッティ・エデューソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16138

コメント