ピクシブ百科事典

レオン・ベルモンド

れおんべるもんど

レオン・ベルモンドとは、コナミのゲームシリーズ『悪魔城ドラキュラ』シリーズのキャラクター。
目次[非表示]

悪魔城ドラキュラ』シリーズのPS2ゲームキャッスルヴァニア(Castlevania: Lament of Innocence)』の主人公
CV:神奈延年

概要

教会の命を受けて平和を守るために戦う、常勝無敗の騎士団に所属する騎士。階級は男爵
騎士団の中でも最強の実力を誇る人物である。1088年に入団して以来、数多くの戦場で武勲を勝ち取ってきており、教会や騎士団でも一目置かれている存在である。
高い教養と戦術眼を持つ騎士マティアス・クロンクビストとは互いに認め合う仲であり、多くの戦場を共に潜り抜けてきた。

ゲームでの活躍

凱旋中にマティアスの妻が病死してしまい、悲嘆にくれたマティアスも寝込んでしまう。そんな中、レオンが治めていた領地に魔物の群れが出現するようになる。討伐に赴こうとしたレオンだったが、教会はなかなか許可を下ろさなかった。そこへ突如マティアスが現れ、この一件が吸血鬼ヴァルター・ベルンハルトの仕業であり、ヴァルターがレオンの思い人・サラを誘拐した事を知らせる。レオンは助けに行くことを決意し、騎士の地位も名誉も全て捨ててヴォルターの悪魔城へと戦いに赴く。その途中で錬金術士のリナルド・ガンドルフィーから錬金術で作られたお手製のを渡された。

城内に潜む魔物を次々と蹴散らしていき、ついにサラを見つけるが既に手遅れだった。レオンはサラの自分と同じ運命の人間を増やさないでほしいという願いを聞き入れ、サラの魂を鞭に宿し力とした。吸血鬼殺しの鞭・ヴァンパイアキラーの誕生である。

悲しみを乗り越えヴァルターとの決戦にも勝利するが、突如デス様が乱入しヴァルターに止めを刺した。全てはマティアスが神に復讐するための力を得るための計画だったのである。人間を辞めたマティアスから同じような境遇として仲間に誘われるが、レオンはサラとの約束を果たすべく拒否。戦闘の末にマティアスを撃退するが倒すには至らなかった。

マティアスは神への恨みを抱いたまま逃走。レオンはヴァンパイアキラーを子孫に受け継いでいき、強い子孫を育てマティアスを倒すことを誓った。
マティアスは後にドラキュラと名乗り、ベルモンド家はヴァンパイアハンターとして世代を超えてドラキュラと戦っていくことになる。

関連イラスト

レオン
レオン・ベルモンド



関連タグ

悪魔城ドラキュラ ドラキュラ キャッスルヴァニア

関連記事

親記事

キャッスルヴァニア きゃっするゔぁにあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レオン・ベルモンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222941

コメント