ピクシブ百科事典

乙嫁語り

おとよめがたり

森薫の時代漫画。
目次[非表示]

概要

森薫時代漫画エンターブレイン刊コミックハルタ(旧Fellows!)にて連載。
2014年1月現在の単行本は第7巻まで出版されている。
「乙嫁」とは「若い嫁」「美しい嫁」「可愛い嫁」などの意味を持つ古語。

19世紀後半の中央アジアカスピ海周辺の草原地帯を舞台に、少年・カルルクと年上の娘・アミルの二人と家族達の平穏な生活や様々な騒動を描いた物語。第2巻以降はスミスが旅に出て、様々な乙嫁とも出会う物語も登場する。

シルクロード遊牧民と定住民の風俗文化が細かく描写されている。
同作者の漫画『エマ』と『シャーリー』のヴィクトリア朝とはほぼ同時代と思われる。
また、南下政策でアジアに勢力拡大を図るロシア帝国が時代背景に登場する。

主要登場人物

アミル・ハルガルアミル
カルルクに嫁いだ20歳の娘。姉さん女房で弓矢を得意とする。やや天然で心配性な性格があり、遊牧生活と定住生活でのカルチャーギャップが出てくる。当時の20代は行き遅れだが、カルルクとの夫婦仲は良好。
カルルク・エイホンカルルク
アミルの夫となった12歳の少年。思いやりがあり穏やかな性格で、アミルより年下で若いことから困惑や苦悩もあるが、彼女を守ろうとする男気も見せる。
ヘンリー・スミススミス
エイホン家に居候していた若いイギリス人学者で、中央アジアや中近東の文化や風俗を見聞している。お人好しで気の弱いところがある。第2巻以降は友人のいるアンカラに向けて案内人のアリとともに旅をしており、タラスやライラとレイリなど様々な女性と出会う。
アゼル・ハルガルアゼル
アミルの兄。族長の息子で、寡黙で生真面目な性格。アミルの連れ戻しに関わるが、一族の今後とアミルのための狭間で悩みながら模索し奔走している。
パリヤ
エイホン家のご近所の娘。アミルの初めての友人でパン作りが上手。気丈で物事をはっきり言う性格なため結婚相手が決まらず、その一方年頃の男に人見知りしてしまい、アミルが話す夫婦話に悶々としてしまう。
タラス
スミスがカラザの街で出会った美女。5人の夫に先立たれた未亡人で、カラザの郊外で老いた姑と暮らしている。幸薄い事情なため元気があまり無い。
ライラレイリ
アラル海の漁村・ムナク村でスミスが出会った双子姉妹。見た目も言動も性格もそっくりなお転婆娘で、素潜りが得意だが、いたずら好きなため父親は手を焼かしている。いつも楽な暮らしや理想の夫を願っていたが、幼馴染の兄弟のサマーンファルサーミ(サームとサーミ)と結婚することになる。
アニス
ペルシャの富豪の妻で一児を儲けている。何不自由生活を送っていたが、日常に物足りなさを感じ、乳母の勧めで姉妹妻を探しに風呂屋に行き、シーリーンと出会って交流を重ね、姉妹妻となる。優しく芯が強く、貧乳の華奢なスレンダー美人
シーリーン
アニスが風呂屋で出会った女性。落ち着きがあり、巨乳豊満な体つき。アニスに好かれて交流を重ね、姉妹妻となる。貧しい家だったが、姉妹妻の儀式の最中に夫を事故で亡くし、アニスの勧めでアニスの家の第二夫人となり、息子と義父母とともに迎えられた。

関連イラスト

乙嫁語り
アミルとカルルク


乙嫁語りいろいろ
乙嫁語りいろいろ2



関連タグ
中央アジア 民族衣装 シルクロード オリエンタルオリエント) 騎馬民族 遊牧民

外部リンク


関連動画

『乙嫁語り』の現場


『乙嫁語り』PV

pixivに投稿された作品 pixivで「乙嫁語り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1364862

コメント