ピクシブ百科事典

京成1600形

けいせいせんろっぴゃくがた

京成電鉄が保有していた電車。特急「開運号」専用車両として1953年に登場。
目次[非表示]

概要

京成電鉄の特急「開運号」専用車両として1953年に2両編成1本が新製され、利用者増加のため1958年に中間車1両が増備新製されて3両編成化された(この中間車は売店が設けられている)。製造時期はカルダン駆動車への過渡期であったが、本形式はツリカケ駆動方式を採用している。また、車体デザインは日本国有鉄道80系を意識して先頭車の前面は「湘南顔」となった。
デザインやカラーリングが東武5700系のAタイプに似ているがノーシル・ノーヘッダーにして窓まわりをすっきりさせるなどより洗練されたデザインになっている。

製造時からトイレを装備している。ドアは1両の片側に1箇所として座席数を増加させているが、京成電鉄の伝統だった左右で非対称の配置になっている。
座席は日本私鉄史上初めてリクライニングシートを採用。また、京阪電気鉄道の「テレビカー」よりも先に、日本の鉄道史上初のテレビ(白黒)を搭載し、テレビ電車として大々的に宣伝された。
ただし当初はテレビ局の放送時間帯が短いため、運転中に放送されず見られないこともあった。

1967年に特急「開運号」としての運用を終了し、通勤車への格下げ改造が行われた。3ドアロングシートの新製車体に載せ替えられた。

  • 先頭車モハ1601は中間車モハ1602へ、先頭車クハ1602は中間車クハ1601へそれぞれ改造され、700形704編成の中間車として活躍。この2両はアルミ合金製の車体であった(※メイン画像)。当時の京成では珍しい青色の帯をしている(当時青電とされていた車両の塗装は緑の濃淡塗装であった)。
クハ1601は1974年に廃車、モハ1602は行商専用列車用の車両として存続し1981年に廃車となった。
  • 中間車モハ1603は普通鋼製の新製車体に載せ替えられ、先頭車クハ1603となったが、510形の中間に組み込まれて1976年の廃車まで先頭に立つことはなかった。

余談

  • モハ1602の車体は宗吾車両基地で今も倉庫として使用されている。
  • 京成の通勤形車両はステンレス製が主流であったことから、アルミ合金製車両はこのあとAE形(2代目)まで登場しなかった。


関連項目

京成電鉄 湘南顔 青電 クロスシート リクライニングシート 1600形 特急 テレビカー

関連記事

親記事

京成電鉄 けいせいでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「京成1600形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64

コメント