ピクシブ百科事典

佐竹敬久

さたけのりひさ

佐竹敬久とは、日本の政治家である。

1947年11月15日秋田県生まれ。
清和源氏の名門佐竹氏の分家にあたる佐竹北家の当主。


秋田市長を経由して2009年4月に秋田県知事に就任した。

2012年にウラジーミル・プーチン秋田犬の子犬「ゆめ」を
贈呈した事でも知られる。
本人は好きで、7匹も元野良の猫を飼い猫に昇格させて飼っている程。

余談

・のど薬で知られる龍角散は元々、秋田佐竹藩の典医(大名の主治医)である藤井玄淵が発明し、三代目の藤井正亭治が藩主の喘息を治す薬として改良したもので、藩の薬(藩薬)として重宝された歴史のある薬である。その縁もあって、龍角散のCMに出演している。ちなみに、現職知事が公職選挙法に抵触しない範囲で民間企業のCMに出演するのはこれが初めてで、産経新聞の報道によるとギャラは、弁当一つだったとか。

・2015年10月31日、南米歴訪を終え帰国のため、経由地ブラジル・サンパウロの空港で入国審査を受けた際、別室に移動される珍事があった。理由は、知事が4年前に脳出血で倒れた際に体重が減少したことにより、倒れる前に撮影したパスポートの顔写真と顔が違うと指摘されたためだった。

関連タグ

秋田県

コメント