ピクシブ百科事典

優木誠人

ゆうきまこと

ゲーム「逆転検事」の登場人物。
目次[非表示]

概要

逆転検事』第1話の登場人物。29歳。
地方検事局の上級検事で、同じ上級検事の御剣怜侍とは執務室が隣同士。
運動神経が良く、検事局きっての肉体派検事と呼ばれており、爽やかな笑顔と正々堂々としたスポーツマンシップの持ち主。
肉体派検事と言われるだけあって日頃からトレーニングを欠かさないようで、自分の執務室である1203号室前の廊下には私物のバスケットゴールを置いている。

第1話の被害者である仲間戸真治は彼の相棒であり、自分の大好きなドラマにあやかって「リョウ」と呼んでいた。

関連タグ

逆転検事
御剣怜侍 糸鋸圭介 須々木マコ 仲間戸真治


















この先ネタバレがあります!
















ネタバレ

第1話の真犯人であり、その正体は世界中で暗躍している密輸組織の一員。
天野河グループをはじめとする組織と深い繋がりのある企業や人間の容疑を有耶無耶にするのが彼の役目であり、イトノコ刑事によれば理由がよく分からない不起訴が多かったらしい。

事件当夜、優木は御剣が海外出張で不在の時を狙って彼の執務室である1202号室に侵入するのだが、優木を訪ねてきた仲間戸が誰も居ないはずの1202号室から物音がすることに気づき、仲間戸は中の様子を確認するために部屋に入り、そこで室内を物色している優木の姿を目撃した。
御剣が現在使用している1202号室は、かつて密輸組織を追っていた一条九郎検事が使用しており、部屋の棚には一条が集めた密輸組織に関する資料が現在も残されていた。優木は組織の命令でそれらを見つけ出して処分するために1202号室に侵入したのだが、目的を果たす前に仲間戸に見つかってしまい、動揺する彼の隙をついて拳銃を奪い、射殺した。
仲間戸を殺害した後は現場に偽のダイイングメッセージを残し、警備員のマコや警察局を利用してアリバイ工作を行うと同時にKG-8号事件に関する証拠品を警察局から持ち出すと、その後検事局に戻って相棒の敵討ちに燃える体を装い、御剣の捜査に協力していた。

罪を逃れるためにイトノコ刑事やマコを犯人に仕立て上げようとするが、仲間戸が殺される直前に優木の執務室に遺したメモが決め手となり、御剣に犯行を暴かれて逮捕された。

pixivに投稿された作品 pixivで「優木誠人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 590

コメント