ピクシブ百科事典

再興感染症

さいこうかんせんしょう

薬やワクチンの発達によって一時期は制圧できたものの、何らかの原因で再び公衆衛生上問題となった感染症の総称。代表的なものとして、結核、コレラ、ペスト、デング熱、狂犬病、マラリアなどがある。
目次[非表示]

概要

その発症が一時期は減少していたが、再び注目されるようになった感染症に対する総称。
ワクチンの発達により一時期は制圧できたものの、何らかの原因で再度公衆衛生上問題となった感染症を指す。
現在再興感染症に挙げられるものとして、結核マラリアデング熱狂犬病黄色ブドウ球菌感染症などがある。
WHO世界保健機関)の定義によると、再興感染症は「かつて存在した感染症で公衆衛生上ほとんど問題とならないようになっていたが、近年再び増加してきたもの、あるいは将来的に再び問題となる可能性がある感染症」とされている。この定義は1990年に初めて発表された。
ちなみに、歴史上、人類が完全に制圧できた感染症は天然痘痘瘡)だけである。

なお、類似した概念として新興感染症がある。

主な原因

一旦制圧した感染症が再度増加する原因として、以下のものが考えられる。

  • 耐性菌の増加。病原体が薬に耐性を持つようになり、薬が効かなくなった。
  • 地球温暖化による生態系の変化
  • 交通手段の発達
  • 病原性の強毒化

主な再興感染症

細菌


ウイルス


寄生虫


関連タグ

感染症 新興感染症

コメント