ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

名前Yuri KATSUKI(勝生 勇利)
年齢23歳
身長173cm
誕生日11月29日
血液型A型
趣味ゲーム
特技ダイエット
CV豊永利行


人物像

日本フィギュアスケート選手。種目は男子シングル。フィギュアスケート男子シングルでは、ただ一人、日本スケート連盟の特別強化選手に指定されている。
九州佐賀県長谷津出身。幼少の頃は奥川ミナコバレエ教室に通い、彼女の薦めでスケートを始め、故郷を出てデトロイトのスケートクラブに所属し、シニア5年目。

独特のリズム感の持ち主で、唯一無二と言われるステップが最大の武器なのだが、とかくプレッシャーに弱い「世界一のガラスのハート」の持ち主で、重要な場面でいつも自滅してしまう。
そのために、愛犬ヴィクトルの訃報も重なって、日本中の期待を背負って出場した初のGPF(グランプリファイナル)でも惨敗。どん底まで落ち込んでしまう。
意気消沈したまま全日本選手権に出場し、またもや惨敗。全日本選手権はシーズン後半に行われる四大陸選手権、世界選手権の代表選考を兼ねた大会であるため、代表からも落選。大学を卒業し、引退か続行か、進退未定のまま、5年振りに両親との営む実家の温泉施設「ゆ~とぴあ かつき」に帰ることになった。
地元のリンクで憧れのヴィクトル・ニキフォロフのプログラムを滑る彼のスケート人生は、この後、大きく動き出す……。

普段の生活では眼鏡をかけている。
太りやすい体質に加えて、好物はカツ丼大盛り(900kcal)。気を抜くとあっという間にアスリートとは呼べない体脂肪となるため、ヴィクトルからは「子豚ちゃん」、年下のユーリ・プリセツキーからは「豚」「カツ丼」呼ばわりされている。しかし、与えられた期限内に体重と体脂肪を元に戻せるほどダイエットに長けており、プロフィールにもそう申告している。
しかも体力面は抜きんでており、疲れの出やすい演技後半になっても持続面に不安はなく、ヴィクトルにも「スタミナがある」と言わしめている。
期待や応援には豆腐メンタルである反面、アウェイでは燃えるタイプと分析されていた。
当人曰く「TES(技術要素点)が稼げなくてもPCS(演技構成点)で持ち返すパターンが多い」とのこと。

<2016 GPF ジャンプ構成>
ショートプログラム
3A
4S-3T
4F

フリースケーティング 
4T-2T
4S
3F
3A
4T
3A-1Lo-3S
3Lz-3T
4F


使用楽曲

ショートプログラムフリースケーティング
“愛について~Eros~”“Yuri on Ice”
EROS
Yuri on Ice ❄️
エキシビション
デュエット≪離れずにそばにいて
最終滑走


ローエングリン
時期は不明だが、かつて勇利が演じたプログラムで、勇利的には黒歴史
勇利の大ファンである南健次郎曰く名プロで、彼は衣装を含めてショートプログラムでオマージュしている。

新事実

第1話から勇利の語りによって話が進められていたが、第10話はコーチであるヴィクトルのモノローグとなっている。
バルセロナ入りで集合した会食の席で昨シーズンのバンケット参加者達の証言により、ひたすらシャンパンを煽って泥酔し、ユーリやクリスだけでなくヴィクトルにも絡んだ挙句、「ダンスバトルで自分が勝ったらコーチになってほしい」と彼にコーチの依頼をしていたことが明らかとなった。
勇利自身、酔っ払うと父親そっくりに暴れる酒癖の悪さを自覚しており、案の定この時の記憶が無かった。(勇利の親友でSNS狂のピチット・チュラノンも初耳だったことから上層関係者からの口止め等があった可能性がある)

これは主人公視点でずっと物語を追っていた視聴者にとっても衝撃の事実であり、各国選手やコーチの言動は実にこの一件を踏まえていたことが判明し、リビングレジェントのインスピレーションに勇利が巻き込まれたという、これまでの図式がひっくり返ることとなった。(もっとも、GPFはグランプリシリーズの成績上位者で構成された最終戦であり、とりもなおさず出場が決まった時点で世界上位6位内を意味するため、フィギュアに精通する一部視聴者の中には冒頭での勇利の自己評価の低さの違和感から、『信用ならない語り手』の片鱗に気づく向きもあったという)
なお、この回のEDでは各選手の撮った写真という形式で彼らのダンスバトルの光景が見られた。


関連イラスト

勇利誕
yoilog4


on love, on ice
YURI!!!



余談

モデルとなっている選手などについては明言されていない。キャラクター造形的には、過去・現在を含めたさまざまな日本のフィギュアスケート選手の要素をいくつも持ち合わせている。

遅咲き町田樹(シニア4年目で初めてグランプリファイナルに出場・最下位→後に五輪選手に)
唯一無二のステップ高橋大輔(ステップの評価が高く“世界一のステップ”と言われていた)
ガラスのハート … 高橋大輔(若い頃そう呼ばれていた)
唯一の男子シングル特別強化選手本田武史(当時は唯一の男子シングル特別強化選手だった)
海外を練習拠点としていた … 本田武史、村上大介、町田樹、羽生結弦など多数
「現役続行と引退はハーフ ハーフ」浅田真央
プードルを飼っている … 浅田真央(飼っているトイプードルと一緒に多数のメディア出演)
伝説的なロシア人選手との関係性 … 羽生結弦(プルシェンコに憧れ、ソチ五輪後にプルシェンコは「羽生のコーチをやる」という可能性にも言及していた)
憧れの選手に振付をしてもらった … 町田樹(憧れの選手が町田の演技に感動し振り付けを申し出る)

原案の久保ミツロウは「誰々がモデルだろう」と決めたり特定しようとするのは、視聴者の主観次第という旨の発言をしている。
あくまでも架空のキャラクターであり、上述のようにいろんな人の要素はあるが、誰でもない「勝生勇利」なのである。その点を忘れずに、フィクションを楽しもう。

表記揺れ・愛称

勇利 魔性のカツ丼

個別タグ

なんで今そんな試すようなこと言うの 終わりにしよう くま勇利 ポチャ勇

関連タグ

アニメ ユーリ!!!onICE 勝生勇利生誕祭2016
勝生真利 ミナコ先生 西郡優子 西郡豪
ヴィクトル・ニキフォロフ ユーリ・プリセツキー ピチット・チュラノン チェレスティーノ・チャルディーニ
結婚おめでとう(ユーリ!!!onICE)

外部リンク

関連記事

親記事

ユーリ!!!onICE ゆーりおんあいす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「勝生勇利」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184038199

コメント