ピクシブ百科事典

吹雪丸

ふぶきまる

『クレヨンしんちゃん』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

※この記事は多少ネタバレをふくみます

概要

声優浦和めぐみ氏が担当。
吹雪丸とは、映画『クレヨンしんちゃん雲黒斎の野望』に登場する少年剣士。
年齢は15歳。
本名は「春日吹雪丸」と言い、春日部城の後継として期待されていたが、「雲黒斎」と呼ばれる謎の一派により城を攻め落とされ母と父を失い、更に妹である「春日雪乃」を攫われてしまった。
全てを失って泣きぬいた吹雪丸は、春日家に代々伝わる言い伝えを信じて、1年後の野原一家との出会いまでの間に幾多の修行を積む事となる。
その戦国時代の乱世の中をたった一人で生きている事もあり、剣の腕は並の侍では敵わないほどの凄腕。
たった一匹の相棒である愛馬『エンジ』と共に、雲黒斎に従う幹部や多くの兵士達を倒していた。

原作漫画でも「雲黒斎の野望」は描かれているものの、一部登場人物を除いて全くの別作品となっている。
吹雪丸も同様であり、こちらに登場した吹雪丸は正真正銘の男性であった。
また、漫画・アニメ共に「よしいうすと」が原作を務める劇中漫画作品『少年忍者吹雪丸』の主人公として登場する。
他媒体にまで度々登場する映画キャラクターは、現在においても吹雪丸とス・ノーマン・パーのみである。

劇中において

吹雪丸


春日家に代々伝わる伝説の通り、吹雪丸の元には3人と1匹の勇士(野原しんのすけ野原ひろし野原みさえシロ)がタイムトンネルを通って出現。
伝説を信じている吹雪丸は彼らと共に、雲黒斎に仕える幹部である居合いの達人「又旅猫ノ進」や巨漢の剣士「フリードキン・珠死朗」を倒している。
しかし猫ノ進を倒した時にひろしとみさえは珠の中に封じ込められてしまい、実は妹の雪乃も同じ目に合っている事をしんのすけ達に告げた。
この時に実は男性ではなく女性だったと判明する。
(最も、しんのすけからは初対面の時より女性ではないかと疑われていたが、下から懐の睾丸(雪乃の球)を触られたことにより回避している)
その後は雲黒城に乗り込み、最後の幹部である女性型ロボット「ダイアナお銀」を倒したが、最後に神経を麻痺させるガスを受けてしまい、家宝の「第七沈々丸」をしんのすけに託している。
変身したしんのすけが雲黒斎の正体である未来人「ヒエール・ジョコマン」を倒した後は、シロとして会話と続けていたタイムパトロール隊員「リング・スノーストーム」と対面。彼女を「他人だとは思えぬ」と評している。
(似た顔立ちや彼女自身の言動などから、リングは吹雪丸の遠い子孫だと思われる。)
また家宝の守り刀「第七沈々丸」は未来から渡った刀であり、紋章が光ると太刀に変化し、リングが吹雪丸の先祖に譲渡、そして戦闘後、刀を回収をしていた。

結末

しんのすけが雲黒斎を倒した後に吹雪丸は城主となるが、雲黒斎がいなくなったため、時間が修正された為にしんのすけ達と旅をした事は無かった事にされ、一部始終を「夢」として記憶する事になった。
全ては元通りになり、雲黒斎の侵略も無かった事になったので、春日家を継ぐ者として戦国時代を生き抜く事になった。

余談

リング・スノー・ストーム


「リング・スノーストーム」という名前は、「吹雪丸」を英語に直訳したものになっている。

雪乃ちゃん


また、妹の雪乃は実は男性であり、自分の事を生まれつき女性だと思い込んでいた。
クレしん映画でお馴染みのオカマ枠だった訳だが、非常に美しい風貌をしている為、一部では時代を先取りしすぎた男の娘だと評価されているとか何とか。

関連イラスト

吹雪丸
ふぶきまる




関連タグ

クレヨンしんちゃんクレしん映画男装少女ヒロイントッペマ・マペット野原しんのすけ
ヒエール・ジョコマンマカオとジョマス・ノーマン・パー

pixivに投稿された作品 pixivで「吹雪丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145480

コメント