ピクシブ百科事典

噂の刑事トミーとマツ

うわさのけいじとみーとまつ

1980年代に放送されたテレビドラマのひとつ。
目次[非表示]

概要

1979年10月から1981年3月までと、1982年1月から12月にかけて、TBSなどで水曜20時台に放送された刑事ドラマ。放送された。
北陸放送信越放送熊本放送では水曜20時台に日本テレビ系列の番組を放送したため、放送がなかった(信越放送熊本放送は1982年4月から放送)。北陸放送は本放送終了後に平日16時台に集中放送した。当時フジテレビ系列とのクロスネットだった福島テレビ(現在はフジテレビ系列単独)とテレビ山口(現在はTBS系列単独)でも同時ネットで放送された。
フジテレビ系列の秋田テレビテレビ愛媛、当時日テレ系列単独だった福井放送(現在は日テレ系列とテレ朝系列のクロスネット)でも番販購入という形で放送したが、福井放送は北陸放送よりも先に放送していた。
制作は大映テレビ

警視庁富士見署捜査課の刑事・トミーこと岡野富夫とマツこと松山進の、捜査そっちのけでバカやらかす(けど事件は一応解決してはいる)様子を描くスラップスティックコメディ。
ビビリなトミーにブチ切れたマツが、「お前なんか男じゃない、女男で十分だ!おとこおんなの、トミコー!!」と爆発すると、トミーの人格が一変、とんでもないデンジャラスな男に変身してしまう、と言うのがお約束であった。

主な登場人物

岡野富夫(トミー)(演:国広富之)
気弱なイケメン刑事。ただしマツに先述のように罵倒されると、人格が一変してしまう。
父親は有能な刑事だったのだが、それが受け継がれているとは言いがたい。
松山進(マツ)(演:松崎しげる
シークレットブーツを愛用する、不細工でイカれた刑事。ええ歳ぶっこいて子供っぽいところがある。
彼もまた、父親は刑事であった。
岡野幸子(演:志穂美悦子)
トミーの姉。情けない弟に手を焼いている。
第1シリーズ42話にて結婚、姿を消している。ただし、元々はマツと結婚するという設定だった(これをもって作品そのものも終了するつもりだった)。
森村万里子(演:ナンシー・チェニー→石井めぐみ)
富士見署交通課の所属だが、なぜか事件捜査に首を突っ込んでいる。その原因はトミーに一目惚れしてしまったため。
トミーを追い回しては彼を困らせ、マツからは「チビ」だの「大根足」だのと罵倒されてしまう。
この作品がダメコンビものから3バカものに「進化」してしまったのは、だいたいこいつのせい
御崎徹(演:林隆三)
富士見署捜査課長。トミーとマツのおバカぶりに悩んでいる。
捜査の行き過ぎが元で捜査課長を追われてしまった(第1シリーズ43話)。
相模五郎(モジャモジャ)(演:石立鉄男)
警視庁刑事部管理官。名刑事だったマツの親父を尊敬しており、天涯孤独となってしまったマツの身元保証人を引き受けている。故にマツのことが心配で仕方がなく、つい厳しい態度を取ってしまう。
仕事柄、アソコのボスアソコの団長とも面識がある
実は御崎の親友だった。故に、御崎の件の責任を取る形で富士見署の捜査課長をするハメになった。

関連タグ

松井誠一郎(仮面ライダーW MOVIE大戦CORE):本作品のマツのパロディキャラだが、悲劇的な末路を迎える

関連記事

親記事

刑事ドラマ けいじどらま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「噂の刑事トミーとマツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1056

コメント