ピクシブ百科事典

土田世紀

つちだせいき

日本の漫画家(故人)、「俺節」「同じ月を見ている」「編集王」を著した。

概要

しばしば漏らしていたが作風は極めて『泥臭い』の一言に尽きる。

多くの登場人物たちは、いい年の大人とは思えない程熱く、感情のこもったセリフと共に己の命を燃やし物事に取り組んでいく。
作画面でも時にインクの重さが感じられるのではないかと言う程描き込んだり、泥臭さ極まる作風だったが2012年4月24日、肝硬変のため自宅で逝去した。43歳だった。

1986年
投稿作「残暑」でコミックオープン・ちばてつや賞一般部門に入選。
これが未成年と題したシリーズ連載の第1話となり、デビュー作となった。

1991年
週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載開始した、津軽高校生上京して演歌歌手を目指す俺節』(題字を北島三郎が手掛けた)ブレイク

1994年
マンガ編集者に転身した元ボクサーの成長を描く編集王でヒットを飛ばした。
2000年には原田泰造ネプチューン)主演でテレビドラマ化された。

1999年
ヤングサンデー(小学館)にて連載された「同じ月を見ている」は、第3回文化庁メディア芸術祭優秀賞に受賞。同作は2005年窪塚洋介主演で映画化もされた。

2011年
週刊漫画ゴラク(日本文芸社)にてシリーズ連載かぞくを発表していた。
2012年4月27日発売の同誌5月11日18日合併号には同作の最新話が掲載されている。
(コミックナタリーより転載)

2013年
『かぞく』単行本]]化

漫画単行本・作品リスト

既在単行本
 『ノーサンキューノーサンキュー』(小学館)
 『ギラギラ』
 『夜回り先生』
 『ルート66 -もうひとつの尾崎豊物語- 』
 『雲出づるところ』(講談社)
 『水の中の月』
 『月球』
 『競馬狂走伝ありゃ馬こりゃ馬』
 『永ちゃん』
 『高 -たか-』
 『タックルBERT』
 『俺のマイボール』(双葉社)
 『現金を燃やす会』(日本文芸社)
 『せっかちピンちゃん』
 『鯱(シャチ)』
 『鐘(かね)』
 『卒業』
 『春の夢』 - 宮本輝・原作
 『吉祥寺モホ面』
 『サバス』 - 原作:土田世紀+作画:尾上龍太郎のコラボ
未収録・読み切り
 『俺のまんが道』(講談社「モーニング」より)
  - 土田世紀本人のまんが道
 『ラーメンまんが』(集英社「増刊ビジネスJ まんぷくジャンプ」より)
  - ラーメンへのエッセイ漫画、連載当時の風評あり
 『ぬかずにヌルハチ』(コミックキューより)
  - 『編集王』の同名作品とは内容は少し違う

pixivに投稿された作品 pixivで「土田世紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 999

コメント