ピクシブ百科事典

夢の星のボタンノーズ

ゆめのほしのぼたんのーず

『夢の星のボタンノーズ』とは、1985年10月から1986年4月までテレビ朝日系列にて放送されたTVアニメ作品。
目次[非表示]

概要

サンリオ初のテレビアニメーションであり、サンリオのキャラクター・ボタンノーズを主人公としたアニメ作品。

登場キャラクター

地球のイチゴ農家の一人娘。ファスナーからの依頼でチクタクボンにイチゴを渡すだけのはずが、好奇心から勝手についてきてしまい、カリント星フックランドに行くことになる。
ファスナーの病気を治すための冒険をしたことから、フックランドの王様になることに。

  • フランクリン(CV:まさごろ)
ボタンのペットであるネズミのような小動物。

ファスナーが作った召使ロボット。
語尾に「~でおじゃる」がつく。
城の人間の時間を管理しており、口うるさいためうっとしがられることもあるが、いないと城が機能しなくなる。

「公爵」とあるがフックランドの国王で、ボタンの親戚でもある。
前々から宇宙に興味を抱いており、ボタンに王様の代理を頼んで宇宙旅行に行ってしまう。

ファスナーの一人息子。
パン作りが趣味。しかしパンを作ると失敗することが非常に多い。
臆病だが読書家故に頭もよく、その知識がボタンを助ける事も多い。

本名:タマサブロウ。
ボタンの行動によく振り回される。
ファスナーやクリップの母マーサと幼馴染で、子どもの頃はよく冒険をしたという。

下町のクリーニング屋の不良息子。
口が悪く、良くも悪くもボタンやフラワーとはため口を聞く関係。
バイクを乗り回しており、何か事件があるとボタンとフラワーを乗せる役目になる。

フックランドの伯爵夫人。
ボタンを追い出し、ピアスをフラワーと結婚させて国を乗っ取るつもりでいるが失敗ばかりしている。

ブレスレット夫人の娘。母同様ひねくれた性格でボタンを敵視、色々悪だくみをする。
ソワールという猫を飼っている。
一度ボタンに助けられるも恩をあだで返すことになるが、それがしこりとなっており、最終回で思いがけない行動をとる。

街にいるチンピラ「ボンゴレ兄弟」の兄。帽子の模様が白。
ブレスレット親子とつるんで悪さをするが、時折お互い出し抜こうとすることも。

「ボンゴレ兄弟」の弟。帽子の模様が赤。
気が弱く、ビアンコの言いなりになっている。

主題歌

オープニングテーマ

『KISSをさせてよ!ボタンノーズ』
作詞:秋元康 作曲:白井良昭 編曲:川村栄二 歌:まさごろ

エンディングテーマ

『ベーッ!』
作詞:秋元康 作曲:白井良昭 編曲:川村栄二 歌:まさごろ

関連項目

テレビ朝日系土曜日夜7時台アニメ枠
光の伝説(後番組)

関連記事

親記事

サンリオ さんりお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夢の星のボタンノーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12481

コメント