ピクシブ百科事典

大雄山駅

だいゆうざんえき

神奈川県南足柄市にある伊豆箱根鉄道大雄山線の駅。同線の終点。
目次[非表示]

概要

神奈川県南足柄市関本にある伊豆箱根鉄道大雄山線の駅。
12分間隔で本数が多く、南足柄市街地の最寄り駅だが、利用者は多くない。
これはバスで小田急電鉄小田原線新松田駅開成駅で乗り換える利用者が多くおり、その方が安くて早い為。
その為、当駅を利用する人は小田原駅利用者か箱根登山鉄道JR東日本東海道線の乗り換え利用者に限られる。

なお、駅メモ大雄山るりのモデル駅でもある。

駅構造

頭端式1面2線と側線と車庫を有する地上駅となっている。
乗り場は南側が1番乗り場、北側が2番乗り場となっている。
線路はいずれも当駅より先には伸びておらず、ホームと垂直に接する形で、西側に駅本屋が建てられている。車庫は構内の北側に位置し、また、駅舎の南東側には大雄山線運転区の2階建ての建物が置かれている。

駅本屋は1階建てで、内部には待合所と駅事務室とがある。待合所内部には売店がある他、自動券売機2台に加えて自動改札機が3通路分設置されている。社員の配置された直営駅となっている。

乗り場路線方向方面備考
1・2大雄山線上り小田原方面

利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は5,047人である。
  • 大雄山線の駅では小田原駅に次いで2位。
    • 前述の通り、利用者が多くないのは当駅の利用者はバスで新松田駅開成駅に出た方が早い影響がある。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度5,304人
2009年(平成21年)度5,271人
2010年(平成22年)度5,238人
2011年(平成23年)度5,148人
2012年(平成24年)度5,227人
2013年(平成25年)度5,299人
2014年(平成26年)度5,189人
2015年(平成27年)度5,224人
2016年(平成28年)度5,079人
2017年(平成29年)度5,047人


関連項目

伊豆箱根鉄道 大雄山線 神奈川県内の駅一覧
新松田駅 開成駅:当駅周辺の利用者は東京都心方面はこちらを利用する事が多い。
大雄山るり:駅メモのでんこの1人。

関連記事

親記事

神奈川県内の駅一覧 かながわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大雄山駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 709

コメント