ピクシブ百科事典

天下繚乱

てんかりょうらん

2010年に発売されたTRPG。デザイナーは、「カオスフレア」等を手掛ける小太刀右京氏。 正式名称は『天下繚乱RPG』であるが、タグとしてはこちらが主流となっている。
目次[非表示]

百花繚乱綾錦 超時空時代劇 いざ開幕!

概要

 江戸時代を元とした架空の時代、化政時代の日本を主な舞台として、プレイヤー達は英傑と呼ばれる特殊な存在となり、人間に害をなす存在である妖異を討つことが、主な使命となっている。
 時代劇らしさ勧善懲悪をテーマとしている。

舞台・世界観

 前述の通り、化政時代と呼ばれる時代の江戸が主な舞台となる。史実の化政時代とは異なっており、そこは時代劇に登場するような江戸時代であり、厳密な西暦の設定はされていない。
 プレイヤーと対立する事となる妖異には、閻羅王という親玉が存在している。織田信長菅原道真白面の君といった面々が閻羅王として活動しており、世界征服といった己の野望のために、配下の妖異をけしかけている。

 プレイヤーは、忍者などの時代劇らしいキャラクタークラスや、妖怪天狗からくり人といった種族クラスを選択する事ができる。他にも、戦国時代現代といった異なる時代や、他の国のキャラクターが違和感無く存在できるルール、およびクラスが存在しているため、江戸時代らしからぬ雰囲気で遊ぶこともできる。

 ――そもそも、公式リプレイのプレイヤーキャラクターとしてシャーロック・ホームズが登場しているという点で、内容のはっちゃけぶりがよく分かるだろう。

ゲームシステム

 3つまでのクラスを組み合わせるマルチクラス制、2d6+能力値の上方判定、シーン制、エンゲージ制など、SRSの標準ルールを採用している。
 また、『アルシャード』シリーズとは用語の違いはあるものの、ほぼ完全互換であり、公式リプレイで導入されたこともある。

その他

  • サプリメントは6冊+α(リプレイ付属のもの等)出ており、そのうち6冊目のサプリメント「快刀乱麻」は、読者投稿を採用したサプリメントとなっている。
  • リプレイも多くのシリーズが存在しており、漫画家である高遠るい史が参加したシリーズもある。
  • 化政時代以外にも、戦国時代や明治時代、現代学園モノといった別のステージで遊ぶこともできる。中にはアフターイエヤス4万年のトクガワ銀河系を舞台にしたSFスペースオペラ、といったステージもある。
  • ビジュアライズを多く担当しているすがのたすく女史は、NPCの一人である鳥居耀蔵に対して恋わずらいをこじらせており、リプレイにおいては、彼が登場する度に物凄い事になることで有名。

関連タグ

TRPG 時代劇
カオスフレア 破邪顕正

pixivに投稿された作品 pixivで「天下繚乱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41505

コメント