2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

オウム真理教が作った音楽。

いわゆるオウムソングの中でも突出した知名度を持つ。
作曲したのは、教団の信者であり元ミュージシャン鎌田紳一郎
歌っているのはもちろん麻原彰晃本人。

1990年の衆議院議員選挙にて、教団の政党「真理党」から関係者が出馬するにあたり応援歌として作成された。
「しょーこーしょーこーしょこしょこしょーこー」の歌詞が有名で、「麻原彰晃マーチ」と通称される。

選挙後は宗教歌に転用されることになったが、信者が「彰晃」と呼び捨てにするのは失礼という理由で「そんしーそんしーそんしそんしそんしー」に歌詞が改変された。
これが「尊師マーチ」である。
ただし、強引に改変した感は否めず、「麻原彰晃マーチ」に比べると歌の語感が悪い。

現在では区別されることは稀で、この歌を総称して「尊師マーチ」と呼ぶのが一般的である。

その後

1995年の地下鉄サリン事件とオウム崩壊の過程で、ワイドショーなどを通じて広まった。
教団の悪逆非道ぶりからは想像もつかないような軽快で覚えやすいメロディから、子供を中心に面白がられ、音楽の授業でピアノリコーダーなどで演奏する子供が続出。
当然ながら大人にも影響を与え、野球選手松井秀喜練習中につい歌ってしまったという。

現在でもオウムを象徴する歌として有名で、リアルタイムで経験した人々の記憶に残り続けている。

余談

  • 「麻原彰晃マーチ」の歌詞にある地名(渋谷区中野区杉並区)は、麻原自身が立候補した東京4区のエリアである。
  • 後年に歌が有名になったのとは裏腹に、肝心の選挙は立候補した25人全員が落選という惨敗ぶりであった。この事実に打ちのめされた麻原は陰謀論を唱え、やがて国家権力打倒を目指すようになる。


関連動画

麻原彰晃マーチ(上)/尊師マーチ(下)



関連項目

オウム真理教 麻原彰晃 オウムソング エンマの数え歌

関連記事

親記事

オウム真理教 おうむしんりきょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました