ピクシブ百科事典

CV/増谷康紀

概要

6期鬼太郎第43話「永遠の命おどろおどろ」に登場するゲストキャラの1人で、かつて不死の研究を行っていた生物学者。

同話に登場するまなの同級生である美琴の父親で、どこにでもいるごく普通の家族を大切にする心優しい人物だが、後述する自身の研究成果を誰1人再現できなかった事に対して「アイツらの腕が自分より劣っていたからだ‼」と激高する等、良くも悪くも研究者として強い奢りや高いプライドを持つ一面があるようだ。

長年における研究の末に遺伝子操作を駆使して遂に長年の夢であった生物を不死の存在へと変える不死細胞“小野崎細胞”の開発に成功。

その研究成果を大々的に発表し一躍時の人となるが、その作成方法が本人にしか分からないものだったのか、はたまた偶然の産物であったのか、それとも上述したように彼にしか作成できない程に難易度の高かったものなのか、自分以外の研究者たちが悉く“小野崎細胞”の再現実験に失敗してしまった事によりあらぬ疑いを持たれてしまい、それが原因でいっきにペテン師呼ばわりされ世間から大バッシングを受けてしまう(ちなみに分かる人にはわかるかも知れないが、元ネタはあの事件である) 。

この事態を受けて焦った彼は遂に自身が開発した“小野崎細胞”の人体実験の決行を思い立ち、(流石に良心の呵責から無関係な人を巻き込む訳にもいかないので)自身を被験者として“小野崎細胞”を自身の体に注入する。

その結果、どんなに傷ついても血の一滴も出る事無く瞬時に傷が塞がり治癒してしまう不死身の体になり、一見すると実験には成功したかに見えたが、人間が決して踏み入れてはいけない領域に踏み込んだ報いのごとく、実験の副作用により定期的に人の生血を求めてさ迷い歩く不死身の肉体を持つ化け物。すなわち妖怪おどろおどろ”へと変貌してしまった。

普段は理性を保ち人間として暮らしているが、定期的に吸血衝動に襲われると妖怪に変身して家を飛び出しては人を襲い、体毛を使って吸血を行っており(なお、劇中では被害者の生死は不明)、その周期は月日が経つにつれて短くなっていった。

しかも妖怪になっている間の記憶は保持したままとなっており、最早人ではなく人を襲う化け物に変貌してしまった彼は、これ以上を襲いたくないと考え自殺を試みるも不死細胞の効力で死ぬことすら叶わず悩み苦しみ抜いた末、ある時風の噂で鬼太郎の事を聞き、人ではなく妖怪ならば自分を殺してくれるのではないかと思い、一縷の望みを託して妖怪ポストに手紙を足して鬼太郎に自分を殺してくれるように願い出る。

事情を聞いた鬼太郎は一旦は考えさせてほしいと言って立ち去るも、その直後に衝動を抑えきれず妖怪となって人間に襲い掛かっていた為、対峙。

その場は父の様子に気付いて駆けつけた娘の美琴が庇った隙をついて一旦は逃げおおせるも、それから暫くして再び血を吸いたい衝動に駆られて再び街へと繰り出し、今度は娘を心配して外出していた彼女の同級生のまなに襲い掛かろうとするが、彼女を救出しようと割って入って来たねこ娘と交戦し、更にそこへ駆けつけた鬼太郎と再戦を開始する。

人の心がまだ残されていることに掛け、何とか説得を試みようとする鬼太郎だったが、現場へ駆けつけた美琴に気を取られた隙をついて髪の毛で捕え締め上げるも、その最中に吸血衝動を抑えきれなくなり、遂に娘にまでその魔手を伸ばしてしまう。

辛うじて残された理性を振り絞り、最早娘にまでその手を掛けてしまった血を求めるだけの怪物と化した自分を止めてくれと懇願するおどろおどろ=小野崎の表情から、彼の思いを察した鬼太郎は美琴が命の危険に晒されていた事もあり、元はどこにでもいる普通の人間でありながら、自身の功名心から禁断の領域に踏み込んでしまい妖怪と化して苦しむ彼を救うためにその命を絶つことを決心。指鉄砲の一撃を撃ち込む。

致命傷を受け本来の姿へと戻った小野崎は、駆け寄ってきた娘に誕生日プレゼントとしてもらったネクタイピンを渡しながら感謝の言葉を述べると「これでいいんだ…………」と言い残して消滅。長年にわたるその苦しみからやっと解放されるのだった………………。

こうして世間を騒がせていた吸血鬼事件は収束し事件は一応解決はしたのだが、彼の行為は結果的に1人残された娘の美琴の心に決して癒える事のない大きな傷を残す事となり、いくら彼が望んだこととはいえ、父の命を奪った鬼太郎を美琴は許す事などできるはずもなく、鬼太郎が小野崎を弔うために彼の墓を訪れてた後の帰り際にすれ違った美琴から怨嗟の言葉を投げ変えられており、鬼太郎自身も仕方が無かったとはいえ、結果的に命を奪う事となってしまった事に責任を感じ、敢えて彼女の憎しみを受け止め、その十字架を背負っていくことを決心するかのごとく、何も言わずに静かにその場から静に立ち去っており、その後ろ姿はどことなく寂しそうにも悲しんでいるようにも見える、何とも後味の悪い結末を迎えるのだった…………。

関連項目

哀しき悪役 小野崎美琴 おどろおどろ
山田秀一大海獣に登場した青年科学者。不老不死の研究をしているという共通点があるが、こちらは自分の名誉のためなら他人を平気で犠牲にするエゴイストである。
泰造→5期鬼太郎に登場した青年科学者。真面目で研究熱心だが、妖怪は迷信だと言い張る頑迷な性格。故郷の村で起きていた、死者が動きだす怪奇現象「死人憑」の研究をしている内に不死の細胞(妖怪の一部)を発見して、不老不死の研究に利用しようとするのだが…。
三吉スペクトルマンに登場。境遇が似ている関連で。もっともこちらの場合はとある悪意が介入してこのような悲劇につながったのだが…。

関連記事

親記事

6期鬼太郎 ろっききたろう

兄弟記事

コメント