ピクシブ百科事典

山本直樹

やまもとなおき

山本直樹とは、日本の漫画家。性描写の多い青年漫画を主に手がける。
目次[非表示]

概要

1960年生、北海道出身で早稲田大学教育学部卒業。
大学在学中から漫画を描き始め、小池一夫主催の「劇画村塾」で学ぶ。

大学卒業後就職せずプロを目指して各誌に持ち込みを始め、1984年、森山塔名義で成人向け漫画雑誌「ピンクハウス」で商業誌デビューした。

並行して一般誌でも山本直樹名義でデビュー。1991年『Blue』が初めて東京都青少年保護育成条例で有害コミック指定を受け、行政による表現規制問題がサブカルチャーで問題意識を持たれるきっかけとなった。

一時期はほぼ一般誌のみだったが、「塔山森」名義でまた成人向け雑誌に戻ってきた時期もある。

1990年代にMacintoshによる作画に移行してからはアシスタントを使っていないが、昔彼の元でアシスタントを務めていた有名作家も多い。山本の暴力と性をクールに描く作風を引き継いだ弟子に奥浩哉がおり、性と政治の絡んだ社会派的な作風を引き継ぐ弟子に山本夜羽音がいる。

作画に使用しているのはコミスタPhotoshopではなく、「Aldus SuperPaint」というソフト。
このソフトは1993年にすでにバージョンアップが終了しており、使用しているMacもかなり古いバージョンのものである。
NHKの番組浦沢直樹の漫勉に出演して作画環境を公開した際には多くの視聴者を驚かせた。

作風

新興宗教いじめ連合赤軍など社会派的なテーマをよく扱い、性と暴力、人間の狂気などを好んで描く。ほとんどの作品に何らかの性描写や暴力描写が含まれ、過激な性描写から有害図書指定を喰らった作品もあるが、血飛沫や擬音などにあまり頼らないクールな演出が特徴。出発点はいわゆる「ロリコン系」エロ漫画だったのだが、いわゆる萌え系のエロ漫画とも違う、細身の美少女キャラ造型も特徴である。

主な作品


一般作


  • はっぱ64 - ビックコミックスピリッツ名作の一つ
  • きわめてかもしだ - 山本直樹風学園コメディ
  • ありがとう - 4人家族の崩壊とそれぞれの自立を描く物語。
  • 僕らはみんな生きている(一色伸幸原作) - 時はバブル期、商社マンが中東の小国に送られる。
  • あさってDANCE - 親族の老人から膨大な遺産を受け取ることになった男と葬儀あらしの女の恋模様
  • BLUE - 先ほど述べられたエロティックストーリー。過大な評価を受け映像化された。(R-15指定)
  • 安住の地 - 小学館IKKI連載作品。
  • 破戒 - 松尾スズキ原作の作品。サブタイトルは「ユリゲラーさんあなたの顔~忘れた」
  • RED - あさま荘事件の犯行グループたちの生き様を描くオムニバス

成人向け

  • とらわれペンギン
  • ペギミンH


関連タグ

漫画家
飛龍乱 奥浩哉 山本夜羽音 猫島礼…山本のアシスタント出身。

pixivに投稿された作品 pixivで「山本直樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15267

コメント