ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
日本の少女漫画家である。 代表作は『笑う大天使』、『メイプル戦記』ect

概要

1960年の鹿児島県に生まれる。女性。

1983年、『花とゆめ』増刊に掲載された「たじろぎの因数分解」でデビューした。

主に白泉社にて活動。

1996年に鹿児島市に引越し、活動拠点にする。

2005年、『ブレーメンII』で第36回 星雲賞コミック部門と第4回(2004年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞を受賞。


作風

デビュー当初から妙に哲学的で独特の作風の持ち主で「カーラ教授」の愛称も持つ。

それにより、良くも悪くも少女漫画らしからぬ雰囲気をまとうケースもあるがそれがまた何とも言えない味となっている。


どれほどかというと、『笑う大天使』において女生徒の隠し撮り写真を挟んだ聖書を神父が頬ずりしている姿を見た主人公3人が、

ショックのあまり、「カエサルの物はカエサルに―」からなる新約聖書の一節を持ち出して(アレはなーんにもおかしくはないんだ)と自分たちに暗示をかけている様を描写するほど。


初期の雰囲気は残しつつも徐々に角が取れてハートフルな物語を描くようになり、絵のほうも特徴的に上達して高い評価を得た。


シリアス絵とコミカル絵を使い分けるタイプだが、特に後者は個性的で画風パロディの題材になることもある。


田中芳樹との関わり

田中芳樹の名作『銀河英雄伝説』のファンであり、徳間文庫版第7巻「怒涛編」の解説を執筆しているほど。

なお、川原の代表作『笑う大天使』には司城一臣という小説家が登場する。(画像左側)

アクションからミステリーSFまで幅広く手掛ける作風で、明言こそされていないものの田中芳樹オマージュであると考えられる。

ちなみに、一臣は作中で節操のない物書きと評されているが、川原こそ作品の題材をお嬢様学校からブドウ農家兼ワイナリースポ魂から反戦平和と節操なく引用しているため、一種のシンパシーであると察せられる。



関連タグ

漫画家 少女漫画 花とゆめ もぎゅもぎゅ 前髪ぱっつん


関連作品

笑う大天使 銀のロマンティック…わはは

甲子園の空に笑え メイプル戦記(※野球漫画)

バビロンまで何マイル 空の食欲魔人 ゲートボール殺人事件 かぼちゃ計画

フロイト1/2 ブレーメンⅡ

概要

1960年の鹿児島県に生まれる。女性。

1983年、『花とゆめ』増刊に掲載された「たじろぎの因数分解」でデビューした。

主に白泉社にて活動。

1996年に鹿児島市に引越し、活動拠点にする。

2005年、『ブレーメンII』で第36回 星雲賞コミック部門と第4回(2004年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞を受賞。


作風

デビュー当初から妙に哲学的で独特の作風の持ち主で「カーラ教授」の愛称も持つ。

それにより、良くも悪くも少女漫画らしからぬ雰囲気をまとうケースもあるがそれがまた何とも言えない味となっている。


どれほどかというと、『笑う大天使』において女生徒の隠し撮り写真を挟んだ聖書を神父が頬ずりしている姿を見た主人公3人が、

ショックのあまり、「カエサルの物はカエサルに―」からなる新約聖書の一節を持ち出して(アレはなーんにもおかしくはないんだ)と自分たちに暗示をかけている様を描写するほど。


初期の雰囲気は残しつつも徐々に角が取れてハートフルな物語を描くようになり、絵のほうも特徴的に上達して高い評価を得た。


シリアス絵とコミカル絵を使い分けるタイプだが、特に後者は個性的で画風パロディの題材になることもある。


田中芳樹との関わり

田中芳樹の名作『銀河英雄伝説』のファンであり、徳間文庫版第7巻「怒涛編」の解説を執筆しているほど。

なお、川原の代表作『笑う大天使』には司城一臣という小説家が登場する。(画像左側)

アクションからミステリーSFまで幅広く手掛ける作風で、明言こそされていないものの田中芳樹オマージュであると考えられる。

ちなみに、一臣は作中で節操のない物書きと評されているが、川原こそ作品の題材をお嬢様学校からブドウ農家兼ワイナリースポ魂から反戦平和と節操なく引用しているため、一種のシンパシーであると察せられる。



コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 捜査協力

    笑う大天使(川原泉さん)+ジョジョの奇妙な冒険 第5部(荒木飛呂彦さん)の奇妙なコラボレーション
  • あの子の背中に羽がある

    あの子の背中に羽がある 後編

    5クリア推奨。 夕神さん(21)悪漢をやっつけるの巻。そして、袋めんの魅力について語り合うの巻。 /// 本文を若干修正(12月23日)。
  • 最悪の矛盾

    カーラ教授こと川原泉先生の『Intorlerance…あるいは暮林助教授の逆説』より。マイナー作品なので知名度は低いですが、深い漫画でした。
  • 学ラン女子には秘密がある

    川原泉先生の「その理屈には無理がある」の、不破×佐倉。登場人物全員が学ラン着てますがNLです(笑) オリキャラ登場するので苦手な方は注意。
  • 小ネタ

    川原泉教授の「レナード現象には理由がある」の飛島×蕨。飛島くんは絶対ムッツリだと思うんだ。
  • と或る作家のあとがき

    ずっとありきたりな後書きを書いてきた作家の一臣が、ある時から後書きで史緒の話を語るようになるお話。兄視点の妹への惚気を書いてみたくて形にしたらこうなりました。兄は史緒に会って、こんなにも日常が変わると出会った頃は思ってもいなかったんだろうなぁ。  前三作品と話が繋がってます。『春が来ても恋にはならない』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17198280の後のお話です。 ↓読了後にどうぞ↓  『My only Lady』        高校三年の春    『ここは醒めない夢の中』   高校三年の秋    『春が来ても恋にはならない』 大学二年の春  『と或る作家のあとがき』  『春が来ても~』の少し後  時系列的には、こんな流れになってます。  一臣はにっこりごまかすタイプ。なので後書きにして心の声を語ってみました。兄が恥ずかしがる性格ではないとは解っているのですが、史緒に会って新しい感情を覚えたということにして下さい!;  兄は、ずっと恥を掻くのは避けてきた人生だったけど史緒は兄の気持ちをお見通しで暴かれてしまいます。でもそれも兄が史緒だから甘えている証拠なんですよね。だからわがままも言えるし、史緒が叶えてくれると思ってる。  何となく気付いている方もいらっしゃるとは思うのですが、この一臣は史緒に無意識で母性を求めている所があります。史緒は一臣がどんな人間でも見捨てないし、無償の愛を与えてくれる。そんな史緒だから一臣は絶対に史緒を幸せにしたい。  史緒は自分で幸せを掴みにいけるけど、兄は史緒がいないとつまらない人生を送りそう。  この小説でそれが伝わるといいな。だから史緒には頑張って欲しい、切実に。  貴女を見つけて、守りたかった。  貴女と暮らして、愛に触れた。  貴女は僕に、心を与えた。
    11,979文字pixiv小説作品
  • 勝生勇利(YOI)と由良更紗(銀ロマ)が知り合いな話

    氷の上の人々の話

    氷の上で踊ってきた彼らの話のような、バレリーナの彼女たちの話のような。 たった一年で消えてしまった伝説のペア選手の影浦夫婦()とどこにでもいる男子フィギュア特別強化選手勇利君と世界の舞台で活躍したミナコ先生と世界の舞台で踊り狂ってた某父ちゃんの話。シリアル? 【事前知識】 由良更紗ちゃん 師である父に畑の案山子レベルと言わしめた踊りの元バレリーナで1年きりフィギュアのペア選手に。 フィギュア初心者時点でトリプルアクセルを飛んだ実績持ち。 最後の世界の舞台でクワドルッツを飛んだ伝説がある。 パートナーの引退に合わせシングル転向はせず引退した。 影浦忍さん 怪我で引退した元スピードスケート選手。 偶然更紗と滑っていたところをスカウトされてフィギュアのペア選手として活躍。 フィギュア初心者時点でトリプルアクセルを飛んだ実績持ち。 最後の世界の舞台でクワドルッツを飛んだ伝説がある。 過去の怪我が影響して1年で引退した。 勝生勇利くん 自称どこにでもいる男子フィギュア特別強化選手。ステップとスピンが高評価。 今シーズン憧れの選手だったヴィクトル・ニキフォロフをコーチに迎えた。 何故かコーチとおそろいのペアリングを右手の薬指につけている。 ヴィクトル・ニキフォロフ スケート界のリビングレジェンドと呼ばれる人物。世界大会5連覇とかしてる。 現役選手突然休養を発表し、今シーズン勇利くんのコーチになった。 なぜかエキシヴィジョンでは弟子の小道具として登場。しれっと弟子をリフトしてペアスケートを披露した。 由良紘一氏:世界的に有名なバレエダンサー。本人が設立したバレエ団がある。 奥川ミナコ先生:世界の舞台で活躍したバレリーナ。勇利くんのバレエの先生 前作「氷の上のおとぎ話」の続きのような。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8968955 少女漫画で川原泉先生の「銀のロマンティック…わはは」と世界がつながってたらちょっと面白いなと思って書いてました。 ソ連選手と戦ったくらいの世代の銀ロマペアと、平成生まれの師弟をどうクロスさせるかってミナコ先生召喚するしかないじゃん!っていう。 時系列は由良バレエ団→影浦家リビンク3の回想(由良先生と忍さん)→奥川ミナコバレエスタジオ→影浦家リビンク3の回想(勇利くんと忍さん)→影浦家リビング123 みたいな。 2018/1/15 奥川ミナコに修正。ジャンプをルッツに修正しました。ご指摘ありがとうございます!!!!! 表紙お借りしました https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60828264
    15,020文字pixiv小説作品
  • 新・スパロボ風戦闘前会話

    vsエルンスト・ヘルツォーク(ブレーメンⅡ)

    今回は私が持ってる少女漫画から、いかにもなマッドサイエンティストの登場です。この段階では自身をナノ・マシーンで改造し、化け物になり果てております。 この作者様の漫画はいくつか読みましたが、ギャグとシリアスのギャップが好きですね。
  • My only Lady

    好きすぎて、全てを語ったら無粋なのでしょう。 それは原作の終り方が理想的だったという証拠に違いない。 愛とか恋とかで片付けられないものを形にするのは難しいけど、 だからこそ一層いとおしい。
  • 京極さんを一滴だけ混ぜる遊び

    自分の今まで書いてたジャンルに、コナンの京極さんを一滴だけ混ぜる遊びをしたらものすごく面白いのでみんなやるといいよ。 クロスオーバーってほどでもないと思うんですが、元の作品知らないとわからないものばかりです。 まあぶっちゃけ、私が楽しいだけで書いてるからね! 2ページ目が樹上のゆりかごのヒーちゃんと夏郎。樹上言いつつ、これは王国のかぎネタ。 3ページ目が川原泉先生のあの子の背中に羽があるの聡真くんと遥ちゃん。 4ページ目があの子の~にインスパイアされた京園。 5ページ目が逆転裁判。といいつつ、メイちゃんしか出ません。 6ページ目がソードワールドへっぽこーずと京極さんNPC(これだけ様子がおかしい) 2~3ページ目はほんとに一滴です。4ページ目あたりからちゃんと出ます。 ごった煮感がすごいです。
  • 架空の森

    大好きな川原泉先生の作品のその後が気になって、ついつい(涙) 自己満&捏造ですので、苦手な方は御覧にならない方がよろしいかと~~~。 すみません。 *追記*2014、11/8・・嬉しいコメント、ありがとうございます(^^) あと、以前のオリジナルは削除しました(笑)
  • TRPGシナリオ

    【インセインシナリオ】イントレランス

    いつも拙作の閲覧、評価、コメント、ブックマーク等誠にありがとうございます。 今回はインセインのシナリオを作成してみました。 本作は川原泉先生が1985年の『花とゆめ』誌18・19号に掲載されていた「Intolerance あるいは暮林助教授の逆説」という作品の二次創作的シナリオとなります。 当該作品のストーリーをインセインのシステムでシナリオ化したものです。作品を知っている方には遊んでいただけず、作品を知らない方にはネタバレになるという不親切仕様。それでも宜しければ是非遊んで頂けましたら幸いです。 TALTO版はこちら→ https://talto.cc/projects/VtqMco3HZKHO4rb2X9We1 http://www.nicovideo.jp/watch/sm29908459 遊んで頂いたかたが動画をアップされています!ありがとうございますうひょおおお!! 2016/11/4 誤字脱字修正とルビ 2016/12/5 シナリオ背景の説明追加
    10,815文字pixiv小説作品
  • Truth is fallen in the forest

    Truth is fallen in the forest 2

    ライジングから1年後・・・バーナビーの想いにこたえられない虎徹さん・・・自分の中の本当の気持ちはどこにあるのだろうと逡巡中、折しもオリエンタルタウンでの舞人として奉納舞を踊るため帰省したのですが・・・ 川原泉先生の「森には真理が落ちている」をベースに兎→→←虎→←獅子な感じで書いています。 虎徹さんの鳥獣化がありますので、地雷の方はお避け下さい。(かわいい鳥獣だけではありませんので要注意です)
  • 意地っ張りな二人の攻防記!

    マインシュミルの大冒険♪ 完結編

    これにて当シリーズ終了です。 長らくお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました
  • 男子同士には溝がある

    私は蕨さんに夢を抱きすぎだと思う(笑)  『レナード現象には理由がある』の飛島×蕨と、『真面目な人には裏がある』の塔宮+日夏で、蕨と塔宮の話。 蕨さんと日夏さんは知り合いっぽい。あと、飛島君がなんか心が狭い(笑) 2015/10/5追記:ブクマコメありがとうございます! さっき気付きました(遅い) 飛島君は、蕨さんが気付かない間に結婚まで漕ぎ着けるくらいやってくれると信じていますww
  • メイプル戦記・オリジナル選手設定集&シリーズ出場資格選手

    「パワプロ日本シリーズ2013」プリキュアオールスターズ×メイプル戦記の決戦を控え、メイプル戦記のオリジナル選手を紹介、日本シリーズに出場できる資格者を発表する。
  • 天国には、まだ早い

    見知らぬ女に『泥棒猫!』と腹を刺され、目を覚ましたら五年後。幽霊になってた史緒さんのお話。未来の兄の様子が気にかかって見に行くと……? ※ハッピーエンドです! この話は『と或る作家のあとがき』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17204559の後、大学二年の夏頃です。 私は原作を読む度、兄の史緒に対する優しさは月明りのようだと感じます。 そんな兄に対して、史緒は何かと考えると一等星でした。 互いの存在を夜空に見つけて微笑むような二人の空気感が好きです。 そして、作中では一度史緒は死んで本当にお星様になってしまいました。 お騒がせな兄妹を両親はやきもきしながら見守っていたことでしょう(笑) 気分を変えて、こんなちょっと不思議なお話が書けて楽しかったです。 私の中で兄と史緒は魂の繋がりがあって、性別や年齢を超越しています。 つまる所、人間同士でなくてもいいのです。 だから兄は、自分が書く小説の中に無意識に様々な形で史緒を登場させています。 同性でも友人でも母親でもロボットでも鳥でも対等に互いを思いやれる。 たとえば次の生でも形を変えて二人がそんな風に出会えたら素敵ですよね。 輪廻転生も好き。 旅行の熱海の案は、『3月革命』から。昭和の新婚旅行のメッカです。 最後の一文が心に残る大好きな作品のひとつです。 母親代わりのロボットは『メロウ・イエロー・バナナムーン』のマムを意識。 皆様の頭にも過ぎったでしょうか?
    20,091文字pixiv小説作品
  • 狩谷長光実装の件について

    ※架空の森に出てくるあの太刀が創作刀剣男士化しています。
  • 春が来ても恋にはならない

    お久しぶりの一臣×史緒小説です。 大学二年の春、史緒には予想外のモテ期が到来していた。 和音と一緒に参加した柚子の結婚式でも、大学でも、異性に追いかけ回されて史緒は疲れ果てていた。 結婚願望のない史緒にとっては、まったくもって嬉しくない状況だ。 そんな史緒の悩みを聞いた過保護な兄が考えた対策とは――? (以前投稿した『My only Lady』と話が少し繋がってます) 続きました!→『と或る作家のあとがき』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17204559 ↓読了後にどうぞ↓ 今回のテーマのひとつは-円-でした。 結婚式の縁、メリーゴーランド、バームクーヘン、指輪。 丸い物達を集めてみました。 指輪をあげた兄が史緒にずっと「司城」でいて欲しいという意味も 暗に込めて渡していたら最高。そしてそれを言わないのが兄。 笑うミカエルの連載していた1987年頃はまだ昭和の価値観が濃く、 女性は結婚して当たり前の時代でもあったんだろうなぁと思います。 そんな中で史緒は東大に入って、男性社会に揉まれながら女性初の 事務次官になったんですから本当にかっこいい。 アプローチしてくる男達を、にっこり笑顔で「私以外の方をお誘いになった方が建設的ですよ」 ってばっさり一刀両断する史緒も書きたかったのですが結局猫かぶりの史緒になっちゃいました(笑) (たぶん地位を築いて30歳代くらいになったら史緒はそういうことを言う女性になる気がする。  それまではたまに兄に愚痴を吐いて鬱憤を晴らしたりしてたらいいな) 何となく私の中では史緒は男性に対して対抗心を抱いてるんじゃないかなぁという イメージがあります。それは作中でも語ったことも含めて、史緒の今後辿った道を 思うと修羅の道だったように感じるからです。 では、兄は異性なのに対抗心はないのかと言えば、兄が史緒を優先する人であり 尚且つ対等に話せる相手というのもあって突っかからない。 あと兄の穏やかな人柄もありますね。本当にバランスのいい兄妹です。 そして、余談ですが文中の「ファンタジー」の単語を「メルヘン」にするか少し迷いました。 合言葉は、「メルヘン」 なんてロマンティック! 春が来ても、恋は手前で終わる。 あの人を置いては行けない。 何故なら私の幸せは、既に此処に在るのだ。
  • 死神の前でプロポーズ

    『天国には、まだ早い』の兄サイドの話。史緒がいない世界は、悪夢。 おまけみたいに書き始めたら長くなったので別にしてみました。 題名も天国と死神で対っぽく。 (史緒は〈地獄〉とは無縁なので死神にしました) 兄は穏やかに病んでます。 このシリーズを通して読んで下さった方はお気づきだと思いますが(笑) 最後に出てきた曲は、リストの愛の夢の第3番です。 この話の一臣の心情にぴったりの歌詞だと思い選曲しました。 誰もが一度は聞いたことがあると思う曲なので気になる方は調べて見て下さいませ^^ しかしながら性格的に一臣も史緒も二人共恋愛に生きるタイプではないと思ってます。 史緒は仕事と家族優先。 一臣は入れ替わりの激しい女性遍歴から快楽的性依存の傾向があり恋愛からは程遠いし、本人も遠ざけている。 だから一臣は、愛がなくても目的の為なら結婚出来るんですよね。 一臣にとっての結婚は、手段に過ぎないんです。 原作で桜井/敦子様との結婚を視野に入れたのも史緒を幸せにする方法として考えただけでした。麗しい兄妹愛のように見えて歪んだ愛情表現だなぁと思うのは私だけでしょうか……? 伴侶にも自分と同じように妹を大事にすることを求めるって母親離れできない息子のような心理。 書きたいことを詰め込んだら長い話になってしまいました; 一臣×史緒小説は近い内にシリーズとして括りたいと思っています。 その為にね、久しぶりに二人の絵を描いて表紙にしたい。漫画も描きたい。 もう少々お待ちください。 今まで書いてきた一臣と史緒の話は、様々な所に関連付けを持たせていますから拾って頂けると嬉しいです。 こうして二人の話を書いて改めて好きだなぁと実感しました。 最後までお読み頂き、ありがとうございました! 春乃

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー