ピクシブ百科事典

弓道警察

きゅうどうけいさつ

映像作品において、弓術のシーンに細かく突っ込みを入れる秘密組織…という設定の非存在団体。
目次[非表示]

概要

劇中で弓道、もしく和式弓術を描写したシーンに対し、弓道好きや弓道経験者がその描写の粗を見つけ出し、糾弾や修正要請を起こすといった行為。 またそんなことをする人のこと。
早い話がただのクレーマーである……という設定の蔑称

この騒動がきっかけで一部の弓道関係者と艦これファンの関係が険悪なものになったが、もちろん艦これファン全員が弓道や弓道関係者を敵視しているわけではない。

注意

弓道警察という呼称はレッテル貼りの為の非実在組織です。
弓道経験者への謂れのない罵倒に使われたため、現在では言葉に出すことも憚られるほどになってしまっています。
この言葉は冗談でも誰かに向かって使わないよう注意しましょう。
また一連の騒動は提督達自らが引き起こしたものです。
架空のアンチや関係ない余所のジャンルのせいにしないようにしましょう。
この弓道警察関連の問題は大部分がtwitterで起こっていた問題です。
その為、個人のTweetを転載できないピクシブ百科事典では纏めきることが出来ません。
関連サイトの項目に問題がまとめられたtogetterのリンクがありますので、 できるだけ多くの人に参照していただけると幸いです。

発端

2014年初頭頃の『艦これアニメ』のキービジュアル発表後、弓道経験者のTwitterユーザーが「不粋なのは承知で、実際の弓道的な指摘を入れるとしたら」という名目で、登場キャラクターである加賀のビジュアルイラストに指摘を書き込んだ画像をTwitterに投稿。投稿内容の文章が艦これファン(特に加賀が好きなファン)の感情を逆撫でするような荒い言葉遣いであった所為か「弓道経験者が艦これを陥れるために活動している」として激昂。発端はこのユーザーのツイートのみだが、まとめブログがあたかも複数人の人物が加賀の弓の持ち方について指摘しているようにまとめ、「弓道警察」なるレッテルを貼った。更にそのまとめブログを読んだ提督が内容を鵜呑みにし、弓道関係者に対する根拠のない罵倒や弓道そのものを貶す行為に走った。

その後、アニメPVが公開されると艦娘達が水上を滑る描写がシュールだと話題となり、水上スキーなどと呼ばれTwitter上で多くのコラージュが作られた。このコラ画像には赤城が弓道の体配のまま水上を滑るシーンを加工した素材が使われたが、それを見た一部の人々が「弓道経験者の奴らが口うるさく言ったからこうなったんだ」と責任転嫁した。

そしてアニメ本編の赤城が弓を扱うシーンに弓道警察を自称する弓道経験者の艦これファンがキービジュアル時と同様、アニメのキャプチャに指摘を書き込んだ画像を作成してTwitterで公開した。その画像が他のTwitterユーザーによって「面倒な人に目を付けられた」というコメント付きで無断転載され、一旦沈静しつつあった弓道警察騒動が再炎上しTwitter上で口論になった。


発端の発端

フィクションに経験者や専門家が軽いツッコミを入れるというのは、弓道に限らず軍事、時代、言語、刑事・推理、医療など、各分野でこれまでも無数にあったことである。

ここまでの騒動に発展した原因について「弓道は射形を重視する武道だから、ディテールに敏感になりやすい」という理由も考えられるが、他作品でも弓道経験者からの指摘はあり、弓道にのみ理由を求めるのは難しい。
艦これに対する指摘だけ騒動まで発展したのは、艦これを「史実に忠実」と評価して過剰に称賛する層がいた(=ディテールで議論が起きやすい風土があった)から、そしてパクツイ(無断転載)やまとめブログを信じ込みやすい空気があったからだと推測される。

弊害

上記にある発端から暴走を起こした人物が各所で起こした問題の例である。キービジュアル発表から4年、アニメ放送終了から3年経過している現在でもこの問題行動を起こす者は後を絶たず、ネット上で現れては消えていく。

  1. 艦これと関係ない作品でキャラクターが弓矢を扱うと「弓道警察来いよwwww」「弓道警察出動wwww」などと不快になるコメントを残す。
  2. 「艦これが弓の持ち方で問題になるならこれも同じだろ」と関係のないアニメや特撮作品を持ち出す。
  3. 原作が艦これの二次創作やコスプレで「弓道部さんごめんなさいwwww」などと挑発した上で敢えて面白おかしく構えたイラストや写真を投稿する(まともなファンならそんな創作はしないはずである)。
  4. 弓道のみならず武器を扱った作品やスポーツ作品にまで「○○警察」と造語を作って荒らす。
  5. 弓道関係者が憎いあまり弓道関係者に対する根拠の無いレッテル貼りや弓道そのものを馬鹿にする言動をとる。

また、これらを起こした後に「ネタだから」と言い訳する者もいるが許される理由にはならない。対象の同意の無いいじめハラスメントが「冗談のつもりだったから」と言えば許されるのか普通に考えたら分かる話だろう。また「犯罪ではないから何をしてもいい」と言う者もいるが、ユーザーの特定につながるのであまり詳しい事は言えないが殺害予告をネット上で投稿した人物も確認されている。またこの人も「ネタのつもりだったから」と開き直っていた。

語録

以下は様々なサイトでよく見かける、弓道関係者を攻撃する際の言い訳や主張とその反論である。

イラストレーターが空母道って言ってたから弓道とは違う
あくまでもイラストレーターは運営からの注文を受けてイラストを描いたに過ぎなく、「こういうイメージで描きました」という趣旨の発言が公式設定として扱われるのかも怪しい。艦これではセリフや設定はイラストレーターとは別の制作スタッフが考案する流れとなっており、本当にその空母道が公式設定なのかは曖昧な状態である。更にアニメでは「正射必中」というセリフが出ているため公式で弓道と全く違うとは言えない状況となった。イラストレーターのイメージと公式の設定をまとめると「弓道と差別化した」というよりは「弓道をベースにした」と言った方が近いのだろうか。

艦娘は戦闘をしているのであってスポーツ(武道)をしているのではない
キービジュアル発表後の騒動当初は一応まともな意見だったが、それ以降は意味のなさないものとなっている。上記の発端で暴走した者が艦これと全く関係のない作品に乗り込んで弓矢を使用する描写に噛みつく事が相次いだ。主に弓矢が武器として登場する事が多い特撮やSFファンタジーを扱った作品が被害を受けたが、その中で現代を描いた作品で登場人物が部活や習い事として弓道をやっているだけの描写にすら弓道警察と発言する者もいたのだ。
盲目的に「〇〇警察」と言えば面白いと勘違いした人が数多くいたおかげで、この発言に矛盾が生じる結果となった。

弓道部だった奴はオタクが多いから弓道部はクズ
当然だがマスコミが「殺人事件を起こした犯人がアニメや漫画を趣味としていた、だからアニメや漫画好きは犯罪を起こす」という偏向報道をすると叩かれる。個人の人格と犯罪行為を伴わない趣味嗜好は無関係であると散々ネット上で批判された話である。
それに加え発言者が弓道警察騒動を知っているという事は萌えミリかつ艦船擬人化作品でオタク向けブラウザゲームである艦これに触れているのと等しく、説得力が皆無のブーメラン発言となる。書き込んだサイトがアニメや漫画を中心に扱っている場合は尚更である。似たような言葉で「学生時代に弓道部だった芸能人の○○が問題を起こしたから(ry」も存在する。

マイナースポーツだから艦これに嫉妬してるんだろ
そのスポーツがマイナーなのかメジャーなのかは個人差があり、個人の主観のみでマイナーだと決めつけるのははっきり言って痛々しい。ここで言う嫉妬というのは恐らく人気や知名度に対するものを指しているのだろうが、スポーツとゲームは全く別の事柄である。
批判や指摘された事が全て好意や善望の裏返しだと解釈するのもおかしい話である。「好きの反対は嫌いではなく無関心」という言葉もあくまで一説に過ぎず、無関心でなければ全て好意であるというわけではない。

最後に

好きな作品のキャラが悪く言われているようで嫌ですね。作品を純粋に楽しみたいだけなのに水を差すような事を言われると不快になりますよね。ただ、情報が溢れたネットの世界では時にスルースキルが必要になる。
しかし今回の場合は提督側に「死ね」「殺す」など過激な発言をする者や弓道をコケにする言動をとって反感を買う行動をする者が数多くいた為、純粋な艦これファンにとっては増えて欲しくもないアンチを増やしてしまう結果となっている。
指摘が自己満足なんだろうと思っているのなら、大人しく目を瞑って無視するのも一つの対処法なのだ。
どのような作品の厨房にも言えるが、作品が好きすぎるあまりに他所へ攻撃をすると界隈全体に悪印象を持たれて自らの首を絞めてしまう事に気付いてほしい。

ブーム自体は年月の経過と共に下火となっているが、艦これファンの中には未だに弓道警察という架空の組織を信じ弓道関係者や弓道そのものに攻撃をしている人が存在している。「作品に対して少しでも否定的な意見や批判を呈すると一部の過激ファンからの攻撃を受けて更には人格否定までされる」という事態は肥大化したジャンルにありがちな話であり、この騒動は特にそれが顕著な事例である。そのようなジャンルに対し下手に安直な指摘をするのは新たな火種、そして炎上を生み出しかねないので十分に注意する必要がある。


関連タグ

艦これ厨 弓道
艦隊これくしょん 加賀(艦隊これくしょん) 赤城(艦隊これくしょん)

関連サイト(外部リンク)

騒動をまとめたtogetter
ニコニコ大百科の同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「弓道警察」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146278

コメント