ピクシブ百科事典

あらすじ

仲の良い兄弟を見て弟が欲しくなったのび太
その時、幼少期の不思議な思い出が蘇る。当時、誰かに暗いトンネルへ連れ去られたのだが、その原因は自分だと言う。
その話を聞いたドラえもんはどういうことかと尋ねるとのび太は「これからタイムマシンで幼い頃の僕を連れて来て、弟のように可愛がるんだよ」と言う。

のび太の意図を理解したドラえもんは「タイムマシン」で過去へ向かい、3歳の頃ののび太をキャンディで釣り、現代へ連れて行く。

弟とした幼のび太に兄として接するのび太。ドラえもんも幼のび太と仲良くなる。
一方、事情を知らないママは幼のび太から「ママ」と言われたことに困惑。
ドラえもんからは「自分の子供の顔を忘れたの?」と言われ、さらに困惑してしまう。
会社にいるパパに電話して「うちは3人家族よね?」と尋ねるがパパは「ウチは4人家族だと答える」4人家族とはドラえもんも含めてのことなのだが放心したママの耳には入らなかった。

そんな時、幼のび太の悪戯にのび太が怒ったことから、幼のび太はママに泣き付き、ママは幼のび太をもう1人の息子として受け止める。
のび太はというと「やっぱり、一人っ子のほうが良いや」と思ったこともあり、ママが目を離している間に幼のび太を元の時代に送り返す。
その夜、パパが5人分の食事に驚いた為、ママは「自分の子供を忘れたんですか?」とパパに怒るのだった。

関連タグ

ドラえもん ドラえもんのエピソード一覧
幼いのび太

スネツグ…ニューヨークに住んでいるスネ夫の弟。

関連記事

親記事

ドラえもんのエピソード一覧 どらえもんのえぴそーどいちらん

兄弟記事

コメント