ピクシブ百科事典

心筋炎

しんきんえん

心臓の筋肉(心筋)に炎症を起こす危険な病気。ウイルス感染によって起こることが多い。
目次[非表示]

概要

心臓筋肉心筋)に炎症を起こす病気
高熱筋肉痛動悸などの症状が現れる。悪化すると失神不整脈ショック心不全心停止突然死にまで発展することがある、危険病気である。
治療は原則入院して行うこととなるが、ウイルスをやっつけるは存在し無いので、点滴安静などで症状を和らげるくらいしか治療法がない。

原因

ほとんどがウイルス感染症の重症化が原因である。心筋炎を起こしやすいウイルスとしては、インフルエンザウイルスロタウイルス赤ちゃん胃腸炎の原因)、コクサッキーウイルス手足口病ヘルパンギーナ病原体)などがある。
ウイルスだけでなく、ジフテリア菌ジフテリアの病原体)などの細菌感染副作用放射線リウマチなどが原因になることもある。

予防方法


関連タグ

コクサッキーウイルス 夏風邪 手足口病 ヘルパンギーナ ジフテリア ロタウイルス リウマチ
心臓 心不全 心停止 狭心症 心筋梗塞

コメント