ピクシブ百科事典

必爺

ひつじい

「十二大戦」の登場人物。
目次[非表示]

CV:チョー
※若いころの必爺も担当

概要

肩書は」の戦士 『騙して殺す』必爺
本名は 辻家 純彦(つじいえ すみひこ)。誕生日は8月8日。身長140センチ、体重40キロ。
十二大戦」に参戦する戦士未年に対応。孫思いの優しい爺さんだが、若いころの彼は元々ただの武器商人で商売目的で戦場に行っていたが、戦士としての素質があったことにより、得意先である辻家家に婿入りし、(ただし角は辻家家に婿入りする前から生えている。)九回目の十二大戦で優勝、その時に「孫の顔が見たい」と願いをかなえ、今に至る。今回の十二大戦は本来は孫が参戦するところを代理として参戦した。
大戦にかける願いは「時間が欲しい」

年齢からくる長年の経験を活かし、衰えた戦士としての技量を老獪さでカバーする。それゆえ全員が飲み込む必要がある獣石を飲み込まずにヒゲに隠すような反則行為も平然と行う。戦闘ではおもに爆発物を使う。その中でも超火力の爆弾「醜怪送り」は自身の最高傑作というほど強力。

最期

獣石を飲み込んでいないのを理由に他の参加者と結託しようと探し廻っていたところ、その途上に妬良に気づかれ戦闘態勢に入るが、だらしない姿などを理由に大会参加者の中でも最下位だと思ったが彼女の本当の力量に気づかないことが仇となり呆気なく敗れる。

余談

漫画版とアニメ版では、必爺の若いころの姿と孫に違いがあり、アニメ版の若いころの必爺は黒色の髪色で、孫が女の子(メイン画像の子(CV:田中あいみ))であるに対し、漫画版の若いころの必爺は白色の髪型で、孫が男の子になっている。(漫画版の孫が男の子なのは、第九回十二大戦あとに生まれたとすると、孫が36歳前後になり、その孫が女の子だと必爺との会話がしにくいという作劇の都合によるため。)

関連タグ

西尾維新 中村光  十二支

pixivに投稿された作品 pixivで「必爺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50950

コメント