ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

駱駝等と同様に人間が騎乗する形となるが、の場合は複数の人間が騎乗して前に象を操る象使い、後ろにを持った兵が乗る。


役割としてはその巨体を生かして高所の利を持って槍や弓で攻撃するのみならず、突撃して敵陣を踏み破ったり更に敵の兵や馬を威圧して恐怖感を抱かせて戦意を砕く目的としても使用され後年の時代には大砲を載せる事もあった。


反面、騎馬と比較すると小回りは利きづらく制御を失って暴走する事もしばしばであり、大きな音や火に弱い、鼻が敏感なので悪臭にも弱いという弱点も持ち、脚の付け根がが柔らかいので、そこを突かれることもしばしばだった。

象に鎧を着せる場合もあったが、その場合は大抵ラメラーアーマーや鎖帷子だったので鎧の作成には大変な時間と労力がかかった。

また、象の調教・維持には多くの時間と金がかかるという欠点もあったしかし、象はかなり長命な動物でもあるので、調教に成功さえしてしまえば長きに渡って使用できるという利点もあった。


紀元前の古代ユーラシア大陸においては現在よりも象の生息域は広かった為、ユーラシア大陸各地で使用されており古代地中海世界ではカルタゴの名将・ハンニバルが戦象を率いてアルプス越えをした事が有名で、中国においても古代においては中原にて戦象が使用された記録が残る。

紀元後の時代は東南アジア・インドの歴代王朝が使用し、20世紀初頭まで活躍した。


戦象に使用される象はその多くが飼い慣らしやすいインドゾウであるが、古代地中海世界の一部においてはマルミミゾウを使用していたという説がある。

関連記事

親記事

ゾウ ぞう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6525

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました