ピクシブ百科事典

日光一文字

にっこういちもんじ

備前福岡一文字派の手によって作られた太刀
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

鎌倉時代の中期に備前福岡一文字派の手によって作られた太刀の一振りである。
太刀としては2尺2寸4分(67.8cm)とやや短めな刀身ながらも、身幅が広くて豪壮な姿をしている。
刃文は重なった桜の花びらのような重花丁子を交え、見る者を魅了させる華麗さも備えている。

この刀は当初は日光二荒山神社に奉納され、後に北条早雲が譲り受けた。
以降は小田原攻め後北条氏が滅びるまで、家宝とされてきた。
その際に北条氏直は、開場するように促した黒田官兵衛に日光一文字を法螺貝や吾妻鏡とともに謝礼として贈った。その際は葡萄文蒔絵が施された黒漆塗りの刀箱に収められていた。
現在は福岡市博物館に所蔵され、国宝にも指定されており、上記する刀箱も一緒に展示されている。

関連タグ

太刀
後北条氏 黒田官兵衛
日光助真:同じく備前一文字派によって作られた「日光」の名が付く太刀

関連記事

親記事

太刀 たち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日光一文字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6165171

コメント