ピクシブ百科事典

木刀・正宗

ぼくとうまさむね

『ハヤテのごとく!』に登場する架空の木刀。

概要

漫画ハヤテのごとく!』に登場する木刀

鷺ノ宮家家宝として語り継がれた代物で、刀匠正宗により作り上げられた。持ち手の身体能力を限界まで引き出す効果があり、使い手によっては巨大ロボット妖怪を斬り裂くなど、真剣以上の切れ味を発揮する。ただし、精神が不安定な人物が所持すると、感情が昂って暴走してしまうという欠点もある。

地下迷宮探索のために伊澄がヒナギクに貸し与えて以降、彼女の持ち武器となる。一旦はヒナギクが返却したものの、正宗自体がヒナギクに懐いてしまったため、ヒナギクが呼べば地球上のどこにいても空間を超越して召喚されるようになってしまった。

なお、アニメ版一期では登場エピソードまで到達しなかったため普通の竹刀を使っており、後にヒナギクが上位互換となる王の剣・白桜を手に入れた為、原作漫画後半、劇場版アニメ3期4期では殆ど登場しなかった。

ギリシアでの決戦時にはハヤテがヒナギクから貸与され、キング・ミダスに引導を渡した。この時は伊澄から託された力で強化が施され、刀身が大剣のように巨大化している。

原作最終章では姫神葵を止めるために久しぶりに召喚。白桜を足場にして飛行し、手にした正宗で攻撃するという二刀流を披露したが、姫神の反撃で遂に破壊されてしまった。

関連項目

ハヤテのごとく! 白桜

関連記事

親記事

桂ヒナギク かつらひなぎく

兄弟記事

コメント