ピクシブ百科事典

東寺

とうじ

京都市南区九条町にある寺院。真言宗の最高位根本道場にして三大霊場の一。世界遺産「古都京都の文化財」を構成するひとつであり、京都を代表するランドマーク。

京都府京都市南区九条町にある寺院。
またの名(運営法人名)を教王護国寺とする。

概要

延暦15年(796年)桓武天皇によって平安京よりの国家鎮護のために建立された官製寺院。別名である「教王護国寺」とは「王(天皇)に教えを与え国を護る」意味を持つ。
弘仁14年(823年)嵯峨天皇によって空海へと給預された事で真言宗へと改められ同宗派の根本道場とされ、以降は真言宗の総本山として栄えた。

真言宗では宗門の諸派を通じて超える全体の総本山(根本道場)として位置付けられる。が、同時に真言宗内においては同様の扱いを受ける「聖地」が東寺の他に2箇所あり、これをして真言宗三大霊場(真言宗三大聖地)と称されており、そのひとつとしても位置付けられる。
ちなみに残る二つの聖地は空海が弘仁7年(816年)に開山して以降は宗門の拠地とした、もうひとつの総本山である和歌山県高野山と、空海の実家跡地(育成地)である香川県善通寺である。

東寺の五重塔は京都を代表するランドマークとして知られ、その意味でも京都を代表する大寺院とされる。

平成6年(1994年)12月に上賀茂神社・下鴨神社・清水寺比叡山・西本願寺・二条城などと共同のもとの地域広域文化財「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録された。

最寄り駅はJR西日本京都駅あるいは近鉄東寺駅

関連タグ

京都 世界遺産
真言宗 空海 高野山
東寺駅

pixivに投稿された作品 pixivで「東寺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250

コメント