ピクシブ百科事典

松下進

まつしたすすむ

松下進(まつしたすすむ)は、東京都福生市出身の日本を代表するイラストレーター、デザイナーである。
目次[非表示]

概要

1950年2月6日東京都福生市生まれ。1972年デビュー。エアブラシを使ったアメコミ調の画風が特徴。イラストおよびキャラクター製作・管理およびアトリエ運営を行う株式会社ススム・マツシタ・エンタープライズおよび株式会社ススム・マツシタ・カンパニーの代表取締役でもある。

名前は知らなくても、「『ファミ通』の表紙を描いている人」といえば、「ああ、あの絵を描いてる人か」と思うだろう。
その他、オリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)の球団マスコットネッピーリプシーガンバ大阪のマスコット、ガンバボーイスペースワールドラッキー・ラビットなどがある。妻は、歌手のナオミ・グレース氏。

主な作品

週刊ヤングジャンプ
1979年5月に集英社より創刊。自身初のオリジナルキャラクターデザインでもある、Mac Bearと後任のBuddy Bearを手掛けた。

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

この二人は冒頭から笑わせてくれます


1986年から1992年まで、TBS系列で放送されたバラエティ番組。オープニングアニメーションの加藤茶氏、志村けん氏をはじめとしたキャラクターを担当。これ以外にもさまざまな番組にて、オープニングアニメーションのキャラクターデザインを手がける事がある。

ファミ通(旧・ファミコン通信)

20200806


ネッキーのキャラクター。「ファミコン」の「コン」から狐となった。名前は「キツネ」の逆読みから。

オリックス・バファローズ

ネッピーとリプシー


ネッピー:球団名が「オリックス・ブルーウェーブ」に変わった1991年より登場。2010年に引退し、バファローブルに後を託すが、人気が高く球団イベントで復活する事があり、ブルベル共に共演する事がある。弟に後述するガンバ大阪のガンバボーイがいる。
リプシー1999年より登場。ネッピーと共に2010年に引退。後任はバファローベル。ネッピーと同様、球団イベントで復活する事があり、ブルベル共に共演する事がある。

ガンバ大阪

ゼウスの生まれ変わりのサッカーボーイ。『GAMBA BOY』


ガンバボーイ1992年に登場。設定はネッピーの弟であり「兄さん」と呼んでいる。

英語であそぼ
NHK教育テレビで放送されている幼児向け英語番組。1990年度から1994年度までの5年間、登場キャラクターのデザインを担当した。

ビット・ザ・キューピッド
1995年テレビ東京系列で放送されたCGアニメ作品。「アニメ缶」というタイトルで『ぼのぼの』と2本立てであった。放送後、何度も再放送が行われたぼのぼのの影に隠れてしまったが、全篇CGでのフルアニメーション作品はこれが初である。

スペースワールド

またいつか、別の星で会いましょう。


1990年から2017年まで福岡県北九州市にあった宇宙をモチーフにしたテーマパーク。閉園後もキャラクターの人気が高く、復活してほしいという声も挙がっている。

高橋名人の冒険島シリーズ
ハドソンから販売されたファミリーコンピュータ用ソフト。以降全シリーズのパッケージイラストを担当。

ダウン・ザ・ワールド
1994年にアスキー発売されたスーパーファミコン用ソフトのロールプレイングゲーム。

ダービースタリオンシリーズ
ファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された「ベスト競馬・ダービースタリオン」から「ダービースタリオン96」までのパッケージイラストを担当。最新作のデザインも担当している。

モータートゥーン・グランプリ
初期のSCEを代表するレースゲーム。「2」までのパッケージデザインを担当。

クロスワードメイト、デラックスクロスワード
マガジン・マガジン出版のクロスワードパズル雑誌。クロスワードメイトではマスコットのCrossword Clownをデザインした。また、ラッキー・ラビットをはじめとした、これまで松下氏が手掛けたキャラクターが客演した表紙も手掛けた。

関連タグ

デザイナー

外部リンク

『Susumu Matsushita Enterprise』公式サイト
Wikipedia

関連記事

親記事

イラストレーター いらすとれーたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「松下進」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3345

コメント