ピクシブ百科事典

松本かつぢ

まつもとかつぢ

昭和期に活躍した漫画家、少女画家、童画家。戦前における少女漫画・ストーリー漫画の先駆者であった。
目次[非表示]

昭和の戦前・戦後にまたがって活躍した画家絵本作家漫画家デザイナー。アニメ制作も手がけた。

経歴

明治37年に神戸で生まれ、中学在学中から挿絵の仕事をしていた。昭和3年に少女画家としてデビュー。若き日は中原淳一と人気を二分する人気抒情画家であった。

昭和13年にライフワークとなる「くるくるクルミちゃん」を連載開始。戦争の激化で連載終了となるが戦後復活し、掲載誌を変えながら断続的に35年にわたって連載が続けられた。

昭和30年に少女誌から引退し、その後は童画家として児童雑誌、学年雑誌、絵本などで活躍。昭和35年には長男と「克プロダクション」を設立して、ベビーグッズやおもちゃなどのデザインを手がけている。

関連人物

上田トシコ 田村セツコ 長谷川町子 中原淳一 手塚治虫

外部サイト

ニッポンの少女まんがの元祖だヨ!松本かつぢ展 レポート 

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松本かつぢ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246

コメント