ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

松茸(マツタケ)は、キシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。日本では高級食材とされ特有の香りが好まれる一方で、「臭い」として嫌う人も少なくはない。

マツ共生関係にあり、栄養分を提供している。堆肥生産のための落ち葉かきなどを行うと貧弱な土壌でがんばって生えるので、「ほったらかすとなかなか生えない」という生態がある。松の中でもアカマツが繁殖しやすいらしく、アカマツの樹齢が20~30年のものに最も繁殖しやすいとの事。ただし、樹齢が70~80年のものには繁殖しなくなる。

かつてはマツタケの生育に適したアカマツの林がいたるところにあり、日本人にとって身近な秋の味覚だった。しかし、マツノザイセンチュウの蔓延や、化学肥料の普及でマツ林が放置されたことにより、マツタケの生育に適したマツ林が激減。市場に出回っている国産品は滅多に庶民の口に入るものではなくなった(ただ、今でも産地の近くに住んでいると近所の人からB級品をもらえたりする)。ちなみに外国産の松茸が安いのは、日本と距離があるために輸送時間がかかり、香りが失われてしまうためである。近年では輸送手段が確立されつつあり、比較的香りを残したまま輸入できるようになった。

傘が開いてないもの(幼菌)が何かに似ているという噂もあるが、けっして松茸がエロいわけではない。
 
なお、松茸の香りを偏愛するのは日本人(の一部)だけで、アジアを含む殆どの外国人が「臭い」と感じてしまうため、当分海外需要が生まれて価格が高騰する心配はない...と言われていたが、中国では日本向けに生産されていたマツタケの中国国内需要が拡大しているという。一方で、近年は日本人もマツタケにあまり馴染みがない若い世代は「高い割においしくない」と感じてしまうというクジラ肉と同じ問題(需要の減退)を抱えつつあり、日本のマツタケ需要もいずれ生産量に見合った水準に落ち着くだろう。

ちなみに松茸本種ではないが、近縁で風味も極めて近い「バカマツタケ」なるキノコは人工栽培に成功。人工栽培でもお高めなのか、マイタケのように超高級品から庶民の味方になるのかはまだわからないが、天然物にこだわらないのなら大きくハードルは下がりつつあるのだ。

香りマツタケ味シメジ

この言葉のようにマツタケは香りの代表格であり味だとシメジが代表格であるが、この両方を欲張った存在がマイタケである。

関連イラスト

センシティブな作品


どうみても松茸。

関連タグ

マツタケ まつたけ
きのこ 食べ物 高級食材 香り 秋の味覚 
土瓶蒸し 松茸ごはん
アワビ
T.マツタケ

関連記事

親記事

きのこ きのこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「松茸」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「松茸」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 906578

コメント