ピクシブ百科事典

楚天行

そてんこう

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「一川星月氣如冰,仙骨謝讀陋室銘;
翩然此身何所似?九風萍舟楚天行。」

概要

称号:九風萍舟(きゅうふうびょうしゅう)

霹靂布袋戲」シリーズ第67作目「霹靂天命之仙魔鏖鋒」の主要人物の一人。

武林各地を遊歴する謎の賢人。文武両道で、その博識さは計り知れない。常に仙人萍を手にしており、「陋室銘」の愛読者で、陋室銘の竹簡を所持している。夸幻之父に何らかの思い入れがあるようで、彼と行動を共にし、幾度も彼を助けてきた。

陋室銘(ろうしつめい):実在する中国の古文書、唐の劉禹錫の作品。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第11章
退場霹靂天命之仙魔鏖鋒II斬魔錄 第2章
テーマ曲
友人夸幻之父、寄曇說
武器高唐古劂
所有物仙人萍、陋室銘
交通


人物

来歴不明な賢人、一人称は「楚某」。武器の「高唐古劂」は背中に背負う剣である。

初登場時は川辺で舟の上に休憩しており、通りかかった夸幻之父に声をかけるが、あまりの胡散臭さで相手にされなかった。その後夸幻之父を助けたことで、二人は共に行動するようになり、徐々に友情が築き友人となった。

ほどなくして夸幻之父が殺され寄曇說に転生。
寄曇說の身分は夸幻之父であり一頁書でもあることから、命がたびたび各勢力に狙われる。迫り来る危険を排除するため、楚天行はそれ以降も寄曇說と行動を共にし、幾度も寄曇說を助けた。

寄曇說が中原正道の一員として武林の戦乱を平定し、人々を災禍から救う中、楚天行は彼のそばで支え続けた大切な親友であり、彼のことを「老曇(曇さん)」と親しく呼んでいる。

関連タグ

寄曇說
霹靂布袋戲 霹靂天命之仙魔鏖鋒

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「楚天行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3750

コメント