ピクシブ百科事典

死人=バレット

しどばれっと

漫画『ソウルイーター』及び、スピンオフである『ソウルイーターノット!』に登場する人物。
目次[非表示]

CV:木村雅史

人物

ソウルイーター』及び『ソウルイーターノット!』の登場人物。
死神武器専門学校教師の一人。
名前がそのままジョークになっており、死んでいるのに生きているゾンビ

ソウルイーター

自由の女神像が額に刺さって死亡した(自由の女神事件と呼ばれている。詳しくは後述)が、シュタイン博士の技術により復活した。
ゾンビになった後は墓地で通り魔紛いの行動を繰り返していたが、シュタインがそういった改造を施したのではなく、死武専生徒の補習のために悪役を演じていたに過ぎない。
マカ達と戦った後は何事も無かったのごとく校内に出入りして教師を勤めている。
(既に死んでいるゾンビのため)肌が青い。
生前はをつかないことが信条だった。回想場面ではしばしば生前の姿で登場する。

死んではいるが死武専を代表する職人で、精鋭として工作や戦闘指揮まであらゆる場面で最前線にいる。
パートナーは魔ナイフミーラ=ナイグス
任務によってはデスサイズス弓梓とも連携を採ったりもする。
戦闘では、ゾンビであることを活かして地中に潜る「土遁の術」のような術を得意とする。

ソウルイーターノット!(ネタバレ注意!)

時間軸が本編である『ソウルイーター』より前のため、生きている。
NOTクラス(戦闘員ではない一般クラス)を担当。主人公・春鳥つぐみら新入生の教師をしている。
それと並行し、某国の王女の護衛関係や謎の道場破り(トレーター)事件の真相解明の任なども行っている。
事件の真相を追っていく中で、毒物を用いた洗脳を得意とする魔女、シャウラ・ゴーゴンの存在が明らかとなり、立ち入り禁止にしていたはずの会議室へ鍵を使っての侵入をした多々音めめを拘束、検査したことが切っ掛けで彼女が洗脳されてスパイ行為を行っていたことを突き止める。
彼女を囮とすることでシャウラを誘き寄せる策を採ったが、シャウラに意識を乗っ取られためめが出した伝言により、駆け付けたつぐみアーニャの介入により、戦闘を余儀なくされる。
生徒であるめめの存在に油断していたところ、シャウラに殺害された
これが、本編で『自由の女神像が額に刺さって死亡した』と噂されることになる、自由の女神事件と称された事件の真相である。

関連タグ

ソウルイーター ソウルイーターノット!
死武専
マカ=アルバーン ソウル=イーター ブラック☆スター 中務椿
春鳥つぐみ アーニャ・ヘプバーン 多々音めめ 星☆茜 クレイ・サイズモア
シャウラ・ゴーゴン
ゾンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「死人=バレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196

コメント