ピクシブ百科事典

死人=バレット

しどばれっと

漫画『ソウルイーター』及び、スピンオフである『ソウルイーターノット!』に登場する人物。
目次[非表示]

CV:木村雅史

人物

ソウルイーター』及び『ソウルイーターノット!』の登場人物。
死神武器専門学校教師の一人。
名前がそのままジョークになっており、死んでいるのに生きているゾンビ
名前の元ネタはイギリスのミュージシャン「シド・バレット」

ソウルイーター

自由の女神事件と呼ばれる、自由の女神像が額に刺さるというとんでもない事件によって命を落とす。
その後、シュタイン博士の技術により復活し、墓地で通り魔紛いの行動を繰り返し、死神武器専門学校の討伐対象となる。
しかし、これは死武専生徒の補習のために悪役を演じていたに過ぎず、本人はいたって教育熱心である。マカ達と戦った後は、何事も無かったのごとく教職に復帰、校内に出入りして教師を勤めている。
一度死んでゾンビになったため肌が青いが、それ以外は生前変わった様子はなく、シュタインが特殊な改造を施したということもない。
生前はをつかないことが信条だった。回想場面ではしばしば生前の姿で登場する。

死んではいるが死武専を代表する職人で、精鋭として工作や戦闘指揮まであらゆる場面で最前線にいる。
パートナーは魔ナイフミーラ=ナイグス
任務によってはデスサイズス弓梓とも連携を採ったりもする。
戦闘では、ゾンビであることを活かして地中に潜る「土遁の術」のような術を得意とする。

ソウルイーターノット!(ネタバレ注意!)

時間軸が本編である『ソウルイーター』より前のため、生前の姿で登場。
NOTクラス(戦闘員ではない一般クラス)を担当。主人公・春鳥つぐみら新入生の教師をしている。
それと並行し、某国の王女の護衛関係や謎の道場破り(トレーター)事件の真相解明などの支持も行っている。
事件の真相を追っていく中で、毒物を用いて生徒に洗脳を行っていた魔女、シャウラ・ゴーゴンの存在を突き止める。
シャウラの手先となっていた多々音めめを囮とすることでシャウラを誘き寄せる策を採ったが、シャウラに意識を乗っ取られためめが、つぐみアーニャを呼び寄せたことにより作戦は失敗。戦闘を余儀なくされる。
シャウラ・ゴーゴンを単身であと一歩のところまで追いつめるが、シャウラによって洗脳された多々音めめの介入によって深手を負い、そのままシャウラに殺害された。仲間が駆けつけた頃には、彼女の残したダイイングメッセージと共に、半壊したモニュメント群の中央で仰向けの状態で発見され、その額には半壊した自由の女神像の右腕が突き刺さっていた。
これが、本編で『自由の女神像が額に刺さって死亡した』自由の女神事件と称された事件の真相である。

関連タグ

ソウルイーター ソウルイーターノット!
死武専
マカ=アルバーン ソウル=イーター ブラック☆スター 中務椿
春鳥つぐみ アーニャ・ヘプバーン 多々音めめ 星☆茜 クレイ・サイズモア
シャウラ・ゴーゴン
ゾンビ

関連記事

親記事

死武専 しぶせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「死人=バレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658

コメント