ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

水名露

10

みずなつゆ

水名 露(みずな つゆ)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である(メイン画像左)。

かつて、相麿の国で北養を治めていた

水名正綱の娘であり、西の戦神子と呼ばれていた魔法少女。

一騎当千として恐れられつつも領民は姫とは思えないほど気軽に接していた。

普段は真面目で冷静だが好きな物語は幸若舞のことになると緩くなる。


プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校-
年齢学年不明/不明
身長不明
肩書き魔法少女
願い事ご神木が隅谷に切られないように守って
固有魔法
ソウルジェムの形状/色/位置花型/青色/左手の甲
武器
キャラクターデザイン七森龍
声優羊宮妃那

概要

戦国時代を生きた少女。姓から分かる通り、神浜市水名区という地名や水名城の由来となった武家(水名氏)の娘である。


千鶴と同じく、本編よりもはるかに昔の時代を生きた人物であるため、神浜市の伝承などで断片的に生前の動向が語られている。


ゲーム上の性能


基本データ

属性アクア
タイプバランス
イラストレーターササギコウシ(☆4)/Enjison(☆5)
実装日2023年1月27日

ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8027,1517,9928,269
★5Lv.10033,5169,86410,208

コネクト「二振りの刃となりましょう」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ] & 水属性攻撃力UP[Ⅶ] & 防御力UP[Ⅶ]
★5攻撃力UP[Ⅸ] & 水属性攻撃力UP[Ⅸ] & 防御力UP[Ⅸ]

マギア「明鏡止水の幾太刀」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[Ⅴ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/3T)
★5敵単体にダメージ[Ⅶ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/3T)

ドッペル天誅のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体に属性強化ダメージ[Ⅸ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/5T)& HP回復(自)

専用メモリア「星を結ぶ鳥」

いつか父にもらったこの子とは、もう長い付き合いになる

だけど、エサを食べる姿や部屋を飛ぶ姿を見ても、考えはわからない

逃げもせず、止まり木であなたは何を考えているの…?

もしかしてこの子は、遠くをみて待っているだけなのかもしれない


基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能水名露
イラストレーター都筑禰己

ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.15010401
Lv.40125201152

スキル「アクセルドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常Acceleドロー5
限界突破Acceleドロー4

作中での活躍

魔法少女ストーリー

1話「ご神木を守りし祖霊の姫」

幸若舞を見て世の無情さに共感し、敦盛という人物を気に入った露。

日が暮れてきたので城に帰るが、水名の威光を潰すべく隅谷がご神木を切ろうとしている話を偶然聞いてしまい、父に隅谷へ噂を流して欲しいと申し出る。

そして正綱は水徳寺の玄雲に「木を倒せば水名が祭る神から罰を受け、祖霊の祟り(水名の姫)を受ける」という噂を流させたが隅谷の気は変わらず、露は単身隅谷に攻め入ろうとするが父や家臣に止められた。

そこにキュゥべえが現れ、戦神子(魔法少女)となって妖魔(魔女)を倒して欲しいとお願いされ、「ご神木が隅谷に切られないように守って」と願って戦神子となった。

戦神子の力を得た露はさっそく、隅谷の行動が押さえられているか確かめに行く。

すると願った通り隅谷は家人の裏切りに遭い、露は家人に影響を操っていた妖魔を倒し、神木は守られた。後日父と玄雲(幼い露に戦神子の話をした)に真相を明かすと、玄雲からは隅谷は水名の姫の祟りではなく「救い」を信じていたと伝えられた。

「まさかわたしが亡霊を討つとは思わなかったわ」


2話「やります、鉄火起請!」

戦こそ落ち着いたが、食糧難は未だ解決しておらず。戦が起こるのを良く思わない露は万事に備える方法を模索するなか千鶴から隅谷を潰せばいいと提案される。しかし外様の水名家が裏切ればすぐに自分達が潰されるので却下。

その時、水名の農民が外の農民と水源の所有権を巡り争っている姿を目撃。相手は鉄火起請を申し出てきたので、一週間後に戦神子の露が自国の農民の代わりに挑むことに。

露は戦神子の力によって無傷。相手の番が来るが露は鉄火起請を中断し、外の農民を降参させた。更に事前に露は父に相手の領主と話をつけさせ、水源を分け合う事となった。

「戦神子になってなければ、鉄火起請なんてやらないわ」


3話「消えた千鶴の気持ち」

だが千鶴からは行動を起こしすぎていつか倒れる事を懸念される。父からは露の好きな一座が来ると伝えられ、二人で見に行ったが千鶴がどこかに消えてしまう。

後日千鶴を探していると、神社で旅の一座が集団自決を図ろうとしてると知らされ、妖魔の結界に乗り込むとそこに千鶴がいた。

千鶴は露よりも先に妖魔に気づいており、一日中戦っていたので見つからなかったのだが、その真意は露に自身も守って欲しかったからだった。

「妖魔を使って試すだなんて、千鶴は子どもなんだから」


期間限定イベント『梶の葉伝説物語 〜揺れる思いは、重ねて魅せて〜

神浜市水名区に伝わる『梶の葉伝説』の登場人物の1人として、千鶴と共にその存在が初めて語られた。なお、このイベント内では伝説を基にした地域おこしドラマ(劇中劇)が撮影され、劇中に登場する露を七海やちよ、千鶴を由比鶴乃、2人の仲を取り持つカササギ史乃沙優希が演じている。


それによると、昔、日照りによる飢饉が続き、民衆が苦しい暮らしを送る中、領主は民衆から重税を取り立てて自らは豪勢な暮らしをしていた。


この頃、神浜には露と千鶴という武芸に長けた2人の少女がいた。互いの家は仲が悪く、2人の性格も正反対だったが、出会ってからというもの互いの想いを知って信じ合うようになっていった。


2人が飢餓に苦しむ人々に心を痛めるが、露は「人々を助けたいが自分一人では何も出来ない」と慎重になる。しかし行動派の千鶴は「露と一緒なら家の問題も乗り越えられるし、悪い領主もやっつけられる」と考えていた。


人々を救いたいと思う2人の目的は一緒でも考えはすれ違うなか、露が飼っているカササギが橋渡し役となり、2人の心を繋ぐことになった。こうして手を取り合った2人が動くことで、飢えに苦しむ人々も立ち上がり、ついには領主を懲らしめる事ができたという。


領主を懲らしめたその日が七夕当日だったとされており、後に人々が露と千鶴に平和の願いを託すようになった事から、七夕の短冊の元となった梶の木の葉にちなんで、「梶の葉伝説」と呼ばれるようになった。


ちなみに、イベント後半でやちよは梢麻友の手引きにより、水名美術館の特別展で展示される、伝説にまつわる史料を閲覧する機会を得る。この時露が最後まで大切にしていた貝殻があったのだが、麻友もやちよもこの貝殻から微量ながら魔力の痕跡を感じ取っている。


そして、やちよが露の想いだけでなく、自身についても演技や周囲の人々の思いを含めその真を悟ったとき、やちよの固有能力である「希望を受け継ぐ力」が発動。魔法少女としての姿が変化することになる。すなわち、伝説における時代において、露は魔法少女だったと思われる(少なくともやちよはそう信じている)。


期間限定イベント『ナハトメルヒェン ~水際に君がいた~』&ログインストーリー『海は時をつないで』&メインストーリー第2部第7章

現代から数百年前の戦乱の世、水名城の城主は「戦神子(いくさみこ)」と呼ばれる当時の魔法少女を使って城攻めを行っていた。しばらく後の世、件の領主が圧政を敷いているころ、西側(水名)の神子である水名露は、ある時魔物の気配を感じて海辺にやってきたのだが、ここで東側の神子である千鶴と初めて出会う(恐らく水名の住民感情に配慮して、ドラマでは2人の出自について意図的にぼかした物と思われる)。

二人は魔物をどちらかが倒すのか揉めるのだが、この時ある一つの貝殻を見つけ、それを手にした途端不思議な声を聞く。この貝殻こそ、『なだのよびごえ』で語られた「異国の船乗りに恋した時女一族に連なる集落の巫」が想いを託したもので、小舟で駆け落ちしようとするも転覆して離れ離れとなり、集落に戻った巫はそのまま船乗りとの再会を待ち続けたという。


巫が想いを込めた貝殻は長い年月海を漂って露と千鶴の元へと渡り、想いを感じ取った二人は、これがきっかけとなって親交を深めるようになり、そして前述の伝承へと繋がっていくことになる。そして二人の出会いらについて、「二人はそれぞれ"なだのよびごえ"に導かれてそこで初めて出会った」と語り継がれ、そして二人が出会った場所に祠が建てられたとされる。これがさらに長い年月を経て「波間の声」として伝わり、いつしか「波間の声を聴いた二人は一生仲のいい友達でいられる」という話に変わっていった、と目される。貝殻も前述のように露が生涯大事にし続け、史料となってやちよに想いがさらに伝わった、ということになる。


しかしながら、第7章で明かされたことがもう一つある。それは領主を懲らしめることに成功したのち、露と千鶴は袂を分かっているのである。


メインストーリー第2部第8章

「露と千鶴は後に袂を分かった」というのが一般に知られている話であるが、あした屋の主人は先祖から二人の歴史を聞き継いでいる。それによれば、二人のしようとした事が民を二つに分断してしまい、互いの意思に反して敵対せざるをえなかったとのこと。

また彼女いわく、露は「水名の姫様」、千鶴は「山賊の娘」とのこと。

それを聞いたユニオンは、東西問題のきっかけを調べるために明日香の家の蔵を調べ、露と千鶴に関する資料を捜索する。「千鶴を討つための招集命令」を発見できたものの、理由については書かれていなかった。


メインストーリー第2部第11章

みことがかりんに人類の滅びの歴史を教える形で過去が語られる。

領主討伐後、魔法少女の存在を世間に伝え東との和平を求めるも、自身の父である正綱が東の連中を懐柔しようとした事で東を率いる千鶴の父である万守山右衛門の反感を買い、露の父は殺害される。

更に東が第三勢力と結託し、千鶴の父に銃撃された事で東に絶望して魔女と化した。なお、魔女化する寸前に「手を取り合うぐらいなら、東の人間を恨む象徴として水名城に根を…はる…」と発言したことから、この時点では「象徴の魔女=魔女化した水名露」と考えられていたが……。


期間限定イベント『ピュエラ・ヒストリア 神浜の戦神子編』

魔女になった露が他の魔女に取り込まれ、その魔女が千鶴を負かしたことが判明した。


関連イラスト


MAGIA DAYにおいて

『MAGIA DAY 2021』において、水名露が魔法少女として実装予定であること、魔法少女としてのキーカラーは「セルリアンブルー(あさぎ色)」、武器は「太刀」であることが明かされた。

また、イベントに参加したチームみかづき荘の声優陣が露の容姿、願い、マギアのアイデアを出し合う大喜利企画も行われている。

そしてメインストーリー第2部第11章にて、千鶴と共についに姿を現した。


そして翌年の『MAGIA DAY 2022』では第2部終了後に「神浜戦国魔法少女編」を開始することが発表され、ピュエラ・ヒストリアの神浜の戦神子編にて露は千鶴と共に中核キャラクターとして活躍した。


関連タグ

マギアレコード 神浜市 先代魔法少女 ピュエラ・ヒストリア

千鶴

七海やちよ:劇中劇で露役を演じている

かつて、相麿の国で北養を治めていた

水名正綱の娘であり、西の戦神子と呼ばれていた魔法少女。

一騎当千として恐れられつつも領民は姫とは思えないほど気軽に接していた。

普段は真面目で冷静だが好きな物語は幸若舞のことになると緩くなる。


プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校-
年齢学年不明/不明
身長不明
肩書き魔法少女
願い事ご神木が隅谷に切られないように守って
固有魔法
ソウルジェムの形状/色/位置花型/青色/左手の甲
武器
キャラクターデザイン七森龍
声優羊宮妃那

概要

戦国時代を生きた少女。姓から分かる通り、神浜市水名区という地名や水名城の由来となった武家(水名氏)の娘である。


千鶴と同じく、本編よりもはるかに昔の時代を生きた人物であるため、神浜市の伝承などで断片的に生前の動向が語られている。


ゲーム上の性能


基本データ

属性アクア
タイプバランス
イラストレーターササギコウシ(☆4)/Enjison(☆5)
実装日2023年1月27日

ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8027,1517,9928,269
★5Lv.10033,5169,86410,208

コネクト「二振りの刃となりましょう」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ] & 水属性攻撃力UP[Ⅶ] & 防御力UP[Ⅶ]
★5攻撃力UP[Ⅸ] & 水属性攻撃力UP[Ⅸ] & 防御力UP[Ⅸ]

マギア「明鏡止水の幾太刀」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[Ⅴ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/3T)
★5敵単体にダメージ[Ⅶ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/3T)

ドッペル天誅のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体に属性強化ダメージ[Ⅸ] & 状態強化解除(敵単)& ダメージUP & 水属性攻撃力UP(味全/5T)& HP回復(自)

専用メモリア「星を結ぶ鳥」

いつか父にもらったこの子とは、もう長い付き合いになる

だけど、エサを食べる姿や部屋を飛ぶ姿を見ても、考えはわからない

逃げもせず、止まり木であなたは何を考えているの…?

もしかしてこの子は、遠くをみて待っているだけなのかもしれない


基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能水名露
イラストレーター都筑禰己

ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.15010401
Lv.40125201152

スキル「アクセルドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常Acceleドロー5
限界突破Acceleドロー4

作中での活躍

魔法少女ストーリー

1話「ご神木を守りし祖霊の姫」

幸若舞を見て世の無情さに共感し、敦盛という人物を気に入った露。

日が暮れてきたので城に帰るが、水名の威光を潰すべく隅谷がご神木を切ろうとしている話を偶然聞いてしまい、父に隅谷へ噂を流して欲しいと申し出る。

そして正綱は水徳寺の玄雲に「木を倒せば水名が祭る神から罰を受け、祖霊の祟り(水名の姫)を受ける」という噂を流させたが隅谷の気は変わらず、露は単身隅谷に攻め入ろうとするが父や家臣に止められた。

そこにキュゥべえが現れ、戦神子(魔法少女)となって妖魔(魔女)を倒して欲しいとお願いされ、「ご神木が隅谷に切られないように守って」と願って戦神子となった。

戦神子の力を得た露はさっそく、隅谷の行動が押さえられているか確かめに行く。

すると願った通り隅谷は家人の裏切りに遭い、露は家人に影響を操っていた妖魔を倒し、神木は守られた。後日父と玄雲(幼い露に戦神子の話をした)に真相を明かすと、玄雲からは隅谷は水名の姫の祟りではなく「救い」を信じていたと伝えられた。

「まさかわたしが亡霊を討つとは思わなかったわ」


2話「やります、鉄火起請!」

戦こそ落ち着いたが、食糧難は未だ解決しておらず。戦が起こるのを良く思わない露は万事に備える方法を模索するなか千鶴から隅谷を潰せばいいと提案される。しかし外様の水名家が裏切ればすぐに自分達が潰されるので却下。

その時、水名の農民が外の農民と水源の所有権を巡り争っている姿を目撃。相手は鉄火起請を申し出てきたので、一週間後に戦神子の露が自国の農民の代わりに挑むことに。

露は戦神子の力によって無傷。相手の番が来るが露は鉄火起請を中断し、外の農民を降参させた。更に事前に露は父に相手の領主と話をつけさせ、水源を分け合う事となった。

「戦神子になってなければ、鉄火起請なんてやらないわ」


3話「消えた千鶴の気持ち」

だが千鶴からは行動を起こしすぎていつか倒れる事を懸念される。父からは露の好きな一座が来ると伝えられ、二人で見に行ったが千鶴がどこかに消えてしまう。

後日千鶴を探していると、神社で旅の一座が集団自決を図ろうとしてると知らされ、妖魔の結界に乗り込むとそこに千鶴がいた。

千鶴は露よりも先に妖魔に気づいており、一日中戦っていたので見つからなかったのだが、その真意は露に自身も守って欲しかったからだった。

「妖魔を使って試すだなんて、千鶴は子どもなんだから」


期間限定イベント『梶の葉伝説物語 〜揺れる思いは、重ねて魅せて〜

神浜市水名区に伝わる『梶の葉伝説』の登場人物の1人として、千鶴と共にその存在が初めて語られた。なお、このイベント内では伝説を基にした地域おこしドラマ(劇中劇)が撮影され、劇中に登場する露を七海やちよ、千鶴を由比鶴乃、2人の仲を取り持つカササギ史乃沙優希が演じている。


それによると、昔、日照りによる飢饉が続き、民衆が苦しい暮らしを送る中、領主は民衆から重税を取り立てて自らは豪勢な暮らしをしていた。


この頃、神浜には露と千鶴という武芸に長けた2人の少女がいた。互いの家は仲が悪く、2人の性格も正反対だったが、出会ってからというもの互いの想いを知って信じ合うようになっていった。


2人が飢餓に苦しむ人々に心を痛めるが、露は「人々を助けたいが自分一人では何も出来ない」と慎重になる。しかし行動派の千鶴は「露と一緒なら家の問題も乗り越えられるし、悪い領主もやっつけられる」と考えていた。


人々を救いたいと思う2人の目的は一緒でも考えはすれ違うなか、露が飼っているカササギが橋渡し役となり、2人の心を繋ぐことになった。こうして手を取り合った2人が動くことで、飢えに苦しむ人々も立ち上がり、ついには領主を懲らしめる事ができたという。


領主を懲らしめたその日が七夕当日だったとされており、後に人々が露と千鶴に平和の願いを託すようになった事から、七夕の短冊の元となった梶の木の葉にちなんで、「梶の葉伝説」と呼ばれるようになった。


ちなみに、イベント後半でやちよは梢麻友の手引きにより、水名美術館の特別展で展示される、伝説にまつわる史料を閲覧する機会を得る。この時露が最後まで大切にしていた貝殻があったのだが、麻友もやちよもこの貝殻から微量ながら魔力の痕跡を感じ取っている。


そして、やちよが露の想いだけでなく、自身についても演技や周囲の人々の思いを含めその真を悟ったとき、やちよの固有能力である「希望を受け継ぐ力」が発動。魔法少女としての姿が変化することになる。すなわち、伝説における時代において、露は魔法少女だったと思われる(少なくともやちよはそう信じている)。


期間限定イベント『ナハトメルヒェン ~水際に君がいた~』&ログインストーリー『海は時をつないで』&メインストーリー第2部第7章

現代から数百年前の戦乱の世、水名城の城主は「戦神子(いくさみこ)」と呼ばれる当時の魔法少女を使って城攻めを行っていた。しばらく後の世、件の領主が圧政を敷いているころ、西側(水名)の神子である水名露は、ある時魔物の気配を感じて海辺にやってきたのだが、ここで東側の神子である千鶴と初めて出会う(恐らく水名の住民感情に配慮して、ドラマでは2人の出自について意図的にぼかした物と思われる)。

二人は魔物をどちらかが倒すのか揉めるのだが、この時ある一つの貝殻を見つけ、それを手にした途端不思議な声を聞く。この貝殻こそ、『なだのよびごえ』で語られた「異国の船乗りに恋した時女一族に連なる集落の巫」が想いを託したもので、小舟で駆け落ちしようとするも転覆して離れ離れとなり、集落に戻った巫はそのまま船乗りとの再会を待ち続けたという。


巫が想いを込めた貝殻は長い年月海を漂って露と千鶴の元へと渡り、想いを感じ取った二人は、これがきっかけとなって親交を深めるようになり、そして前述の伝承へと繋がっていくことになる。そして二人の出会いらについて、「二人はそれぞれ"なだのよびごえ"に導かれてそこで初めて出会った」と語り継がれ、そして二人が出会った場所に祠が建てられたとされる。これがさらに長い年月を経て「波間の声」として伝わり、いつしか「波間の声を聴いた二人は一生仲のいい友達でいられる」という話に変わっていった、と目される。貝殻も前述のように露が生涯大事にし続け、史料となってやちよに想いがさらに伝わった、ということになる。


しかしながら、第7章で明かされたことがもう一つある。それは領主を懲らしめることに成功したのち、露と千鶴は袂を分かっているのである。


メインストーリー第2部第8章

「露と千鶴は後に袂を分かった」というのが一般に知られている話であるが、あした屋の主人は先祖から二人の歴史を聞き継いでいる。それによれば、二人のしようとした事が民を二つに分断してしまい、互いの意思に反して敵対せざるをえなかったとのこと。

また彼女いわく、露は「水名の姫様」、千鶴は「山賊の娘」とのこと。

それを聞いたユニオンは、東西問題のきっかけを調べるために明日香の家の蔵を調べ、露と千鶴に関する資料を捜索する。「千鶴を討つための招集命令」を発見できたものの、理由については書かれていなかった。


メインストーリー第2部第11章

みことがかりんに人類の滅びの歴史を教える形で過去が語られる。

領主討伐後、魔法少女の存在を世間に伝え東との和平を求めるも、自身の父である正綱が東の連中を懐柔しようとした事で東を率いる千鶴の父である万守山右衛門の反感を買い、露の父は殺害される。

更に東が第三勢力と結託し、千鶴の父に銃撃された事で東に絶望して魔女と化した。なお、魔女化する寸前に「手を取り合うぐらいなら、東の人間を恨む象徴として水名城に根を…はる…」と発言したことから、この時点では「象徴の魔女=魔女化した水名露」と考えられていたが……。


期間限定イベント『ピュエラ・ヒストリア 神浜の戦神子編』

魔女になった露が他の魔女に取り込まれ、その魔女が千鶴を負かしたことが判明した。


関連イラスト


MAGIA DAYにおいて

『MAGIA DAY 2021』において、水名露が魔法少女として実装予定であること、魔法少女としてのキーカラーは「セルリアンブルー(あさぎ色)」、武器は「太刀」であることが明かされた。

また、イベントに参加したチームみかづき荘の声優陣が露の容姿、願い、マギアのアイデアを出し合う大喜利企画も行われている。

そしてメインストーリー第2部第11章にて、千鶴と共についに姿を現した。


そして翌年の『MAGIA DAY 2022』では第2部終了後に「神浜戦国魔法少女編」を開始することが発表され、ピュエラ・ヒストリアの神浜の戦神子編にて露は千鶴と共に中核キャラクターとして活躍した。


関連タグ

マギアレコード 神浜市 先代魔法少女 ピュエラ・ヒストリア

千鶴

七海やちよ:劇中劇で露役を演じている

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • マギアレコード×仮面ライダーセイバー(#22~)

    《特別編》未来行く戦神子、現代(いま)を見る【代筆】

    今回は特別編です。 水名露を参戦させるにあたり、マギレコ二部での「那由他パート」同様、本家マギレコセイバーでは触れられなかった「東西差別問題」の件を回収していこうと思います。 最近色々とあって筆記をサボってしまい、遅くなってなってしまいました…‥‥スミマセン。 今回はメギド以外、セイバー側のキャラは登場しません。 …‥‥これってクロスオーバー小説として、果たして成り立っていると言えるのでしょうか?(苦笑) 本家版マギアレコード×仮面ライダーセイバー (https://www.pixiv.net/novel/series/1441322)
  • シスターズレコード

    第8章  おわりのいろは 中編1

    https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20172209の続きです。 続きのお話→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20348080 簡単なあらすじ:第1部の神浜でういちゃんが大活躍するお話。 第1部エピローグのIFストーリーとなります。 平和になった神浜市で楽しい日々を送るういちゃんたち、その裏に潜むあの魔法少女。 おわりの魔法に向けてお話は進みます。 8章中編は2つに分けています。
    31,376文字pixiv小説作品
  • シスターズレコード

    第8章  おわりのいろは 後編

    https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20348080の続きです。 続きのお話→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=21499565 簡単なあらすじ:第1部の神浜でういちゃんが大活躍するお話。 第1部エピローグのIFストーリーとなります。 宇宙を滅ぼす少女の願い。 空を目指すういちゃんたちの前に現れる意外な助っ人。 そして、天空を舞台に繰り広げられる激闘とおわりの女神を引き戻す声。 更新が遅くなって申し訳ありません。残り2章は短めで終わる予定です。
    53,731文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  3. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー