ピクシブ百科事典

泡浮万彬

あわつきまあや

泡浮万彬とは、『とある科学の超電磁砲』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:南條愛乃

プロフィール

学年常盤台中学一年生
身長162cm
体重45kg
スリーサイズ85・55・79

※「とある科学の超電磁砲BD5巻」特典ブックレットより。

概要

常盤台中学1年生。白井黒子の級友で水泳部員。
髪型は黒のロングヘア。湾内絹保とはクラスや部活が同じで共に学舎の園内の学生寮に住んでおり、能力の系統も近い。派閥には未所属。婚后光子とも仲が良い。
登場シーンのほとんどが湾内絹保と二人セットであり性格も似通っているが、二人きりの場面ではどちらかというと湾内に対するフォロー役が多い。
なお、御坂美琴に対する黒子のスキンシップを目撃した際、絹保が赤面していたのに対して彼女はドン引きしている。過ぎた同性愛は受け付けないようだ。

パートナーの湾内とは似たような体型かと思う人が多いだろう…
ところがぎっちょん実際は中1でバスト85もあり、何と先輩の婚后よりもでかい。さらにウエストや体重も湾内より少なく、地味にとんでもないスタイルの良さを隠し持っているキャラだったりする。なお設定資料上はあの固法先輩と同じバストサイズである。
身長の方も中の人が同じ賢い可愛い生徒会長と同じと思いの外長身である。

ちなみに中の人である南條氏は、fripSideの第二期ボーカルとして『超電磁砲』アニメシリーズの歴代主題歌も歌っている。
それにちなんでか、レールガンタイアップの付いたfripSideの新曲のCMナレも泡浮がやっている事になっている(語尾が「~ですわ」になる)。

能力

「友人を傷つける人は私達が許しません!」


能力名流体反発(フロートダイヤル)(レベル3)
解説周囲の浮力を自在に増減させる超能力

レベル3の能力者。能力は直接視認できないため、交戦した相手は彼女の能力の詳細を戦闘中に把握できなかった(終始ただの念動力(テレキネシス)だと誤解していた)。

自身とその周囲の物体にかかる浮力を操作できる。浮力の増加した物体は持ち上げる時に軽く感じるし、浮力が0になった飛行物体はうまく飛べなくなる。
操作可能な射程距離は広くないが、一度浮力が操作された物体は本体から離れても少しの間ならば持続する。
自身の浮力を増加させれば水面を蹴っての走行が可能になり、周囲の物体の浮力を無差別に操作すれば外敵の接触から防御できたりと応用も利く。

アニメ版二期とある科学の超電磁砲Sのアニオリエピソードである革命未明編ではお姫様抱っこした湾内がビート板越しに足場に発生させた水流を浮力操作することでジェットスキーのような高速移動を可能にした。

無印では湾内の水流操作と違っていかんせん複雑すぎるため日の目を見ない能力だった。
しかし二期のとある科学の超電磁砲Sの後期OPでは湾内と共にOP出演を果たし、上述通り革命未明編で湾内とタッグを組んでいる。
とある科学の超電磁砲TのOPにも引き続き出演しているが、前期OPでは能力の視覚的表現が非常に難しいためか湾内が水流で液化人影を破壊しているのに対し、泡浮は高く跳ぶだけという非常に地味な扱いになってしまった。

関連タグ

とある科学の超電磁砲 湾内絹保 婚后光子
隠れ巨乳 着痩せするタイプ

関連記事

親記事

常盤台中学 ときわだいちゅうがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「泡浮万彬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 717943

コメント