ピクシブ百科事典

湾内絹保

わんないきぬほ

湾内絹保とは、『とある科学の超電磁砲』のキャラクター。
目次[非表示]

「私の能力、水流操作系なんです。助けていただいたせめてものお礼ですわ!」

CV:戸松遥

プロフィール

学年常盤台中学一年生
身長161cm
体重46kg
スリーサイズ80・57・78

※「とある科学の超電磁砲BD5巻」特典ブックレットより。

概要

常盤台中学1年生。白井黒子の級友で水泳部員
ウェーブのかかったライトブラウンでセミショートの髪が特徴。

性格は奥ゆかしく温厚で、喧嘩どころか怒った経験すらない。また婚后光子の少々見栄の入った言動を全く疑うことすらせず感心するなど、とても素直である。

入学当初に不良に絡まれていたところを御坂美琴に助けてもらった経験がある。
学舎の園の内の学生寮に住んでいる。派閥には未所属。
クラスメイトで同じ水泳部所属の泡浮万彬と行動を共にすることが多く、婚后光子と仲が良い。

能力

湾内さん


能力名水流操作(ハイドロハンド)(レベル3)
解説水を自在に制御する超能力

レベル3の水流操作系の能力者交戦した相手によって、その能力の詳細が判明している。

射程距離18mの範囲の水塊を自由に操作できる。但し、自由と言っても細かな塊を大量に保持することはできず、同時に操作できる水塊の数は4つに限られる。
全体で保持できる水の量は300L前後。一般的な冷蔵庫程度の容積と思えばその最大量は理解しやすいか。

水塊を相応の速度を与えることで、攻撃や防御に応用が可能。
支配下に置いている水塊は視認できなくても操れるため、操った水を内部に侵入させて内側から攻撃というダーティなこともできる。

一方で水塊自体に破壊力を付加できても、何かに衝突した水は弾けて本体の制御を離れてしまう。保持する水塊を物体と何度も衝突させていると、水塊が削れて磨耗してしまう。
などの水の供給に困らない場所ではこれを気にする必要はないが、水の限られた場所での長期戦は不得手である。

ちなみに常盤台の水泳部は水流操作系の能力者は決して珍しくないんだとか。

無印ではまだ婚后の付き人程度にしか扱われていなかったのもあり、小型の渦を発生させて罰でプール掃除をさせられていた美琴と黒子の手助けをしてくれた描写ぐらいでしか登場しなかった。

本格的に彼女の能力が発揮され始めたのは第二期のとある科学の超電磁砲Sで、アニオリの革命未明編に入った後期OPではとうとう泡浮共々出演を果たす。最終決戦で泡浮との連携プレーにより数多の駆動鎧を破壊している。

そして第三期にあたるとある科学の超電磁砲Tの大覇星祭編でついに泡浮との個人戦闘回が与えられるまでになり、上述の能力の詳細も明かされるようになった。

関連タグ

とある科学の超電磁砲 婚后光子 泡浮万彬

関連記事

親記事

常盤台中学 ときわだいちゅうがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「湾内絹保」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1199265

コメント