ピクシブ百科事典

淀城

よどじょう

淀城は、京都府京都市伏見区淀本町にあった日本の城である
目次[非表示]

淀古城

海産物や塩などが陸揚げされる「与渡津」に築かれた城
15世紀頃の築城と推測される。
何度も激戦区となった戦の多い城でもあった。
秀吉が茶々の産所としたため後に「淀殿」と呼ばれることになった。

が、後に秀次切腹事件の際に廃城となった。

淀城

1623年に廃城となった伏見城に替わって淀古城より500メートル南方に築かれた。
3つの河川の合流部を干拓して築かれたとされる。
門や塀の設置にはオランダ人によりヨーロッパ式の建築技術が採用された。
西側と北側に大型水車が設置され水を取り込んでいたとされる。

「淀の川瀬の水車、だれを待つやらくるくると」

とも地元で歌われた。

西国への睨みをきかせるための城でもあった。

幕末には幕府軍が官軍に対抗するための拠点としようとしたが、淀藩から断られる。

が、その後真っ先に淀藩は官軍に寝返っており、本末転倒な結果となった。

関連タグ



京都
水車

pixivに投稿された作品 pixivで「淀城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1706

コメント