ピクシブ百科事典

熊谷タクマ

くまがやたくま

『熊谷タクマ』とは、漫画家・佃煮のりお氏運営『のりプロ』に所属しているバーチャルYouTuber(VTuber)である。
目次[非表示]

概要🐻🍨

ひめゴト」「双葉さん家の姉弟」の原作者でおなじみ、漫画家・佃煮のりお氏が運営している『のりプロ』に所属しているバーチャルYouTuber(VTuber)。『犬山たまき』の介護人であり、苦労人である。ウー〇ーイーツを頼むと近所の公園に届いてしまう。
また、犬山たまきを通さない妹達との接触、会話は家庭の都合により禁じられている。
全員の父親が違う上、本人は妹の名前すらロクに憶えていないことから、複雑な家系であることが伺える。

Twitter開設は2019年10月11日。YouTubeでの活動は2020年8月1日に犬山たまきチャンネルでデビュー(?)。
しかしその後もコラボにしか出演せず、自身のチャンネルには自己紹介動画1本しか無い状態が5ヶ月以上続いた。当然、収益化等諸々も無かった。
配信に関してはYouTube「佃煮のりおちゃんねる【犬山たまき】」にて、犬山たまきと2名以上での配信が基本であり、メインとして「くまたま~じゃん」という初心者向け麻雀配信をしており、その企画期間の終了後は完全な不定期コラボキャラとなっていた。

得意ゲームはスマブラで、本人曰く一応VIPなので結構強いらしい。
そして2021年、1月8日、デビューから5ヶ月を経て視聴者とのスマブラ対決の罰ゲームとしてついに自枠での初配信を行うこととなる

プロフィール

種族人間?(熊)
性別男性
年齢18歳
誕生日11月18日
身長180cm
趣味ゲーム、ドラム、フットサル
職業犬山たまきの介護人
好きなもの甘いもの、可愛いもの、ロックバンド
嫌いなもの辛いもの、露骨な下ネタ
推しマーク🐻🍨


人物

犬山たまきの介護人であり、一応のりプロ1期生の長男である。佃煮のりおのリアル介護人として交流していた結果、犬山たまきの介護まで押し付けられてしまった苦労人。
佃煮のりおとの仲が良すぎるとして、愛宮みるくには一方的に目の敵にされている。不憫である。
上記の通り原則的に(佃煮のりお以外の)女性との交流を禁じられているために、のりプロ全員集合時にもハブられるため、(主に愛宮みるくによって)存在を消されがちである。不憫である。
あげく、2期生の先陣を切った鬼灯わらべからは「初配信しとらんからあの人は先輩じゃない」と存在をスルーされてしまう。

そもそも本人はYouTube等に疎く特に興味も無かったのだが、犬山たまきがゲーム配信をするためにゲーム介護を欲しがったことや、郡道美玲神田笑一ぐんかんコンビに嫉妬して男性の相方を欲したことから、なし崩しでデビューさせられてしまう。
このような経緯のため、現段階では本人がソロ配信するほどの意欲はなく、もっぱら犬山たまきの放送枠での介護担当となっている。
デビューに際し、高額な配信用の機材類を強制的に送り付けられ、佃煮のりおに借金したことにされており、借金返済のカタとして活動を強いられていた。幸いにも多くの犬山たまきリスナーからの同情により借金は早々に返済できたのだが、今度はホモリスナー達からの要求によりドスケベASMRというノルマを与えられてしまう。

なお、当初は原則的に女性共演NGとされたが、数少ない例外として神楽めあならば最初から共演許可がおりていたという。地獄である。また、バ美肉おじさんは共演OKであり、実質バ美肉おじさんこと因幡はねるには早々にカチコミされている。
基本的に仕事で関わる相手以外には興味がないし名前も憶えない性格であり、このために共演NGである同事務所のアイドル組については名前を憶えていなかった。
コラボできる相手についてはしっかりと覚えており、特に夢追翔にはすごく懐いている。

配信業そのものにはやる気も無いのだが、雑談そのものは嫌いではないようで、話し始めると脱線しまくりながらいくらでも喋る。むしろ脱線に脱線を重ねいつまでも本題の話が進まないくらいに喋りまくる。

クマたま

主に2人組が前提である、犬山たまきとのカップリング。このカップリングがやりたいがためにデビューさせられたようなものである。
犬山たまき(または佃煮のりお)とのエピソードは誰が聞いてもカップルにしか聞こえないような仲の良さなのだが、それを嬉しそうに語るたまきに対し、迷惑そうに語るタクマと、非常に温度差が激しい。
迷惑に感じても相手はボスなので迂闊に逆らえないという不憫すぎる関係のため、たびたびタクマが言葉を選ぶために無言が発生する。
めんどくさい、迷惑だ、と言いつつも聞いてる方が恥ずかしくなるようなのろけにしか聞こえないエピソードが増え続けているため、カップリングとしてのファンも多く、姫咲ゆずるは限界おじさん筆頭である。

あまりに仲が良すぎるために、彼氏扱いされたり、共演者や身内から「えっちしたの?」「一緒にお風呂は?」等のド直球すぎるセクハラを受けることもあるのだが、犬山たまき側はセクハラを否定せず悦ぶドMであるため、タクマだけが迷惑する展開になる。
伊東ライフのセフレを自称するようなホモが否定してくれるわけないんだよなぁ……。

初配信までの道のり

一般的なVTuber達と異なり、彼は自分の意志ではなく巻き添えでデビューさせられたというイレギュラーな存在である。
そのために自分でやりたい企画もそもそもの活動意欲も基本的には無く、さらに言えば仕事があるので配信時間がとりづらいという、なぜチャンネルを作らせたのか疑問に思うようなポジションであった。
よってチャンネルを見ても自己紹介しか無いという状況のまま半年が迫ろうとしていたのだが……?

2021年1月5日、犬山たまきチャンネルにて視聴者参加型のスマブラ大会を開催。
1時間の配信内でもしも5回負けたら罰として自枠での初配信が決定というツッコミどころ満載、さらにはもしも好調に勝ってしまった場合は犬山たまきに選手交代し負けを稼ぐという保険までかけられた企画であった。
しかし、いざ始まると大会はまさかの大混戦となる。
強さで名前の知られた有名プレイヤーの参戦、笑いでミスを誘ってくる奇抜なプレイヤーなど、強敵揃いの上に配信映えもする怒涛の展開が繰り広げられた。
結果、選手交代するまでもなく無念の5敗を喫してしまい、1月8日に初配信を行うことが決定となった。

なお、この通り他枠でデビューし、5ヶ月以上もの間、自枠に何も投稿していないという常識的にはありえない状態にあったチャンネルにも関わらず、3万人を超える登録者を獲得している。
これは当然ながらその活動場所であった犬山たまきチャンネルからの流れでの登録が中心であるが、上記の大会時の参戦者や観戦者から、純粋に彼のスマブラ配信への期待や挑戦のために登録し初配信を待っていたスマブラ勢の存在も確認されている。

その後は不定期でソロ配信も行うようになったのだが、あまりにも配信業に不慣れで失言が多すぎるという理由から完全にソロでフリートークさせるのは危険と判断され、原則的には背後に犬山たまき(または佃煮のりお)がいる状態で配信し、失言しそうになると後ろから蹴られる
不憫な状態であるが、蹴られるとわかってもあえて失言を声に出している節もあり、ソロ配信なのに背後から犬山たまきの声が入ってくるため、実質カップル空間としてクマたまファンには美味しい状況となっているもよう。

その他

熊谷タクマ本人や動画視聴者が使用している愛称・挨拶。

  • ファンの名称:未定
  • 配信前での挨拶:未定
  • 配信開始の挨拶:こんくまー(普通の挨拶がしたいらしい)
  • 配信終わりの挨拶:おつくまー(おつかれさまですとかにしたいらしい)

関連動画



関連タグ

一般

バーチャルYouTuber VTuber のりプロ 介護

のりプロメンバー関連

犬山たまき 白雪みしろ 愛宮みるく 姫咲ゆずる

関連リンク

関連記事

親記事

のりプロ のりぷろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「熊谷タクマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68985

コメント