ピクシブ百科事典

獅子寮厳しめ

ぐりふぃんどーるきびしめ

ウィザーディング・ワールド/ハリー・ポッターシリーズの二次創作(主に小説)において、グリフィンドールのキャラクターへ厳しめな表現がある作品に付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

ウィザーディング・ワールド/ハリポタ二次創作(主に小説)のうち、
グリフィンドール(獅子寮)の生徒や出身者へ厳しめであったりする表現が含まれる作品。

グリフィンドール厳しめとも。

ここでは便宜上、「厳しめ」だけでなく「アンチ」「ヘイト」や、
グリフィンドール全般ではなく特定のキャラクターへの厳しめ/アンチ/ヘイトについても取り扱う。

解説

多くがダンブルドア厳しめ/校長厳しめ/ダンブルドアアンチ/ダンブルドアヘイトである。
彼は光陣営側の正義の体現者であり、清濁併せ持つ複雑な面を持つ人間であり、かつ物語に大きな影響を発揮するキーマンである。
なので、彼に批判的な視点から物語を再構成するという試みはよく行われる。

また、悪戯仕掛け人(特にジェームズ・ポッターシリウス・ブラック)、ウィーズリー夫妻ハグリッドロンジニーに批判的な創作も見られる。

そもそもハリポタそのものが序盤はグリフィンドール大正義で始まり、途中からスリザリンの魅力も見えて来る(正確には、世界は白黒で分けられようなものではないことが分かってくる)という構造なので、読了後に主人公側/グリフィンドールに対して懐疑的になる者も多いようだ。

また、スリザリンセブルス・スネイプドラコ・マルフォイレギュラス・ブラックといったキャラの同人人気が高く、対するグリフィンドールが敵対者として置かれやすい。
世間の一般(原作や原書の知識のないライト層)人気ではグリフィンドールが圧倒しており、スリザリンは単なる犯罪者予備軍だと誤解やネタにされやすいという事実へのファンの反発心もあるだろう。
(もちろん、グリフィンドールのキャラも同人人気は高い。)

なんにしろ、作中だけでなく現実世界でも獅子と蛇の戦いがあると考えると興味深い。

注意

厳しめなのかアンチ、ヘイトなのかは人により線引きが異なる。
なので、無闇にタグ付けなどを強要するのはよろしくない。

といっても、人を選ぶ二次創作に注意喚起を行うのもマナー。
キャラクターを貶めるような描写がある作品には、その旨を書いておくと読者に優しいだろう。

関連記事

親記事

グリフィンドール ぐりふぃんどーる

兄弟記事

コメント