2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

真夏のダイヤ☆ 眩しいレーザービーム
浴びてギラリ Burn up!

楽曲情報

作詞三浦誠司
作曲三浦誠司
編曲三浦誠司
BPM137
歌唱萩原雪歩(CV.浅倉杏美)、百瀬莉緒(CV.山口立花子)、田中琴葉(CV.種田梨沙)、双海真美(CV.下田麻美)


概要

 『アイドルマスターミリオンライブ!』の楽曲。
 2021年10月27日発売の「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER SEASON BRIGHT DIAMOND」に収録される。

 2021年8月16日、「MILLION THEATER SEASON RADIO #1」にてシアターデイズのティザーMVと共に初公開された。
 真夏のバカンスのような雰囲気の曲調ながら、その内容は女性の失恋について。その傷心を隠すかのようなハイテンションで、夏の休暇を楽しむ女性たちの様子を描いた楽曲。
 サビ前の「はーじーけーろーーーー!!!!!」(※表記原文ママ)という台詞や、Bメロの「失恋ありえんマジ何なん?」などはっちゃけたラフな歌詞が多いのも特徴。

 作詞・作曲・編曲の三浦誠司氏は、ミリマス楽曲においては天空橋朋花のソロ曲である「Maria Trap」以来、なんと8年ぶりの参加。他ブランドでは「なつっこ音頭」「Undiscovered WORLD」「五ツ座流星群」などを手掛けている。

ソロ

 「MILLION THE@TER SEASON」シリーズの楽曲で、初めてソロ音源がリリースされた楽曲となった。
 CDの詳細についてはアイドルマスターミリオンライブ!のCDシリーズを参照。

歌唱者収録CD発売
双海真美(CV.下田麻美)THE IDOLM@STER LIVE THE@TER SOLO COLLECTION 10 76PRO ALLSTARS2022年

ライブなど

 2021年10月の「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! SEASON-@IR!!!! ~BRIGHT DIAMOND~」にて初披露。
 本公演のオリジナルメンバーの出演者は山口氏のみであったため、山崎はるか氏(春日未来役)と香里有佐氏(桜守歌織役)を加えた3名で披露されることとなり、「失恋ありえんマジ何なん?」は山崎氏、「はじけろ!」は香里氏が担当した。
 なお、本公演前のミリラジにおいて山崎氏はいつも以上にレッスンが大変という疲れ切った様子を見せていたのだが、おそらくはオリメンでない本曲の習得にコストがかかり他の出演者より負担が多かったためと思われる。

シアターデイズ

 上述の通り2021年8月16日に、「MILLION THEATER SEASON RADIO #1」にてMVが発表され、同19日に第1回開催の「プラチナスターツアービンゴ~真夏のダイヤ☆~」のイベント楽曲として登場した。
 ステージは太陽の下のプール付きリゾートを模したもので、後に「想いはCarnaval」に転用される。
 イベントコミュでは曲のイメージを掴むために、ビーチで二泊三日の合宿をすることになる。

 「MILLION THEATER SEASON」にて登場する新曲に共通の機能として、「限定歌い分け」が実装されている。

MV


オリメン配置

琴葉雪歩莉緒真美  

難易度
コース2M2M+4M6MMM
楽曲Lv51271318
ノーツ数205517387522887

試聴動画

(2:55頃~)


関連タグ

アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ
THEiDOLM@STERのオリジナル曲一覧
MILLION_THE@TER_SEASON BRIGHT_DIAMOND

MILLION_THEATER_SEASON
DIAMOND_JOKER真夏のダイヤ☆シークレットジュエル〜魅惑の金剛石〜

萩原雪歩(CV.浅倉杏美)
百瀬莉緒(CV.山口立花子)
田中琴葉(CV.種田梨沙)
双海真美(CV.下田麻美)

SEASON-@IR!!!! 山崎はるか 香里有佐

ゲキテキ!ムテキ!恋したい!:同様にらしからぬテンションで失恋のことを歌う楽曲。

関連記事

親記事

BRIGHT_DIAMOND ぶらいとだいやもんど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「真夏のダイヤ☆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85951

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました