ピクシブ百科事典

神河

かみがわ

神河とは、トレーディングカードゲーム、マジック・ザ・ギャザリングの背景ストーリーに登場する架空の次元の一つであり、その次元を舞台とした物語が描かれるカードセット名でもある。 プレインズウォーカー、タミヨウの故郷の次元でもある。
目次[非表示]

神河次元について


2004年発売のエキスパンション:神河物語で初登場した新次元。
戦国時代日本がモチーフ。
物質と定命の者が住む現し世と、神の住む隠り世の2つの世界が存在し、
人々は、自然や物質など万物に宿る「神」を崇め、共存して暮らしていた。

人間はもちろん、鼠頭の獣人である鼠人(鼠)・狐頭の獣人である狐人(狐)・樹海に住み鱗に覆われており四手二足で指は三本の大蛇人(蛇)・非常に長い手足を持ち甲羅を持った悪忌ゴブリン)・雲の中に住み深い知識を持つ空民(ムーンフォーク)といった様々な種族が暮らす物質の世界である “現し世”と、最高神:大口縄率いる神々(精霊・妖怪等々含む。ゲーム上の表記はスピリット)の住む場所である“隠り世”という2つの世界がともに存在する次元である。

なお、神河ブロックの背景ストーリーは遥か昔の時代の出来事。
これ以降にエキスパンションの舞台になった事は無い為、現在の時勢は不明だが、
神河出身のPWが存在するため次元そのものは健在だといえる

キーワード

自然や物質に宿る存在。神河の人々の崇拝対象である。
後のテーロスアモンケットの神とは異なり、
神河の神は英語でも「Kami」表記、テーロスやアモンケットの神は「God」表記で表されて、
種族名でも「スピリット」とされている。
現し世と隠り世を隔てる「世界の帳」を司る神河最高の神として、大口縄(おおかがち)が存在し、
神河ブロックの物語では大口縄の元よりある「大切なもの」が奪われたことで人々と神の戦い、「神の乱」が引き起こされてしまう。

関連タグ

MTG
次元(MTG)
タミヨウ

ミラディン・ブロック → 神河ブロック → ラヴニカ・ブロック

外部リンク

『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける神河次元の紹介ページ

非公式リンク

M:TG Wikiにおける「神河」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「神河」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 857

コメント