ピクシブ百科事典

經天子

けいてんし

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「拂天光,照汗青,一步人生終不悔;石中火,夢中身,羽扇輕搖任風流。」

概要

称号:玉指聖顏(ぎょくしせいがん)

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。

西武林にある汗青編の最高補佐官。汗青編御主・悅蘭芳の弟。兄以上の野心家で、御主の座を簒奪し、失脚後は邪能境を経て苦境冥界の主にのし上がった梟雄。侮辱や挫折に遭ってもくじけず、不撓不屈の精神の持ち主。

兄の悅蘭芳との仲がかなり悪い。

赤い兄者 と 黄色い弟者



プロフィール

性別
初登場霹靂英雄榜之爭王記 第4集
退場霹靂兵燹 第37集
根拠地風簷春秋、汗青編、坤靈界、邪能境
身分汗青編最高補佐官、汗青編の主、坤靈界執府、邪能境の主、冥界の主
化身汗青編御主、偽悅蘭芳、地獄死神
家族悅蘭芳(兄)
友人東陵少主
同修鬼隱
部下月飄霜、銷魂夜媚、穿雲豹、滅輪迴、偃雲溪など多数
所有物陰陽双冊、陰陽師の遺骸


人物

滅境先天・蟻天海殤君が海鯨島の戦いで壮絶な戦死を遂げた時、彼の最大の願いは汗青編で名を残すことだった。汗青編は元々神聖な組織のはずだが、その崇高たる作風はすでに変質し、中原正道の人たちと敵対した。そんな汗青編の方針を変えたの者が經天子である。

彼は野心を抱いており、権勢と名利を求め、兄不在の隙を突いて御主の座を簒奪した。魔劍道と協力し、坤靈界の人員を配下に入れて地盤を固めたが、悅蘭芳が御主の座を奪い返したことにより失脚。

挫折に遭っても、經天子はしばらく魔劍道に頼り生き延びた。この間、偶然封靈島で拾った陰陽双冊で邪能境の武学を極める。「霹靂兵燹」にて、邪能境と犴妖族が冥界の主を争っている最中、地獄死神と化して再登場を果たす。

鬼隱と共謀して邪能境の主である九曲邪君を暗殺し、騒乱の中で瞬く間に邪能境の人員を臣従させ、邪能境の主になる。犴妖族の長・犴妖神の死後、冥界の主の位を継ぎ、冥界最高の権力を握った。

迫りくる冥界天嶽の侵攻に対抗すべく、素還真ら中原正道と連携する。わざと素還真に負けたと演じて、天嶽側を油断させ、天嶽外殿の軍師である負平生を死なせた。しかし負平生の死はすべて冥界天嶽の主席軍師・四無君の策のうちであり、策に嵌った經天子は追い詰められ、重傷を負った。

瀕死になった彼は逍遙子(鬼隱)に救出され、兄悅蘭芳の墓の前まで連れて来られる。
これ以上利用価値がないと判断した逍遙子は彼を殺し、墓石すら立てずに無残な最期を遂げた。
經天子の死後、鬼隱は邪能境の主になった。

死ぬ直前でも天下の覇権を握ろうと考えており、その不屈な精神を見せた。

関連タグ

霹靂布袋戲
悅蘭芳

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「經天子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60

コメント