ピクシブ百科事典

実在の人物

尾張・織田氏
 近世の大名家。越前国の守護・斯波氏に仕え、1402年(応永9年)頃、常松(じょうしょう)が守護代となり尾張に拠点を移した。
 応仁の乱で斯波氏が分裂して争うと織田氏も岩倉・清州に分かれて対立、清洲織田家家老の織田信定・信秀父子が本家をしのいで台頭。続く信秀の子・信長が尾張と隣国を破り、1568年(永禄11年)に室町幕府13代将軍・足利義輝の弟・足利義昭を奉じて上洛を果たした。
 信長は各地に柴田勝家羽柴秀吉などの有力武将を派遣して対立する武田勝頼浅井長政などの大名、本願寺比叡山延暦寺などの寺社勢力を屈服・滅亡させ、将軍に据えた義昭を追放して幕府を滅亡させたが、1582年(天正10年)6月2日未明、重臣・明智光秀の謀反にあい自刃した(本能寺の変)。
 信長の嫡男・信忠はこの変事に逃亡することなく二条御所にこもり明智勢を迎えて奮戦したあげく自刃し、織田氏の跡目争いを羽柴秀吉に利用されて分裂、急速に没落する原因となった。
 なお、江戸時代においては信長の次男・織田信雄の子孫が出羽国・天童、丹波国・柏原でそれぞれ2万石、信長の弟織田長益の子孫が大和国芝村・同国柳本でそれぞれ1万石を領して存続した。各家は明治時代において子爵級の華族になった。

織田氏の主な人物
 織田信秀 織田信長 織田信広 織田信勝 織田信包 織田長益/有楽斎 織田信忠 織田信雄 織田信孝 

その他の実在の人物
 織田信成 (フィギュアスケーター。織田信長の子孫といわれる)
 織田裕二(俳優。)

架空の人物

 織田信奈 (『織田信奈の野望)
 オダ・ノブナガ (『ノブナガ・ザ・フール)
 織田ノブナガ 『戦国乙女

織田吉法師(Fate)/魔王信長(Fate) (『Fate/GrandOrder』)

関連記事

親記事

名字 みょうじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「織田」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86014

コメント