ピクシブ百科事典

若者の黒魔法離れ

わかもののくろまほうばなれ

森田季節原作のファンタジー小説。「小説家になろう」にて連載されていた。正式名称が長すぎるので、本項では略称をタイトル代わりにする(詳細は後述)。
目次[非表示]

注意!

なろう系の作品ではよくある事だが、正式名称が「全角30文字以内」という制限をオーバーしてしまう為、正式名称をそのままピクシブでタグに付けようとすると無効なタグになってしまう。

そのため、イラスト等を投稿する方はこの辺りを注意して欲しい。

概要

正式名称は
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!」。
森田季節氏原作のファンタジー小説。小説家になろうで2016年から連載が開始され、2019年11月に完結。

森田氏がなろうで同時に連載しているスライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたと同じく基本はどこか現代日本に似たファンタジー世界が舞台のほのぼのとしたコメディだが、こちらは異世界転生物ではない。

また、森田氏の就職活動やサラリーマン時代の実体験を元にしており、就職活動事情やブラック企業過労死問題などもたびたび出てきており、ファンタジー世界に置き換えた現代日本のサラリーマン事情や社会問題を描いた作品と言える。

さらには、「スライム~」とは逆に性的描写が多く、各章のオチは主人公が女性キャラと「サキュバス的なことをした」等としめるのがお約束となっている(ただし、詳細な描写はボカされている)。

集英社のダッシュエックス文庫で書籍化されており、既刊6巻。イラストは47AgDragon(しるどら)氏。2020年発売予定の7巻が最終巻となる……はずだったが、現在、7巻の刊行は何故か白紙状態となっており、書籍版は事実上打ち切りとなってしまった
出水高軌氏の作画で漫画版もマンガUP!、ニコニコ静画等で連載中。既刊5巻。
※漫画版では原作でボカされていた性的描写がある程度‥‥どころかかなり際どいところまで描かれており、連載時にはいわゆる「黒海苔」で乳首や局部などを隠す処置がとられ、読者からは「黒(海苔)魔法」等と呼ばれている。単行本では黒海苔は全て外されている。
そのせいか、森田氏曰く「電子書籍版がすごく売れている」とのこと。

あらすじ

魔法学校を卒業間近の青年フランツは、成績が良いにも関わらず面接が苦手なことが災いし、白魔法での就職先が決まらずに無職のまま卒業の危機に陥っていた。
見かねた学生寮の職員リーザに勧められてダメ元で、「キモイ(「キツイ」ではない)・キタナイ・キケン」の3K業界と言われ、人気のない黒魔法の会社を受けることに。
しかし、その会社「ネクログラント黒魔法社」は社員が快適に働けるように、「キレイ・カイテキ・カイホウテキ」のNEW3Kをスローガンに職場環境を改善した超ホワイト企業だった。

さらに、フランツが試しに使い魔を召喚したところ、上級悪魔であるサキュバスのセルリアを召喚し、黒魔法の適性が高いことが判明する。

こうして、ネクログラント社に入社したフランツは、ケルベロス娘の社長ケルケルやセルリア達とともに、時には社会の荒波に立ち向かいながらも、楽しく社会人生活を送っていく。

登場人物

ネクログラント黒魔法社

  • フランツ

物語の主人公で「王都国際魔法学校」出身の新米魔法使い。成績優秀だったがコミュ力が皆無だったため、就職活動では面接で30社以上連敗中だった。物語開始時点で18歳。
リーザの紹介でケルケルの面接を受け内定を獲得し、卒業後にネクログラント社に入社。精力的に働きながら様々な問題の解決に取り組む。
上級悪魔であるセルリアやメアリを召喚したりと黒魔法の素質が非常に高いのだが、実は先祖に国家滅亡を企てるほど凄まじい力を持った黒魔法使いが居たことが判明している。
真面目な努力家で正義感も強い。様々な女性と「サキュバス的なこと」をしょっちゅうしているが、別に彼自身は好色という訳ではない。
※そもそも、この世界の黒魔法には性的な物が絡んだ儀式なども多く、フランツはまだ奥手な方。さらに言えば、ほぼ毎回女性の方から迫ってきている。

  • セルリア

センシティブな作品


物語のメインヒロイン。ただし、他の女性キャラがメインの章も多いため、出番が少なめなこともある。
淫魔の名家「オルべイン家」出身のお嬢様サキュバス。ナイスバディに清楚な顔立ち。性的なことも含めて公私にわたり献身的にフランツを支える良妻賢母な人。ネクログラント社ではアルバイト扱い。
フランツに使い魔として召喚されたが、優しいフランツに本気で惚れており、「使い魔と主」というよりは「相思相愛の若いカップル」(漫画版ではフランツに一目ぼれしたかのように描写されている)。
サキュバスであるためフランツが半ば成り行きで他の女性と「サキュバス的なこと」をするのには寛容どころか歓迎している(曰く「ご主人様の『性長』はむしろアリ」)。ただし自分はフランツ一筋。
「露出の少ないサキュバスはサキュバスに非ず」という考えを持っており、どんなに寒くても厚着はしない主義。なお、上記イラストの服装は礼服であり、普段着は水着同然のより露出度が高いもの(メイン画像参照)。
後に「灰色魔法」という魔法をフランツが取得するための儀式で彼の妻となる。儀式上のことであるが上記の通り両想いであり、呼び方もプライベート時にはそれまでの「ご主人様」から「あなた」に変えている。
ただし、本人曰く「愛人ポジションの方が燃える」らしく、最終章でフランツがアリエノールと結婚することになった際も、むしろ歓迎しており、そのまま嫁公認の愛人となった。

  • メアリ

黒魔法離れ2


正式名称は『名状しがたき悪夢の祖』という伝説の悪魔で、メアリは愛称。フランツが半ば誤って召喚してしまった。外見は14歳くらいの少女で、一人称は「わらわ」だが、口調は普通のツンデレ娘。悪夢を生み出し、他者にそれを見せる能力を持つが自分もその悪夢を経験するため不眠症になっている。
実の兄に禁断の恋心を抱き、告白したところ兄が「このままではいけない」と自分のところを去って行ったという過去を抱えていた。それによって悪夢を見るようになっている。
どこか兄の面影のあるフランツが気になっていたが、彼女もすぐに本気でフランツに惚れ、添い寝することで自身の不眠症も解消された。召喚時の契約終了後もフランツと同棲し、ネクログラント社に入社する。伝説の悪魔は伊達ではなく、天才揃いのネクログラント社でも最強の存在。
セルリアほど性には寛容ではなく、フランツが他の女性と「サキュバス的なこと」をするのに少しだけヤキモチを焼くことも。
本作の合法ロリ枠その2(その1はケルケル)。

  • ケルケル
ネクログラント黒魔法社の社長。16,7歳くらいの小柄な犬耳少女に見えるがそれは仮の姿で、実年齢は5世紀ケルベロス
真面目で社員の事を第一に考える経営者の鑑のような人。普段は温厚だが、ブラック企業などの理不尽には静かに怒ることも。また、自身の経験則を踏まえた的確なアドバイスをすることも多い。
本作の合法ロリ枠その1。

  • ファーフィスターニャ
長い黒髪の人間の女性。落ち着いた雰囲気‥‥に見えるがどこか変でマイペースな性格。フランツと同じ魔法学校の卒業生。フランツと同様に就活に苦戦していたところをケルケルに出会い、ネクログラント社に入った。
実はかなりの天才黒魔法使いで、編み物に魔方陣を組み込んだマジックアイテム作成が得意。
実年齢は70代だが、胸の大きさを生贄に黒魔法で若返っており、見た目は20代半ば。
貧乳キャラのはずなのだが、漫画版ではそれでも十分に大きい。本当に若かったときはどれほどだったのか‥‥。

  • トトト
陽気で姉御肌なダークエルフの女性。普段は下着同然の露出度の高い服を好んで着る上に、家では裸で過ごす裸族
ドラゴンスケルトンの「天翔号」でドラゴンスケルトン運輸を担当している。
元は天翔号で友人のエルフと共に走り屋「癒愚怒羅獅琉(ユグドラシル)」をしていたが、友人が事故死し、追われるように故郷を去り、紆余曲折を経てケルケルに拾われたという過去を持つ。

  • サンソンスー
ワニ獣人のボクっ娘。水に干渉する青魔法も使えるので、海の管理を任されている。
以前は青魔法使いとして、別の企業で働いていたが独占状態ゆえに適当な仕事ばかりするその企業に嫌気が差し、上司に意見したところ解雇された上に青魔法業界から干されてしまい、ケルケルに誘われてネクログランド社に就職した。(ちなみに前いた企業はその後、他の企業に仕事を奪われて潰れている)

  • レダ
十字傷のレダ』の異名を持つ元義賊。若い女性に見えるが、彼女も黒魔法で若返っている。ケルケルにスカウトされてネクログランド社に籍を置くライターとして活動している。
正義感が強く、義賊時代から悪党退治専門だった。現在でもそれは変わらず、クルーニャの就職先が実はブラック企業で鬱病で倒れてしまったときは、同様の被害者を取材し雑誌に公表したりと違う形で悪と戦っている。
近接戦闘能力が極めて高いが、自分で魔法陣を考えてオリジナルの黒魔法を使うなど黒魔法使いとしてもかなりの実力を持つ。

  • エンターヤ
営業担当をしているヴァンパイアの女性。以前から他の企業で営業をしていたが長続きせずに転職を繰り返していたが、堅実なネクログランド社は彼女の肌に合うらしく、現在は稼ぎ頭となっている。
営業職ゆえかマナーにはかなりうるさく、田舎屋で働くホワホワに対し接客のイロハを叩き込んでいる。

  • クルーニャ
そばかす顔の少女。魔法使いでない一般市民。
彼氏に騙されて一文無しになり、自殺しようとしたのをフランツが助けた。その後、フランツがケルケルに直談判し、ネクログラント社で住み込みのアルバイト(掃除担当)として働くことになった。
フランツたちに感謝しつつも、甘えてばかりではなく早く自立しようと就活もしているが、働き先がブラックバイトやブラック企業ばかりで、悲惨な目に会ってばかりの薄幸少女。

  • ムーヤン・サルフェンド
フランツの後輩にあたる新入社員で事務担当。彼女も魔法使いではなく、イジメなどで学校に通えなくなった子供を対象とした支援施設の出身。以前の就活でそのことをバカにされるも、それをバネとする負けん気の強い少女。
ただ、やや自分を卑下する癖がありフランツにどう呼べばいいか聞かれた際には「『ザコチビ』とか『田舎クズ』とかでも結構です!」と語っている。
なにげに登場人物の中で唯一フルネームが明らかになっている。

  • グダマルポロズワンナ
通称グダマル博士。
魔界に居を構えるネクログランド社が資金援助している研究所の所長(といっても助手はいないのだが)をしている魔族の女性。
黒魔法を発動する際に要求される生贄を生物に関する物以外で代用できないか、という研究をしていたが、フランツが来るまで何一つ成果を挙げられていなかった。
白魔法使いでもあるフランツの助力で問題解決のメドが立ったことを機に人間界に移り、半ば強引にフランツたちと同居する。
本作の合法ロリ枠その3。

魔法学園関係者

  • リーザ

魔法学園の寮母。フランツより少しだけ年上で「リーザちゃん」と呼ばれる。
ケルケルとはカフェ友達で、就活に困っていたフランツに彼女を紹介する。

  • ドルク
フランツの同級生で、田舎貴族の五男。厄介払いで魔法学校に入れられ、その反動で優等生に上り詰めた努力家。
卒業間際に黒魔法の才に目覚めた上にセルリアを使い魔にしたフランツの才能を疑い、自分の実力を超えたことに納得いかず自身の使役するゴーレムと使い魔による決闘を挑むが、セルリアの触手魔法に完敗。
勝者への代価として、自分の所持している男爵位と領地である田舎の集落「ファントランド」をフランツに譲渡した。
漫画版では「フランツをライバル視している」という設定が追加されている。

  • ソント
フランツの同級生。あまり成績は良くなく、学園を卒業はしたが魔法関連の定職に着けずバイトで食いつないでいた。
それも次第に長続きせずにクビになっては次のバイトというのを繰り返しており、お金が無くなり住居を追い出されていたのを再会したフランツが見かねて一時期面倒を見ていた。
トトトの助言により、彼が魔法で食べていける能力がなく、このまま魔法関連の仕事にこだわっていてもジリ貧になると気付いたフランツは心を鬼にしてソントを説得。親元に戻ることになった。
その後は、魔法とは関係のない仕事に就くことができ、生活は安定するようになっている。

その他

  • ホワホワ

ファントランドの沼地に住む種族「沼トロール」の少女。
見た目は若いが350歳。これでも一族では最年少で、唯一人間の言葉が話せる。ややカタコトで語尾に「がう」「がうがう」と付く。
村を訪れたフランツと出会い、住処の沼を守ってほしいと頼んでいる。
その後、王都にオープンした居酒屋「田舎屋」で働いている。

  • リディア
セルリアの姉のサキュバス。性格は妹とは正反対でかなり軽くギャルっぽい。厳格な父親に反発しがちでこうなったらしい。父親曰く「土下座したら童貞を捨てさせてくれるサキュバス」として有名。ただ、セルリアの事は姉として心配しており、フランツとセルリアの仲を応援している。
余談だが、ニコニコ静画の漫画版で、「土下座したら~」の件が出た時、「土下座します」というコメントが大量発生したとか‥‥。

  • アリエノール

黒魔法離れ


黒魔法業界の合同新人研修でフランツが出会った女性の黒魔法使い。「モルコの森」にある「カーライル魔法商店」の跡取り娘。「~なのだ」など男っぽい口調で態度も大きい。ただし、我流のためか技量はそれほどでもない。
研修で出会ったフランツのことを一方的にライバル視しているが、彼に好意も抱くようになり、なんだかんだで現地妻(?)的関係に落ち着く。
実は料理が上手く、幼少期はレストランを開くことが夢であり、後に実家の魔法商店でレストランも兼業するようになる。
さらにしばらくして、王都に出店するために移住。フランツの協力もあり店も軌道に乗ったのだが、最終章でフランツの子供を妊娠彼と結婚した

  • ヴァニタザール
ケルケルの旧友のネクロマンサーの女性で精神を操る紫魔法の使い手。やはり黒魔法で若返っている。
昔はいい会社を作ろうとしていたが、雇った従業員に裏切られて全てを失い悪堕ち。人権を認められていないからとアンデッドを強制労働させるブラック企業の社長となっていた。
フランツやケルケル達の活躍でアンデッドを解放され、さらに自分の苦しい胸の内を吐き出したことで改心。会社の経営方針を改善し再出発した。
‥‥なのだが、色々とアブノーマルな(性的な)プレイを好むド変態であり、頻繁にフランツがその相手をする羽目になっている。

用語

  • ネクログラント黒魔法社

ケルケルが社長をしている会社。王都の郊外にある古い元が会社(兼ケルケルの住居)。社員は十人ほどの中小企業だが、実力者ぞろいの少数精鋭。
キレイ・カイテキ・カイホウテキ」のNEW3Kをスローガンにしており、初任給は平均の倍の銀貨40枚(劇中の描写から、銀貨1枚=1万円くらい?)。基本8時間労働。広くて一戸建てで家賃たったの銀貨1枚の社員寮完備など、超の付くホワイト企業。
主な仕事はインプやワイトを使っての沼の掃除やお墓や荒れ地の整備、上記のドラゴンスケルトン運輸等。

  • 黒魔法継承式
黒魔法業界で新人に黒魔法を教える為の儀式で、熟練の黒魔法使いと新人が正式な作法に則り、性的な行為を数時間することで、大量の基本的な黒魔法を伝授できる。
作中では、フランツとサンソンスーがケルケルとこれを行っている。

  • 王都国際魔法学校
フランツやドルクの母校。プロの魔法使いを育てる教育機関。
我々の世界の大学に近いが、期間は18歳までの4年間。
なお、新卒者が就活に苦労するのも我々の大学に近く、フランツが苦戦していたところから物語は始まる。

  • ファントランド
フランツがドルクから男爵位と共に譲渡された田舎の集落。戸数6、人口21人(15歳以下は1人)の限界集落。他にも先住民である沼トロールが50人、村の沼で暮らしている。
唯一の特産品は「ドブロン」という濁り酒で、酒にうるさいメアリやトトトが認める絶品。
村おこしのための大型商業施設誘致の話が持ち上がっており、沼が埋め立てられそうになっていたが、フランツが沼トロールを守るために話を断り、代替案としてドブロンの増産、販売計画を企画。ファーフィスターニャの協力で増産体制が整い、沼トロールを雇うことで人材不足も解消されトロール側も外貨獲得の手段を確保。現在は販売が軌道に乗り出している。
なお、商業施設の件は、実は悪徳業者による詐欺まがいであることが判明し、業者は後に役人との癒着で逮捕されている。
その後、王都でドブロン普及のためにドブロンとファントランド料理の居酒屋『田舎屋』を出し、そちらも好評となっている。

外部リンク

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!

関連タグ

小説家になろう
サラリーマン

若者の○○離れ

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「若者の黒魔法離れ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38752

コメント