ピクシブ百科事典

声優田中敦子

概要

稲荷大明神の主神兼閻魔大王の部下、そして世界悪女の会のメンバー。
閻魔庁お迎え課の課長であり、その美容から開設当初の閻魔庁で求人ポスターのモデルに抜擢された。
鬼灯曰く「誰でも一回は妄想するイカン女教師」。
死期をドンピシャで見極められる能力を見込まれ、鬼灯にお迎え課にスカウトされた。その後、荼吉尼に叱られたいドM獄卒が集まる人気部署となり、人員が大幅に増えた。

ひたすらに淡々としており、常に冷静で感情の起伏に乏しい。
物事に対する執着が薄く、損得勘定で動く傾向が強い。
よく言えば臨機応変、ぶっちゃければ現金で気分屋な性格といえる。

本性はインド鬼神ダーキニー」で、死期の近い人物を襲って、その肝(心臓)を食らう鬼女であった。
妖狐野干は、本来は彼女の眷属であり、彼女が稲荷神と集合されるのも、野干が妖狐の一種と数えられるため。

平安時代に日本に渡って来た。
当時日本に潜伏していた妲己と出会い頭で意気投合し、そのまま好き放題やっていたが、ウカノミタマ尊に「二人のせいで祟りを起こす神だと風評被害がひどい」と咎められることに。
そのタイミングで閻魔庁から荼吉尼のスカウトに来た鬼灯と出会い、両者の仲裁に入ったうえにウカノミタマとの連携も提示されたこと(ウカノミタマには豊饒神の陽の面と日本全土の狐たちを統括することによる臨死者の関知、荼吉尼は祟り神としての陰の面と死者の肝を対価に臨死者の判定)から、閻魔庁への就職を決意した。

関連タグ

鬼灯の冷徹

pixivに投稿された作品 pixivで「荼吉尼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33348

コメント