ピクシブ百科事典

赤羽線

あかばねせん

JR東日本の池袋駅~赤羽間を走る路線。現在、全区間が埼京線の一部になっており、駅や時刻表などの案内で使われることはほとんどない。
目次[非表示]

概要


今日では埼京線ですっかり定着し、名前を聞かなくなった路線名であるが、2016年現在も同区間の法令上の正式名称は「赤羽線」である。
1885年に当時の日本鉄道が現在の山手線の源流とも言える路線を、品川~赤羽間で開業したのが始まりで、永らく山手線の支線扱いを受けていた。1972年に「赤羽線」として名称が独立。
使用車両も山手線と同じ103系電車(カナリヤイエロー)で、後に埼京線開通まで使われ続けたので、赤羽線といえばこのイメージが強い。

1985年東北新幹線上野駅開業に伴い、沿線住民への見返りで赤羽~大宮間の沿線に東北本線の別線(支線)が作られ、赤羽から池袋まで乗り入れる「埼京線」が誕生。運行名称としての赤羽線はこの時点で使われなくなった。
なお、埼京線は案内上用いられている路線愛称であって、正式路線名ではない(解釈を変えれば「赤羽線」の電車が山手線(山手貨物線)と東北本線支線に乗り入れているだけ、という事になる)。これは京浜東北線などと同様。

余談

湘南新宿ライン山手貨物線)とは赤羽線区間が完全に競合するが、赤羽-池袋間だけを比べれば、途中停車駅があるが距離の短い埼京線経由の方がノンストップで遠回りの湘南新宿ラインより若干早い。

関連タグ

JR東日本 埼京線 山手線 川越線

  • 京浜東北線:路線名として定着した、正式路線名ではない一例。
  • 片町線JR西日本の路線。現在では「学研都市線」の名称がつかわれるが、正式名称は現在も「片町線」。
  • 桜島線:元々は現在の大阪環状線(旧・西成線)の一部として開業、環状運転化後は支線のようになり、現在は「JRゆめ咲線」の愛称がつけられ、案内的には正式名称が聞かれなくなった点、と103系が永らく使われいた点で赤羽線と一致。

関連記事

親記事

JR東日本 じぇいあーるひがしにほん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「赤羽線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1034

コメント