ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

注意編集

この霧雨魔理沙はあくまでもlagoon9673氏の動画内でのキャラクターであり原作東方projectとは一切関係がありません。

また、本記事は親記事の肥大化に伴って作られたものです。


概要編集

lagoon9673チャンネルの主要実況メンバーの一人。


通称・『魔理沙先生』。

物知りで、実況中はその知識を使い仲間のサポートをしたりまとめ役をしたり等の活躍をしており、よく『先生』と呼ばれている。なんならウィキベテアと脳が直結してWi-Fiが飛んでいるとすら思われるほど信頼されている。

どこかおっとりしてる所があり、動画内唯一の完全な常識人。

魔法薬を作る事や勉強が好きで努力家だが、自身の事を凡人だと思っている。また、思い込みが激しく、思考がややマイナス寄りになりがちで周りが指摘するまで気づかない事も多い。


うp主はメインメンバーの中でも少し年上としてしている(17~25歳ほど)のだが、宇宙人半人半霊の庭師兼死神代行吸血鬼姉妹含めそもそも年齢が不明または種族的に上な者が多い為、精神年齢の事を指している可能性が高い。(東北イタコよりも年上という発言や、タバコの吸える年齢と言った発言がある)

そして、2024年にシュガーによりリークされ29歳のアラサーである事が明かされた。


また、魔法使いである故か身体能力は低いらしく、【妖怪の国】の寅丸&ナズーリンとの戦いで箒を失い、走って先に向かう場面ではその足の遅さや体力の無さを霊夢にキレられた。

無題


最序盤は実験で作った薬を無理矢理飲ませようとしたりしてそれが原因で面倒くさいことになったり、妖夢と結託してくじ引きに細工をして霊夢に面倒ごとを押し付けたり、霊夢と行った花札でイカサマをしたりするなど到底ツッコミ役とは思えない行動をしていたが、『不思議の国のフラン』で【影の国】の王女から諭されたことで素直になり今の性格・立ち位置に落ち着いた。また、生首だけの存在である『ゆっくり』を人型にする薬を開発し、それが『不思議の国のフラン』で大きな役割を果たした。

根は真面目で善人。

研究に没頭して、暗い中での作業とかをしているせいで若干視力が落ちてきている。


余談だが、リメイクされた動画では花札はあくまでも暇つぶしの遊びに変化し、イカサマも花札の裏面の傷や汚れを全て記憶してどの札が来るかを認識する、等少しだけマイルドかつ魔理沙の記憶力の高さを出す演出に変わっている。(妖夢とのイカサマ結託もなかった事にされた)


実はたけのこ派であることが明かされた。その際にはきのこ派の霊夢&妖夢に洗脳されてフレンズもびっくりなほど語彙力が低下した。


周りにいる人たち皆の事が好き。ただしヤマメテメーはダメだ


霊夢と出会う前は自身の事を嫌われ者の魔法使いと呼び、他人との関りを極力避けていたが、そんな魔理沙の後ろにはいつも魔理沙のおかげで変わることのできたとある三人組が居続け、共に歩み・戦ってくれていた。


実戦に限り、本家同様「弾幕はパワーだぜ!」と高威力の攻撃でゴリ押しする傾向がある。

また、そのパワーはすさまじく、【妖術】や【弾幕】を弾く『妖術【水鏡】』(物理じゃないと攻略不可能)をマスパ(【弾幕】扱い)で上から砕いた。


困っている人がいたり、何か問題が発生したら誰よりも率先して解決するなどをしていた為、周りからの信頼は厚い。


フランやシュガーを実の妹の様に面倒を見るのでとても慕われている。


ゲームは無理せずに慎重に進めていくタイプ。(知識力と学習力で足りない部分を補っている)

本人曰く、アクションゲームが苦手なのだという。


ホラーはあまり得意ではない。


過去にうp主が立ち絵を色々弄っていた時に一度だけオレンジ色の髪になったことがある。(なお、その時一緒だった霊夢&シュガーの2名からは話題に挙がるまで気づかれていなかった)


今まで作った薬編集

【心】の薬これのせいでフランからシュガーが分離した。リメイクされた動画では【ココロノモトォ】と某猫型ロボット風に取り出した。
人型になる薬(旧)生首だけのゆっくりが人型になれる薬。試作品の為、副作用としてスペルカードが使えなくなる。お湯に三分浸かると元通りになる。
人型になる薬(真)改良を重ねて作られた新薬。人型になるだけでなくスペルカードも使えるようになり副作用が消えた。お湯に三分浸かると元通りになる。
人型になる薬(幼)改良中に偶然できた薬。人型にはなれるが幼女になってしまう。お湯に三分浸かると元通りになる。
人型になる薬(世代不明)『自称・嫌われ者の魔法使い』にて登場。人型になれるだけでなく普通にスペルカードを使用できる。ただし、生命力を魔力に変換し続ける為に長時間の使用は生命にかかわる。これを改良したものが【人型になる薬(旧)】だと思われる。
天才になる薬通称『新世界の神(笑)になる薬』。飲むだけで今までの数倍頭が良くなる。チルノに依頼されて作製した。
ドーピング薬正式名称不明。身体能力を向上させたり、弾幕やスペルカードの威力を上げる事ができる。
回復薬正式名称不明。その名の通り回復をするために使用する。

使用武器編集

マスパを使用する際に使う。


過去編である『自称・嫌われ者の魔法使い』での使用が確認された武器(武器その物はそれよりも前に先行登場してる)。何かしらの特殊能力等は明言されておらず恐らくはただのバール。長らく行方不明だったが、自称美少女コスプレイヤーヤマメさんがDaiちゃんに売っ払い、魔理沙の手に戻った。


関連タグ編集

霧雨魔理沙

lagoon9673

シュガマリ レーマリ


【影魔理沙】


ネタバレ注意編集




























『自称・嫌われ者の魔法使い』にて地球に現れゆっくりたちを実験サンプルとして誘拐し始めた宇宙人と戦闘。

当初は一人だけで戦っていた為に途中でスタミナ切れになり追い詰められるも、アリス・妹紅・幽香が助けに入る。そして三人に諭された魔理沙は一人ではなく皆で立ち向かう事を決意し、それぞれが役割を持って戦闘を開始する。


宇宙人(量産個体)を破壊しまくり、増援が投入されるタイミングで宇宙船の投入口へ目掛けて攻撃し、そこに生まれた隙を突いて侵入に成功する。


その後、霊夢との最終決戦が始まった。

当初は【FieldCapture】によって押されていたが、絶体絶命のピンチに陥った際に博麗project元責任者で霊夢の母親でもある存在が死ぬ前に残した思いが魔理沙に反応し、魔理沙も【FieldCapture】を得る。

それによって純粋な勝負へと持ち込んだ。


だが、戦っている内に空間を幾つも突き破ってしまい、ゆっくりたちが収容されている場所に付いてしまった。そして、霊夢の攻撃が流れ弾となりこいしへ着弾しそうになり、間一髪で魔理沙は身を挺して守った。

しかし、それは魔理沙に致命的な傷を確かに与えていた。


そんな状態になっても魔理沙は霊夢の事を優先した。戦闘中に失われていた霊夢の心が戻って来ている事を確信していたから。

霊夢に優しく語り掛けながらその体を抱きしめた。

そして、最後の最後、その命が尽きる瞬間まで霊夢を抱きしめ続け、存在ごと消える。


だが、魔理沙の死が失われていた霊夢の心を完全に取り戻し、「死んでほしくない」「居なくなって欲しくない」という感情を芽生えさせた。

心を取り戻した霊夢は誘拐していたゆっくりたちの記憶からバックアップを作成し、なんとか魔理沙を復活させた。

しかし、不完全なバックアップだったが故の代償か、魔理沙本人は事件その物を覚えていなかった。正確に言うならば宇宙人と戦った所だけではない、事件よりずっと前、まだ一匹狼だった頃まで戻ってしまっていた。

それもあって、魔理沙視点からすると霊夢はいつの間にか街に居ていつの間にか一緒に居るようになった宇宙人、という認識がある。


また、復活による影響なのか、【ゆっくり】ではなく【人の形】で再構築されてしまっている。

関連記事

親記事

lagoon9673登場キャラ一覧 らぐーんくろなみとゆかいななかまたち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました