ピクシブ百科事典

青眼の混沌龍

ぶるーあいずかおすどらごん

青眼の混沌龍とは、トレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』のモンスターカードの一種である。 闇属性・ドラゴン族の儀式・効果モンスターであり、「ブルーアイズ」、「カオス」に属する。 映画『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』において海馬瀬人が用いた「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」の派生カードである。
目次[非表示]

カードテキスト

青眼の混沌龍
儀式効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守0
カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):「青眼の白龍」を使用して儀式召喚したこのカードの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。
この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。
このターン、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

概要

カオス・フォームを儀式魔法として指定しているモンスターの一つで、ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴンに続く闇属性ドラゴン族モンスター。
レベルもカオスMAXと同様であるため、レベル8である「青眼の白龍」を「ドラゴン・目覚めの旋律」などで調達し少ない消費で儀式召喚に持ち込むことができる。「高等儀式術」にも対応しているため、「青眼の白龍」を墓地に送りつつ手早く召喚することも可能。
場合によっては、レベル4で高打点の「アレキサンドライドラゴン」などを送ることも、一応考えられるが、このカードの一部の効果は「青眼の白龍」を素材とした際に発揮されるため、基本的には青眼を墓地に送ることになると思われる。

前半の効果は、相手の効果の対象にならず、「激流葬」「つり天井」といった対象をとらない破壊も受け付けない耐性。戦闘破壊までは防げないが、攻撃力そのものが高いため、このカードを上回るほどのモンスターを展開するか、対象をとらない表示形式変更カードなど特殊なものを用意しないといけないため、デッキによっては確保する間もなく、後半の効果などでライフを一方的に削られる可能性も。

後半は「青眼の白龍」を素材とした場合に、表示形式変更・貫通能力などを得られる効果。
特性上、リンクモンスターには効力は薄いが、効果によって下がった数値はターン終了後も元に戻らないため、このカード以外の戦闘に対する補助などにも有用。
条件を満たすことも、専属儀式魔法などの特性上それほど難しくない。

効果自体は非常に攻撃的で、かつ耐性も侮れないという、強烈な大型モンスター…なのだが、カオスMAXの存在や第九期以降のインフレのためか、一部のプレイヤーから有用なカードその1と思われた時期があったことが、環境変動の激しさを表している。

関連タグ

遊戯王OCG
儀式モンスター 効果モンスター レベル8 闇属性 ドラゴン族 ブルーアイズ カオス
青眼の白龍
ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン派生元)

ブルーアイズモンスター一覧


通常モンスター

レベル8


効果モンスター

レベル8


レベル10

儀式モンスター

レベル8


融合モンスター

レベル10


レベル12

シンクロモンスター

レベル9


カオス儀式モンスター一覧


レベル8

ドラゴン族


魔法使い族

戦士族

外部リンク

遊戯王カードwikiにおける「青眼の混沌龍」の項目

関連記事

親記事

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン ぶるーあいずかおすまっくすどらごん

コメント