ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

「Yu-Gi-Oh! THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK」で登場した闇属性ドラゴン族のレベル8儀式モンスターカオス・フォームを用いて儀式召喚できる。

カード

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

解説

①の効果は、相手の効果の対象にならず、更に相手の効果で破壊されないので、ミラーフォース次元幽閉等も効かず高い攻撃力と相まって場持ちを期待できる。

戦闘破壊に関しても、それを補助する表示形式変更や弱体化する事を耐性である程度防げるため、突破方法は限られており、復活の福音と相性が良く、儀式召喚の際に墓地へ送った青眼の白龍を蘇生して戦線を強化しつつ、さらに堅牢な布陣を築きやすい。

ただ、強制転移とは良薬にも劇薬にもなり得る危うい関係で、対象をとらない上に破壊を介さないため、低守備のモンスターを送りつけたうえで、②の効果の的にされかねない。
闇属性なので、ウイルスでフィールドから離す等の形で回避はできるが、危険な存在ではある。
もっとも、自分で使う分にはドライトロン等、
儀式召喚ギミックと相性のいい自軍の低守備モンスターを送ったうえで攻撃できる。

②は守備表示モンスターを戦闘破壊した時その守備力を攻撃力が越えた分の数値分の倍の貫通ダメージを与える効果。
こちらも攻撃力の高さから大きなダメージ量が期待でき、守備力0の守備表示モンスターを攻撃すれば1ターンキルも容易に達成できる。
積極的に狙うのであれば月の書等、能動的に守備表示にする効果と併用すると良い。
自身の守備力が0のため、逆に相手に使われ表示形式を変更されると戦闘破壊されるという意味では、欠点にもなり得ると言える。

ブルーアイズ】デッキは元からドラゴン・目覚めの旋律を採用できるため、このカードも高等儀式術と共に無理なく採用できる。
高等儀式術の場合、デッキの青眼の白龍を墓地へ送ることができ、そこから復活の福音でランク8に繋げられるため、カオス・フォームよりも採用されることが多い。
またオッドアイズ・アドベントならば要求レベルをオーバーしても達成できる上に墓地からの儀式召喚もできるので、蘇生方法として投入するのも有り。このカードによる蘇生は正規の召喚となるのもポイントであり、このカードを使う場合は如何にオッドアイズ・アドベントを使い回せるかが重要ではある。
奈落との契約も使えなくもないが、終焉の王デミスなどの有用な闇属性儀式モンスターを採用するタイプ以外のデッキでは四枚目以降のカオス・フォームとして投入するか否か程度の扱いになるだろう。
変わったところでは教導神理虹光の宣告者を経由するのもアリで焔聖騎士帝-シャルルで装備させて自身を破壊させる事で容易に儀式召喚の準備が整う。
ドレミコード】や【霊使い】といった打点の低いデッキや【イグナイト】や【宝玉獣】といったペンデュラムモンスター主体のデッキに隠し味として投入されることもある。

劇中の活躍

劇場版遊戯王ダークサイドディメンションの「遊戯vs海馬」戦で海馬が使用。
カオス・フォームで儀式召喚され、守備表示のメタモル・クレイ・フォートレスを破壊して貫通ダメージを与えた。

その後、アップル・マジシャンレモン・マジシャンの効果で攻撃力を1/4にされ、ブラマジガールに戦闘破壊された。

攻撃名は「混沌のマキシマム・バースト」。

劇中の攻撃エフェクト等は、製作当初ディープアイズ・ホワイト・ドラゴンと同じものを使っていたが、男性的なイメージを強める為に全く別物となった経緯がある。

関連タグ

遊戯王OCG 海馬瀬人 青眼の白龍  

青眼の光龍真青眼の究極竜ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン:同じく劇場版で登場した青眼達。


ブルーアイズモンスター一覧

強靭!無敵!最強!


通常モンスター

レベル8


効果モンスター

レベル8


レベル10

儀式モンスター

レベル8


融合モンスター

レベル10


レベル12

シンクロモンスター

レベル9


外部リンク

遊戯王wikiの「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」

関連記事

親記事

カオス・フォーム かおすふぉーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180558

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました