ピクシブ百科事典

3年艦隊計画

さんねんかんたいけいかく

3年艦隊計画とは1915年から始まったアメリカ海軍の建艦計画である。またの名を当時の海軍長官、ジョセファズ・ダニエルズの名から「ダニエルズ・プラン」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

1915年第一次世界大戦2年目の年、時のアメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンは悩んでいた。当時イギリスフランスなどの連合国側に好意的中立を保っていたウィルソンとしては、大西洋を挟んだ反対側にいる世界第2位の海軍を持つドイツ海軍の動向が気になっていた。
また太平洋を挟んだ反対側でも、同じ連合国側に立つ大日本帝国海軍の勢力が著しく伸びているのが目障りだった。
そこで「5年艦隊計画」で世界第1位のイギリス海軍を超える海軍を保有しようとしたが、イギリス海軍とドイツ海軍による史上最大の大海戦「ユトランド海戦」が行われたことで、予算の増額が認められたことで、3年間での目標達成を目論んだ。

建造内容

戦艦10隻
コロラド級戦艦4隻 「コロラド」「メリーランド」「ワシントン」「ウェストヴァージニア」
サウスダコタ級戦艦6隻 「サウスダコタ」「インディアナ」「モンタナ」「ノースカロライナ」「アイオワ」「マサチューセッツ」 
巡洋戦艦6隻
レキシントン級巡洋戦艦6隻 「レキシントン」「コンステレーション」「サラトガ」「レンジャー」「コンスティチューション」「ユナイテッドステーツ」
巡洋艦10隻
オマハ級巡洋艦10隻 「オマハ」「ミルウォーキー」「シンシナティー」「ローリー」「デトロイト」「リッチモンド」「コンコード」「トレントン」「マーブルヘッド」「メンフィス」
駆逐艦50隻
ウィックス級50隻 隻数が多いので省略

第一次世界大戦への参戦

ドイツのUボートによる無制限潜水艦戦、そして1917年3月に発覚したドイツによるメキシコへの対米参戦を推進した「ツィンメルマン電報事件」によって対独感情が急速に悪化、同年4月6日対独参戦を行った。
対独参戦によって小型艦艇の量産が必要となり、巡洋艦以上の艦艇が建造遅延される一方で、駆逐艦などの小型艦艇が量産された。

八八艦隊計画艦との比較

戦艦 

長門型加賀型紀伊型VSコロラド級・サウスダコタ級
単純比較では速力では日本、攻撃力・防御力ではアメリカに軍配が上がる。長門型2隻でコロラド級4隻と戦えば数の差で負け、加賀・紀伊型6隻でサウスダコタ型6隻と戦えば攻防力の差で負けるなど、正直日本側には分が悪いと言わざるを得ない。

巡洋戦艦

天城型13号艦型VSレキシントン級
隻数・攻防力両面において日本側が圧倒的に優勢であり、紙装甲のレキシントン級を1撃で撃沈される可能性さえあると言わざるを得ない。
戦艦・巡洋戦艦それぞれの戦いに決着がつけば、増援が加わることになりどちらが勝つかとは断言しかねると言わざるを得ない。

恐るべき潜在国力と計画中止

八八艦隊計画が海軍予算どころか、日本の国力を搾り取った挙句の大計画であったのに対し、アメリカにとって3年艦隊計画は余力のあるものであり、第一次大戦後に新たな艦隊計画を立てており新戦艦6隻、新巡洋戦艦6隻以下を建造する第2次3年艦隊計画案を策定していた。
結局ワシントン海軍軍縮条約によって、サウスダコタ級戦艦、レキシントン級巡洋戦艦の全てが廃棄、または改装となり3年艦隊計画はついえた。

第2次世界大戦での復活

ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約の条約切れを見越して、1930年代後半から新たな艦隊計画を策定し始めた。1934年から3度に分けて計画が立てられたヴィンソン計画、そして1940年に立てられたスターク計画によって以下の艦艇が建造された。
戦艦15隻 ノースカロライナ級 サウスダコタ級 アイオワ級(うち2隻建造中止) モンタナ級(建造中止)
空母12隻 ワスプ エセックス級
大型巡洋艦6隻(うち4隻建造中止)アラスカ級
重巡洋艦9隻
軽巡洋艦34隻
防空巡洋艦8隻
駆逐艦166隻
これだけでも当時の日本連合艦隊と同等の戦力であり、第2次大戦開戦後に戦艦以外の艦艇をさらに増加させ、世界一の海軍を作り上げたのは言うまでもない。

別名・表記ゆれ

スターク計画

関連タグ

アメリカ海軍 八八艦隊

コメント