ピクシブ百科事典

フランク・J・フレッチャー

ふらんくじゃっくふれっちゃー

アメリカ海軍の軍人
目次[非表示]

概要

フルネームはフランク・ジャック・フレッチャー。(1885年4月29日~1973年4月25日)
アメリカ海軍軍人フランク・F・フレッチャーは伯父にあたる。

来歴

1885年4月29日、アイオワ州マーシャルタウンで誕生。
1906年、海軍兵学校を卒業。
1908年、海軍少尉に任官。2年間の海上勤務を皮切りに、海軍工廠、海軍省人事局などに勤務。

1914年4月、フランク・F・フレッチャー司令官坐乗の戦艦フロリダ」(BB-30)に乗り組んでベラクルス占領に参加し、名誉勲章を受章。
7月28日、第一次世界大戦勃発。各種艦艇の艦長としてパトロール、船団護衛に従事し、海軍殊勲章を受章。
1918年11月11日、第一次世界大戦終結。

1919年、特務部門、航海局の人事部長を務めた。
1922年、大西洋艦隊に戻り、各種艦艇の艦長を歴任。
1925年、ワシントン海軍造船所で勤務。
1930年、海軍戦争大学の上級コース修了。
1931年、大西洋艦隊総司令部の第一補佐官を務めた。
1936年、太平洋艦隊に異動。戦艦「ニューメキシコ」(BB-40)艦長となる。
1937年、海軍調査委員会のメンバーとなる。
1938年、航海局の副局長となる。
1939年、太平洋艦隊に戻り、第三巡洋艦部隊の指揮官、第六巡洋艦部隊指揮官、巡洋艦偵察部隊指揮官を歴任。

1941年12月8日、日本海軍が真珠湾を攻撃し太平洋戦争が勃発。フレッチャーは少将として重巡洋艦ミネアポリス」(CA-36)を旗艦とする第四巡洋艦部隊指揮官の職にあり、艦隊はハワイ南方で砲術訓練をしていた。
12月31日、空母ヨークタウン」を旗艦とする第17任務部隊の指揮官となった。

1942年5月8日、第17任務部隊は珊瑚海で日本海軍空母機動部隊と交戦(珊瑚海海戦)。空母「祥鳳」、駆逐艦菊月」を撃沈するが、空母「レキシントン」、駆逐艦「シムス」を失った。

6月5日、第17任務部隊はミッドウェー島北方海域で第16任務部隊レイモンド・スプルーアンス少将)と共に連合艦隊と交戦(ミッドウェー海戦)。第17任務部隊は「ヨークタウン」、駆逐艦「ハムマン」を失ったが、日本の主要4空母(「赤城」、「加賀」、「飛龍」、「蒼龍」)と重巡洋艦「三隈」が戦没し、連合艦隊は撤退。フレッチャーは中将に昇進し、第61任務部隊(旗艦「サラトガ」(CV-3))に移った。

8月8日、ガダルカナル島への上陸作戦を援護中、日本軍の空襲を受ける。フレッチャーは上陸作戦に消極的で、南太平洋海軍部隊指揮官ゴームリー中将に一時退避の旨を伝え、上空援護を独断で放棄し撤退。ゴームリー中将は4時間後にこれを追認した。

8月23日、第61任務部隊はガダルカナル島への日本の増援部隊、その支援部隊と交戦(第二次ソロモン海戦)。空母「龍驤」、駆逐艦「睦月」を撃沈した。海戦はアメリカ側の勝利に終わったが、日本軍を追撃しなかった事で、アーネスト・キング大将(合衆国艦隊司令長官海軍作戦部長)に批判された。
8月31日、「サラトガ」がエスピリトゥサント島北西沖で「伊26」の雷撃を受け、フレッチャーをはじめ、幕僚や乗組員が多数死傷した。

フレッチャーは静養も兼ねて後方の任務に回されることになった。
11月、第13海軍管区の指揮官及び北西海域の指揮官となる。
1943年、北太平洋方面の指揮官となり、終戦までその職を務めた。
1945年2月4日、第90任務部隊千島列島に侵攻し、幌筵島に砲撃を加えた。
1947年に大将に昇進、退役した。

1973年4月25日、メリーランド州のベセスダ海軍病院で死去。享年88歳。アーリントン国立墓地に埋葬された。

同じアメリカ海軍のチェスター・ニミッツウィリアム・ハルゼー・ジュニアレイモンド・スプルーアンスなどに比べると知名度で劣るが、フレッチャーが太平洋戦争序盤に果たした役割は非常に大きい。

別名・表記ゆれ

フランク・フレッチャー フランク・ジャック・フレッチャー F・J・フレッチャー

関連タグ

アメリカ海軍 軍人 フレッチャー級 フランク・F・フレッチャー

コメント